【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 4thアルバム『Atomic Heart』 シングル

【ミスチル】"普通のラブソング"になる予定だった!?「innocent world」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月23日 更新日:

ミスチル「innocent world」

出典:https://www.amazon.co.jp

1994年6月1日発売。本作でMr.Children初のオリコン週間チャート1位を獲得。売上がおよそ200万枚とついに大ブレイクをはたした。ライブでも定番になっており、ミスチルのキャリア全体を見てもおそらく一番の代表曲だ。

この記事の概要

  • 「innocent world」のみんなの評価は?
  • 「innocent world」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/5thシングル「innocent world」

そもそも「innocent world」って?

4thアルバム『Atomic Heart』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

4thアルバム『Atomic Heart』のレビュー

1.Printing*

2.Dance Dance Dance

3.ラヴ コネクション

4.innocent world(5thシングル)

5.クラスメイト

6.CROSS ROAD(4thシングル)

7.ジェラシー

8.Asia (エイジア)

9.Rain*

10.雨のち晴れ

11.Round About 〜孤独の肖像〜

12.Over

*はインストゥルメンタル

Mr.Childrenが1994年6月1日に発売した5thシングル。

本作で初のオリコン週間チャート1位を獲得し、200万枚の大ヒットを記録。

ライブでも定番になっており、ミスチルという国民的バンドの、いわば右腕のような1曲

あまりにも有名なので記す必要がないかもしれないが、やはり大名曲

どこか達観した内容と、胸に残るキャッチーなメロディーが絶妙にマッチしており、胸を揺さぶられる。

また、現状を憂いた歌詞というのは悲壮感に溢れてしまいがちだが、なぜか本作にはそんな悲壮感は微塵も感じなく、聴き終えると前向きになっている自分がいる。

これが音楽の持つ力なのだろう。

もともとはラブソングだった

手でハートマークを作っている男性のイラスト

前作「CROSS ROAD」がヒットの最中、ミスチルは次作は初期ミスチルに回帰した"ラブソング"にしようと決めていた。

>>>大ブレイクの到来を告げた名曲「CROSS ROAD」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

それゆえに仮タイトルは「innocent blue」で、さらに歌い出しは「少しだけ疲れたなぁ」だった。

しかし、プロデューサーの小林武史が「今の桜井にしか歌えないものを」という提案をだし、現在の形になっていった。

この小林武史の功績はかなり大きいと思う。

もしこの曲が保守的なラブソングになっていたら、確実に200万枚の大ヒットは記録していないだろう。

前作でヒットを記録している中でおそらく「本作で仕掛けなければミスチルの未来はない」という想いが小林武史にはあったのだと思われる。

ひとこと

さすが名プロデューサー

「innocent world」のみんなの評価は?

山田さん
問答無用。冴えに冴えまくってるよね、このポップ感
やっぱりいい曲ですよね。 爽やかで少し切ないメロディとアレンジ、そして歌詞。ヒットして当然の名曲。 聴いても歌っても良し。
佐藤さん
木村さん
シングル曲。サビのベースが印象に残った。 一見(?)爽やかな曲だが、歌詞から、この頃から既に鬱要素が入ってきたのが伺える。
このサビメロは、当時すさまじいインパクトだったよ。 「驚き」さえ覚えました。 この曲は歌詞よりも、メロディーに尽きる!! よくこんな曲作れたもんだね・・・ 恐れ入りました
鈴木さん
滝さん
邦楽最強メロディー。 前曲のクロスロードから、トゥモネバまでの 衝撃の桜井和寿弾3連発は、忘れられることのない邦楽界の奇跡。

ひとこと

当時の衝撃はすごかったらしい


スポンサーリンク

ここからは管理人の「innocent world」独自解釈!

【innocent world/歌詞解釈①】無垢な時代が今でもよみがえる・・・

「都会をつなぐ線路(フォトモンタージュ)都会をつなぐ線路(フォトモンタージュ)」のフリー写真素材を拡大

なんといってもこの曲は歌詞がすごく身に染みる。

当時の桜井の心境が描かれており、悲しくもあるがどこか前向きにもなれるような歌詞が特徴的。

1番の歌詞では恋人とゆっくりと過ごせた日々、つまり、"innocent world"(無垢な時代)だったころを思い出している。

次の引用した歌詞を見てほしい。

黄昏の街を背に抱き合えたあの頃が胸をかすめる

きれいな夕焼けの街並みが目に浮かぶ。

どこかノスタルジーを感じる歌詞で、これこそinnocent worldなのであろう。

誰もが経験する社会に出る前の、"純粋で無垢な時代"である。

しかしながら、抱き合ってた恋人はもういない。

今では生活の中心が仕事になってしまったのだ。

ひとこと

誰にも"純粋で無垢な時代"があった

【innocent world/歌詞解釈②】仕事に追われる日々・・・

忙しく仕事をしている白衣の男性のイラスト

2番の歌詞では、innocent world(純粋で無垢な時代)から社会に出てしまった主人公(桜井)の嘆きが描かれてある。

次の2つの引用した歌詞を見てほしい。

近頃じゃ夕食の話題でさえ仕事に汚染(よご)されていて

入り組んでる関係の中でいつも帳尻合わせるけど

ここの歌詞はとても共感できる。

1つ目の歌詞から、多忙な仕事のせいで夕食さえもままならない現状であることがわかる。

ここはまさに、当時人気が急上昇していたミスチルだからこそ歌えるものだ。

これを無名のバンドが歌っていたら、申し訳ないがまったく身に染みない。

2つ目の歌詞を見ると、社会人になればうわべだけの関係が多くて主人公は疲れてしまっている

innocent worldでは帳尻を合わせなくても、なんとかなっていたはずなのだ。

ひとこと

社会人は疲れる。。。

【innocent world/歌詞解釈③】もう一度君に会いたい・・・

「海辺で花束を持つ女性(フォトモンタージュ)海辺で花束を持つ女性(フォトモンタージュ)」のフリー写真素材を拡大

忙しい現状、厳しい社会。

もう、innocent worldに戻ることはできない。

だから、忙しくて厳しくても、歩いて行かないといけないのだ。

次の2つの引用した歌詞を見てほしい。

陽のあたる坂道を昇るその前にまた何処かで会えるといいな

僕は僕のままでゆずれぬ夢を抱えてどこまでも歩き続けて行くよ

ここでの"陽のあたる坂道"とは出世街道のことであろう。

出世街道を純粋な心では渡り歩くことができない。

ある程度腹黒くなければいけないのだ(笑)。

そうなる前に、主人公はinnocent worldで愛し合った恋人に会いたいのである。

なぜならば、2つ目の歌詞を見てわかるとおり、主人公は夢を叶えるために"陽のあたる坂道"を昇って行ってしまうのだから。

ひとこと

未来へとすすむしかない


スポンサーリンク

まとめ

4thアルバム『Atomic Heart』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

4thアルバム『Atomic Heart』のレビュー

1.Printing*

2.Dance Dance Dance

3.ラヴ コネクション

4.innocent world(5thシングル)

5.クラスメイト

6.CROSS ROAD(4thシングル)

7.ジェラシー

8.Asia (エイジア)

9.Rain*

10.雨のち晴れ

11.Round About 〜孤独の肖像〜

12.Over

*はインストゥルメンタル

人気急上昇中のバンドが、忙しい現状を嘆いている曲を発表するのはすごいと思う。

歌詞も切なくて良いし、メロディーも文句なし。

今でもライブでは定番なので、もはやミスチルを語る上では欠かせない1曲になっている。

特大ヒットしたのが当然と思えるほどの大名曲だ。

「innocent world」の評価

5点満点中5点

染みる1曲です



-音楽レビュー, Mr.Children, 4thアルバム『Atomic Heart』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.