【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 4thアルバム『Atomic Heart』

【ミスチル】"あの男"が作曲すると意外に暗くなる!?「Asia (エイジア)」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年2月1日 更新日:

「Asia(エイジア)」のイメージ

ドラムの鈴木英哉(JEN)が作曲した1曲。前曲「ジェラシー」に続く暗くてマイナーな1曲なので胃もたれしてしまうかもしれない。

この記事の概要

  • 「Asia (エイジア)」のみんなの評価は?
  • 「Asia (エイジア)」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/4thアルバム『Atomic Heart』の8曲目「Asia (エイジア)」

そもそも「Asia (エイジア)」って?

4thアルバム『Atomic Heart』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

ドラムの鈴木英哉(通称JEN)が作曲した1曲。

そのため元々の仮タイトルは「アジアン・ジェン」であり、デモテープでは桜井ではなくJENの声で録音されていた。

JENといえば「思春期の夏~君との恋が今も牧場に~」や「逃亡者」といった、ほのぼの系ソングを歌ってきた。

>>>数少ない"桜井以外が歌う楽曲"の1つ!「思春期の夏〜君との恋が今も牧場に〜」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>物騒なタイトルの割には。。。!「逃亡者」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

しかし、この曲や後の「#2601」など、JENが作曲にかかわると意外に暗くて、マイナーな曲調になる。

>>>"ミュージシャンならでは"の心の叫びとは?「#2601」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ひとこと

一般受けは絶対しない

「Asia (エイジア)」のみんなの評価は?

山田さん
何ともいえない独特の雰囲気が良い。
都会的な印象を受ける、壮大な曲。但しこの曲も暗い。 どうでもいいが、わざわざエイジアと表記しているけど、曲中で使われてるのは形容詞のAsian(アジアン)だけ何だが…
佐藤さん
滝さん
冷めてないようで冷めてる曲。 鈴木の作曲が異彩を放つ。
作曲は鈴木氏(ドラム?)。スローテンポで重い曲。どうして重い曲を続けたのか?
田原さん
北野さん
前曲「ジェラシー」に引き続き、陰湿な曲調。歌詞はいらんが、色々仕掛けた細工が上手く出てると思う。

ひとこと

2曲続けて重い曲はさすがにキツい


スポンサーリンク

ここからは管理人の「Asia (エイジア)」独自解釈!

【Asia (エイジア)/歌詞解釈①】自由の国への憧れ

「風になびくアメリカの国旗風になびくアメリカの国旗」のフリー写真素材を拡大

内容は私たちアジア人が、移り行く地において変わらない感情を抱えながら生きていくというもの。

前曲「ジェラシー」と同じく難解な内容なので、私はゆっくりと歌詞を見ながらじゃないとまったく理解できなかった。

>>>エロくてダークな「ジェラシー」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

1番の歌詞では移り行く日本という地で、主人公は"愛"という変わることのない想いが根付いている様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

絡み合う街並みは自由の国に魅せられ踊る人の群れで今日も賑わう

この歌詞の"自由の国"とはアメリカのこと。

つまり、私たちはアジア人(日本人)であるにもかかわらず、アメリカに憧れを抱いてしまっているという意味である。

どこか皮肉にも聞こえる歌詞だ。

実際、アメリカの文化は最先端でオシャレだというイメージが私にもある。

さらには、"自由の国 アメリカ"という言葉があるように、アメリカの人々は自由度の高い生活を過ごしていると思うとすごくうらやましい。

ひとこと

アメリカは"自由"なイメージがある

【Asia (エイジア)/歌詞解釈②】何も染まっていない君に恋をする

女性バレエダンサー・バレリーナのイラスト

過去には戦争もしたアメリカという国を、今では憧れの対象になっている私たちアジア人。

そんなアメリカへの感情が、憎しみから憧れに移り変わっている日本の地で、変わることのない愛が主人公にはある。

次の引用した歌詞を見てほしい。

清らな花のような君への憧れが胸を駆け巡る

主人公は想いを寄せる女性を"清らな花"と例えている。

これはつまり、他国に染まっていく日本に主人公は嫌気がさしているから、何にも染まっていない清らな花に恋をしているという意味なのだ。

ひとこと

何も染まっていないものを好きになる。。。

【Asia (エイジア)/歌詞解釈③】簡単に手に入れることはできない理想

天国のイラスト(背景素材)

2番の歌詞では移り行く日本の地で生まれる悲しみや孤独が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

描いてた理想の暮らしは脆く虚しさの中ただ明日を夢見る

この歌詞での"描いてた理想の暮らし"とはどのような暮らしなのだろうか。

1番の歌詞では自由の国に憧れている様子が描かれていた。

つまり、"描いてた理想の暮らし"とは一般的なイメージであるアメリカのような自由の暮らしである。

しかし、そんな自由な暮らしは簡単に手に入ることはできない。

だからこそ、明日こそはきっと…と虚しく思うしかないのだ。

ひとこと

やっぱり自由は憧れる

【Asia (エイジア)/歌詞解釈④】守るべきものはただ1つ

「波打ち際のハート波打ち際のハート」のフリー写真素材を拡大

悲しみは生きる上で避けては通れない。

変わっていく日本に嫌気がさしてもどうにもならない。

しかし、主人公はただ1つの守るべきものに気づく。

次の引用した歌詞を見てほしい。

守るべきものは 愛という名の誇り

主人公の"君への愛"はこの日本とは違い、移り行くことはないのだ。

まさにそれは誇ることのできるものあり守らなければならないものである。

ひとこと

愛こそ全て。。。


スポンサーリンク

まとめ

4thアルバム『Atomic Heart』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

この曲は主人公の"変わらない愛"を"変わりゆく日本(アジア)"と比較しているためとてもスケールが大きい。

マイナーではあるが、収録アルバム『Atomic Heart』の雰囲気にマッチしている1曲だ。

ひとこと

というか何でタイトルに(エイジア)って付いてるんだろう



-音楽レビュー, Mr.Children, 4thアルバム『Atomic Heart』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.