【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 4thアルバム『Atomic Heart』

【ミスチル】エロくてダークな1曲「ジェラシー」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月31日 更新日:

「ジェラシー」のイメージ

不思議な電子音(?)から始まる1曲。ダークでエロティックな雰囲気を終始かもちだしている。また、収録アルバム『Atomic Heart』の中では最長の曲でもある。

この記事の概要

  • 「ジェラシー」のみんなの評価は?
  • 「ジェラシー」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/4thアルバム『Atomic Heart』の7曲目「ジェラシー」

そもそも「ジェラシー」って?

4thアルバム『Atomic Heart』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが1994年9月1日に発売した4thアルバム『Atomic Heart』に収録されている。

演奏時間が6分41秒とかなり長く、さらにマイナーな曲調と難解な歌詞で、完全に一般受けしない1曲だ。

内容は同じ収録アルバムの2曲目「Dance Dance Dance」をさらに難しくしたようなもの。

>>>自虐的なオープニング!?「Dance Dance Dance」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

この世にある全ては有機物体であり、いつかは朽ち果てるという悲しい運命。

にもかかわらず、なぜ人類は「愛」という感情が芽生えてしまうのかという哲学的というか、人類学にも似た難解な内容である。

ひとこと

ドマイナーソング。。。

「ジェラシー」のみんなの評価は?

山田さん
ヘヴィなメロディが印象的。かつ神秘的で宇宙空間を漂っているような感覚になる曲。
いつ聴いてもこれほど色褪せないものには、他にまだ出会っていない
田原さん
阿部さん
まさに、宇宙っぽさ・偉大さ・壮大感を音楽の力で表現した曲。作曲のすごさが伺える。 歌詞は桜井自身も深海への前兆が出ていたのか、鬱っぽい内容。
スペーシーなサウンドが印象的。ミスチルにもこんな曲あったんだぁってのが正直な感想。
鈴木さん
佐藤さん
エフェクト多用で、かなり壮大な印象を受ける鬱曲。この曲も、イントロのリフが印象的。 テンポはややゆっくりだが、細かい打ち込み音などが曲に動きを持たせている。

ひとこと

たしかに"宇宙っぽさ"がある


スポンサーリンク

ここからは管理人の「ジェラシー」独自解釈!

【ジェラシー/歌詞解釈①】魂によって、求めてしまう愛

人魂のイラスト(妖怪)

1番のAメロでは人類の愛欲におぼれる様子が描かれている。

まずは次の引用した歌詞を見てほしい。

地上へと舞い下りた僕らの魂は愛を求め彷徨いだす

この歌詞でわかることは、肉体と魂は別物であるということ。

私たち人類が生きている理由は、魂という形のないものによって肉体を動かされているという理論に基づいているのだ。

つまり、私たちが大人になるにつれて愛を求めだすのは、自身の肉体に宿った魂によるものなのである。

このようにあまりにもスケールが大きくて難解な内容だというのが序盤でわかるはず。

ひとこと

難解だなぁ。。。

【ジェラシー/歌詞解釈②】情けない人類の姿

踊る棒人間のイラスト

1番のBメロではそんな魂に翻弄される人類の情けない様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

果てるまでwe make love 今日もこぼれ落ちる汗

"make love"とは日本語で性交するという意味。

愛を求める魂によって、自身の肉体は性交せざるを得ないような肉体になってしまうのである。

"今日も"という歌詞から、日常においても性交を繰り返していることがわかる。

つまり、魂によって猿のように腰を振る人類の情けない様子が表現されているのだ。

ひとこと

すごい内容だ。。。

【ジェラシー/歌詞解釈③】なくしたくはない存在をいつか知る

「ハートにキスする女の子ハートにキスする女の子」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞では、魂によって愛を求めるような肉体となっている主人公の様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

形あるもの皆終りが来るというのに不思議な程美しき君の肉体

肉体というのはいつかは朽ち果てる有機物体である。

だから、人を愛するということは非合理的。

なぜならば、永遠ではないものを愛するが故に生まれる、あまりにも辛すぎる悲しみがあるからだ。

つまり、いずれ朽ち果てる運命の人類がなくしたくはない存在を知ってしまうと、いつかは亡くなるときが必然的に訪れるので悲しみが生まれてしまう。

それにもかかわらず、主人公は"君"を愛してしまった。

1番の歌詞にある"魂は愛を求め彷徨いだす"という現象がまさに主人公の肉体に影響を及ぼしているのだ。

ひとこと

愛には逆らえない

【ジェラシー/歌詞解釈④】魂に抵抗した、嫉妬心という危険な感情

嫉妬のイラスト(男性)

人が人を愛するということが、魂によって操られて行われることだと考える主人公。

しかし、愛することによって生まれる危険な感情があることを知る。

それがタイトルにもなっている「ジェラシー」、つまり、嫉妬心なのである。

次の引用した歌詞を見てほしい。

裏腹のmy sweet heart いっそ傷つけたい程に押し寄せる 乱暴な衝動 もう 止まらない

愛とは裏腹の乱暴な衝動:嫉妬。

なぜそのような嫉妬心が生まれてしまうのか。

はたして魂は何を目的で愛を求めるのだろうか。

子孫繁栄のためだろうか。

あまりにも大きすぎるテーマなので私には理解できない・・・。

ただ、"愛を求めるため自身の肉体を操る魂"に抵抗するよう、人類がつくりだした感情が嫉妬心ということがこの曲で最も伝えたいことなのだと思う。

ひとこと

嫉妬はこわい


スポンサーリンク

まとめ

4thアルバム『Atomic Heart』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

難解な内容なので好んで聴く人は少ないだろう。

というか、なんでこんな難解な曲を作ったのだろう。

当時の桜井は人類について深く研究していたのだろうか。。。

ひとこと

難しい曲だけれど『Atomic Heart』の雰囲気には合ってる



-音楽レビュー, Mr.Children, 4thアルバム『Atomic Heart』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.