【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 6thアルバム『BOLERO』

【ミスチル】あまりにも攻撃的すぎる過激ナンバー「Brandnew my lover」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年3月2日 更新日:

「Brandnew my lover」のイメージ

超攻撃的なロックナンバー。歌詞があまりにも過激なので、家族がいるところで聴かない方がいい。おそらく、過激さでいえばMr.Childrenの作品の中では5本の指に入る。

この記事の概要

  • 「Brandnew my lover」のみんなの評価は?
  • 「Brandnew my lover」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/6thアルバム『BOLERO』の4曲目「Brandnew my lover」

そもそも「Brandnew my lover」って?

Mr.Childrenが1997年3月5日に発売した6thアルバム『BOLERO』に収録されている。

超攻撃的なロックナンバーで、これでもかと言うほど歌詞が過激。

こんな曲、一般受けするわけがない(笑)

収録アルバム『BOLERO』において、この曲の後にシングル曲「【es】〜Theme of es〜」「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」が続く。

>>>1995年という"激動の年"に発売された「【es】 〜Theme of es〜」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>シングルとしては久々だったポップソング「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

そのためマイナーで過激なこの曲は正直スキップしがち。

ただ、この曲を聴くと「ミスチルってこんな過激な歌もうたうのか!」とファンになりたての人は驚くはず。

そういった意味では貴重な1曲。

ひとこと

過激すぎる

「Brandnew my lover」のみんなの評価は?

山田さん
前曲以上に攻撃的なロック。 Bメロではラップを取り入れたり、実験的な楽曲となっているけど、イマイチ空回り感が拭えない。 歌詞がかなり攻めていて過激、「ファックする豚だ」なんて今のミスチルじゃ考えれない
古さと新しさが同居したようなアレンジでかなりカッコいい。 気だるげな歌い方もダークさを醸し出していていい。
滝さん
木村さん
すごい歌詞。ミスチルが「ファックする豚」なんて歌ってる。
カッコいいですね~。 ミスチルの楽曲の中でも"ロック"な曲。しかも、歌詞もなかなか過激だ。
佐藤さん
田原さん
「FUCKする豚だ」って、すんげー歌詞だと思う(笑)

ひとこと

"FUCKする豚だ"の印象が強い笑


スポンサーリンク

ここからは管理人の「Brandnew my lover」独自解釈!

【Brandnew my lover/歌詞解釈①】サディスティックな主人公

攻撃する牛のイラスト

タイトルの「Brandnew my lover」とは日本語で"私の新しい愛人(不倫相手)"という意味。

歌詞(特に1番の歌詞)を見ると、主人公はBrandnew my loverをむげに扱っていることがわかる。

つまり、この曲は主人公のイライラを愛人にぶつけた、(その愛人にとってみれば)理不尽な内容なのである。

1番の歌詞では主人公と愛人の濃密な夜を描いている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

奇妙な夢見るような気分で胸に抱かれて

恋人でもなく女房でもない、愛人というある意味倫理に反した存在。

そんな人との夜に対して、どこか不思議な気持ちを主人公は抱いているのだ。

主人公にはその愛人以上に愛さなければならない存在がいるからこそ、"奇妙な夢"を見るような不思議で新体験な夜なのである。

ただ、主人公の愛人に対する評価はかなりひどい(笑)。

次の引用した歌詞を見てほしい。

無礼な口の聞き方も知らない小娘 孤独な夜の為の生け贄がこの俺

この歌詞で愛人の様相がある程度わかる。

若くて礼儀の知らない女性。

愛人にもかかわらず"小娘"と表現してるあたり、主人公の傲慢さを垣間見ることができる(笑)。

さらには、主人公自身の欲望を満たすためにもかかわらず、愛人との夜を"生け贄"、つまり、「愛人のためにやってあげてるんだ」という考えを主人公は持っているのだ。

最低な主人公である(笑)。

ひとこと

攻撃的だなぁ。。。笑

【Brandnew my lover/歌詞解釈②】愛人という、奇妙な存在

「「例の口座に振り込んでおいたわ・・・」「例の口座に振り込んでおいたわ・・・」」[モデル:ゆうせい]のフリー写真素材を拡大

1番、および2番のBメロでは主人公の本心を小声で、なおかつ無感情に歌う。

1番のBメロでは"Kiss me"を連呼。

その裏で歌われる一部の歌詞を引用したので見てほしい。

ナルシズムと自虐の狭間で彷徨う

愛人をむげに扱う最低な主人公ではあったが、ナルシズムと自虐性が共存しているからこそ主人公が最低に見えてしまうのだ。

つまり、愛人は自分にとってプラス(ナルシズム)でもありマイナス(自虐)でもある存在であるため、関係を絶ちたいような・・・保ちたいような・・・混沌とした思いがある。

そういう混沌とした思いが、"むげに扱う"という行為によってあらわされている。

また、サビでは愛人を"モザイクの身体"表現する。

これは愛人という混沌として不思議な関係を、モザイクのようにその本質を見透かすことができないものとあらわしてるのだ。

ひとこと

愛人、不思議な存在だ。。。

【Brandnew my lover/歌詞解釈③】M気質も持ってる(笑)

「球場のフェンスとコートを着た美女球場のフェンスとコートを着た美女」[モデル:茜さや]のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞では裏表のある世の中において、裏を知ることへの主人公の快楽を描いている。

つまり、1番の歌詞は愛人をむげに扱う、いわばS気質のある主人公を描いていたが、2番の歌詞ではM気質もあることがわかるのだ(笑)。

次の引用した歌詞を見てほしい。

淀んだゲスの世間の裏側を旅して 華麗なその秘密の手解きでやられたい

この歌詞では、主人公の愛人は表の顔はとても清楚でかわいらしい女の子を演じていることがわかる。

そんな表裏のある人物に"秘密の手解き"(裏)をしてもらいたいという願望を主人公は持っているのだ。

淀んだゲスの部分にどっぷり浸りたいというM気質が主人公にある(笑)。

さらに2番のBメロでは"Kill me"を連呼する。

とことんMっ気全開の主人公なのだ(^_^;)。

ひとこと

SMの世界を連想させる

【Brandnew my lover/歌詞解釈④】なんだかんだで、愛人のことが好き(笑)

「「LOVE」の文字「LOVE」の文字」のフリー写真素材を拡大

最後の歌詞では、なんだかんだ主人公は愛人のことが好きでたまらないことが明かされる。

次の引用した歌詞を見てほしい。

愛欲のA.B.C そしてX.Y.Z All I want is you

"愛欲のA.B.C"をも越えて2人だけしか知らない"X.Y.Z"まで。

愛人と未知なる体験をこれからもしていきたいという願望が主人公にはある。

そして"All I want is you"(私が欲しいのはあなただけ)という考えが芽生えている。

1番の歌詞では愛人をむげに扱っていたけど、なんだかんだで愛人のことが好きな主人公なのであった

ひとこと

結局好きなのかい笑

スポンサーリンク

まとめ

あまりにも攻撃的で過激。

こういう曲はもう二度とつくらないだろう。

当時の桜井の精神状態の悪さがこのような攻撃的なロックナンバーに昇華したのだろ思う。

ひとこと

これは家族と一緒に聴かないほうが良い


「Brandnew my lover」の評価

5点満点中2点

過激ロック




-音楽レビュー, Mr.Children, 6thアルバム『BOLERO』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.