【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 4thアルバム『Atomic Heart』

【ミスチル】340万枚を記録したモンスターアルバム!4thアルバム『Atomic Heart』【アルバムレビュー】

投稿日:2018年2月3日 更新日:

「Atomic Heart」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

1994年9月1日発売。大ヒット曲『CROSS ROAD』『innocent world』を収録しており、累計売上約340万枚という驚異的な売上を記録した。これは当時の邦楽アルバムでは歴代最高売上であり、今のところMr.Childrenの作品でも最高売上である。もちろん、週間オリコン最高順位1位を獲得。まさにブレイクまっただ中のアルバムである。

この記事の概要

  • 『Atomic Heart』のみんなの評価は?
  • 『Atomic Heart』とは一体どういうアルバムなのか?
  • 『Atomic Heart』の全収録曲レビュー一覧

スポンサーリンク

ミスチル/4thアルバム『Atomic Heart』

ミスチル/4thアルバム『Atomic Heart』のみんなの評価は?

田原さん
バラエティに富んだ曲たちが楽しさを与えてくれます。 デジタルっぽいロック、爽やかで超キャッチーなシングル曲、 ほのぼのポップソング、ちょっとメロウ、哀愁っぽいのとか。 ラストの「Over」は大きい余韻をもたらします。
全体的には「よくできたアルバム」という印象を受ける。「これは稀代の名盤だ!」と興奮気味に書けるほどのインパクトは無いように思う。 その代わり、各収録曲は個性派、というか曲者揃いで繰り返しのリスニングにも耐久性がありそうな内容。
木村さん
佐藤さん
出世作、大ヒット作。 大方の人がこれでミスチルを知ったという名曲が収録されている。 曲が粒ぞろいで、どの曲も相殺することなく存在している。
爽やかポップス系統の曲が聴くことの出来る最後のアルバムであり、ポップさとロックさが混在するアルバム。 そのせいか方向性がぼやけているような気もするが、各々の曲単体で見ると佳作が多い。
山田さん
北野さん
確実にミスチルの最高傑作だと思う。楽曲も何もかも。まさにこの頃が一番桜井の才能が冴えてたと思う。それと同時に全盛期!!この後の数作はイマイチ。

ひとこと

ミスチルの出世作!


スポンサーリンク

ミスチル/4thアルバム『Atomic Heart』の特色

本作から2つの新要素が加わった。

1つ目はジャケット写真である。

アルバム前3作まではジャケットにミスチルのメンバーが写っていた。

しかし、本作ではメンバーが一切写っていなく、紫色の背景に小さく"Mr.Children・Atomic Heart"と書いてあるだけである。

2つ目はインストゥルメンタル(歌詞がない音だけの曲)が初めて収録されたこと。

このように前3作にはない要素が加わっており、ミスチルにとって転換点となったアルバムだ。

また、内容もかなり深い哲学的なものになっている。

これはプロデューサーの小林武史が指摘したとおり、前作までの恋愛路線から精神論へと路線変更した結果だ。

悲観的な『Atomic Heart』というタイトル

タイトルの『Atomic Heart』は日本語で原子の心臓である。

これはつまり、私たちの心臓(命)は原子という物体でできており、それはいつかは朽ち果てる運命にあることを意味している。

朽ち果てる運命というのは、いわゆるこの世にある全てに言えること。

1曲目にインスト曲「Printing」(印刷する音)が収録されているのも、心を込めた歌であろうと、いつか朽ち果てゆく音声データファイルの一つに過ぎないということはあらわしているのだ。

ひとこと

悲観的なアルバムタイトル。。。

ミスチル/4thアルバム『Atomic Heart』の全収録曲レビュー一覧

各曲をクリックするとレビュー記事にとびます。

1.Printing(インストゥルメンタル)

2.Dance Dance Dance

3.ラヴ コネクション

4.innocent world(5thシングル)

5.クラスメイト

6.CROSS ROAD(4thシングル)

7.ジェラシー

8.Asia(エイジア)

9.Rain(インストゥルメンタル)

10.雨のち晴れ

11.Round About 〜孤独の肖像〜

12.Over

スポンサーリンク

まとめ

このアルバムは大ヒット曲の他にも、知名度の高い曲が多数収録されている。

そのため、聴いていて飽きない素晴らしいアルバムになっている。

ファンになり始めた人は1stアルバムからではなく、このアルバムから聴き始めても全然いいと思う。

現在のMr.Childrenのイメージを確立した記念すべき1枚であるので、ぜひコレクションとして持っておくべきだと思う。

ただ、このアルバムの収録曲はベストアルバムに収録されている曲が多いため、あまり貴重ではない。

ただこのアルバムの不思議な雰囲気を味わいたい人は、買って損はないだろう。

ひとこと

不思議な雰囲気のアルバム!



-音楽レビュー, Mr.Children, 4thアルバム『Atomic Heart』
-

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.