【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

B'z 音楽レビュー 7thアルバム『The 7th Blues』

【B'z】"暗黒時代"を象徴する重要作品!7thアルバム『The 7th Blues』【アルバムレビュー】

投稿日:

B'z『The 7th Blues』

出典:https://www.amazon.co.jp

1994年3月2日発売。B'zオリジナルアルバムとしては初めての、そして唯一の2枚組アルバム。発売年である1994年は、B'zにとって"暗黒時代"と呼ばれている。その"暗黒時代"を象徴するのがこの『The 7th Blues』。大ヒットした「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」「裸足の女神」は未収録。重たくブルージーな作風で、前作までの"J-POPの聴きやすさ"か消えた。そのため、本作はある程度B'zの楽曲に慣れ親しんでいないと、置いてけぼりをくらってしまう。本作以降、B'zの目立った音楽性の変化はなくなるので、B'z史において一番と言っていいほど重要なアルバムである。

この記事の概要

  • 『The 7th Blues』のみんなの評価は?
  • 『The 7th Blues』とは一体どういうアルバムなのか?
  • 『The 7th Blues』の全収録曲レビュー一覧

スポンサーリンク

B'z/7thアルバム『The 7th Blues』

B'z/7thアルバム『The 7th Blues』のみんなの評価は?

木村さん
はじめて聴いたときは、「暗い曲ばっかだな~。」って思ってたけど、歳を重ねるごとに良く感じてきた。酒で例えると、普段のB'zがカクテル系だとすると、これはじっくり味わうウイスキー系。聴けば聴くほど好きになっていく。
ハードロックな曲とブルージーな曲が半々くらいのアルバム。 このアルバムは聴き込むとなかなかハマります。
鈴木さん
山田さん
かなり洋楽の雰囲気が漂うアルバム。B'zの2人が海外のアーティストから受けた影響をうまく昇華していると思う。 しかしやはり他のアルバムとは明らかに一線を画しているためファンでもかなり好き嫌いが分かれるはず。 私はこの全体的にノスタルジックな雰囲気が好きで今でもよく聴いている。嫌いな曲は1つも無い。
B'zの2人の趣味色が強くて恐らく1番濃いアルバムだと思う。たしかに"暗黒時代"と言われてもおかしくない(笑)。アクの強い曲ばかりだけれど、どの曲にも凄いエネルギーを感じる。
佐藤さん
阿部さん
とっつきにくいアルバムである事は確か。一定量の聞き込みが必要です。 しかし90年代のB'zが好きなら絶対好きになれるはず。 全曲が70点前後の「合格点に届くか届かないか」程度の魅力は持っています。 自分のB'zで聞き込んだアルバムの1・2フィニッシュをこの7thで占めています。 とにかくバラエティに富んでいます。アルバム全体の雰囲気も良いですし、好きな曲がどんどん増えていきますよ。

ひとこと

私も最初はとっつきにくかったけど、何回か聴いて好きになっていった。ただ、DISC 2に関しては今でもとっつきにくにい笑


スポンサーリンク

B'z/7thアルバム『The 7th Blues』の特色

前作『RUN』で初めてハードロックに徹したB'z。

>>>初めてハードロックに挑んだ名盤!6thアルバム『RUN』【アルバムレビュー】

まだ『RUN』にはハードロックに徹したとは言え、"J-POPの聴きやすさ"は残っていた。

 

 

しかし!

 

 

本作は"J-POPの聴きやすさ"は消え失せ、ハードロック&ブルージーな一般ウケしない作品となった。

シングルは「Don't Leave Me」のみを収録。

>>>"暗黒時代"の幕開けを告げたシングル「Don't Leave Me」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

この「Don't Leave Me」もそうだが、全体的に暗い曲が多く収録されている。

まさに"暗黒時代"を象徴する作品だ。

1994年は暗黒時代

自分の殻に閉じこもる人のイラスト

B'zにとって、1994年はメンバー自身もファンも"暗黒時代"と呼んでいる。これは長期ライブによるテレビ出演の減少と、1994年に発売されたシングル2作とアルバム1作が、過去作品とは大きく異なる重たくてブルージーな作風になっていることに起因する。そのため、これまで基本右肩上がりで上昇していた売上げ(人気)が1994年で、一時的ではあるが、減少することになる。

当時はB'zをアイドルとして見ていた人が多かったらしい。

しかし、本作で完全にアイドルとして見る人は消えただろう。

ただ、ファン離れがあったことも事実。

売上が減少してしまった!

ビジネスのイラスト「業績ダウン・右肩下がりのグラフ」

『The 7th Blues』の累計売上は160万枚。前作『RUN』から約50万枚の減少となってしまった。次作『LOOSE』では300万枚を記録する。つまり、前後作と比べると本作の売上げはかなり低い。主な理由は二つ。

  1. 作風が重たくブルージーな、一般ウケしないものだったから
  2. 2枚組アルバムということで、価格が5000円以上だったから(アルバム2枚分の価格)

1に関しては、作風が作風なので、アイドルとしてB'zのことが好きだった人が離れていったに違いない(^_^;)。ただ、本作は2枚組オリジナル・アルバムとしては邦楽史上初の100万枚を越えた記念すべき作品。いまだに2枚組オリジナル・アルバムでは歴代最高売上を誇っている。

実際、前作『RUN』までのオリジナルアルバムはジャケットに必ず稲葉松本が写っていた。

しかし、本作のジャケットには二人は写っていない。

これはルックスではなく「完全に音楽性だけで見てほしい」という意図があるのだと思う。

初めて製作だけに集中できた作品

ギターで作曲する人のイラスト(男性)

DISC 1に10曲、DISC 2に10曲の全20曲が収録されている本作。

ただ、元々は2枚組になることは想定していなかったらしい。

今までのツアー合間にアルバムを製作する体制とは異なり、本作はアルバム製作だけに時間を割くことが出来たので多くの曲が作られ、結局2枚組になった。

アルバム製作だけに集中していただけあって、1994年はメディアへの露出が減少している。

特にテーマを考えることもなく、どんどん曲を作っていったらしいので、タイトルの『The 7th Blues』には"7枚目のアルバム"という意味で、特に意味は無い。

ブルースでよく使われる「7thコード」をもじったもの。松本曰く「酔った時の思いつき」らしい笑。

 

本作を聴いた人なら分かると思うけれど、本当に"やりたいことをやっている"

DISC 1はまだキャッチーな曲が多少あるけれど、DISC 2に関しては置いてけぼりをくらってしまう笑。

でも、今までのアルバム以上にB'zの二人及びサポメンが「音楽を楽しんでいる」のがビンビン伝わるので、ファンとしては何か嬉しい。

B'zにとって大きなターニングポイントとなった重要作品

重要な書類のイラスト

松本は本作に関して以下のコメントを残している。

大きなターニングポイントとなった

また、稲葉は以下のコメントを残している。

これからの基本姿勢ができた

これら二人のコメントで分かるように、本作はB'zにとってかなり重要な作品だった。

今になってその後のディスコグラフィーを見ると、やはり本作の前と後では全然作風が違う。

というか、本作以降はもう目立った音楽性の変化はない。

4th『RISKY』で初期のデジタルビートを脱却。

>>>ブレイク期の幕開けを告げた名盤!4thアルバム『RISKY』【アルバムレビュー】

5th『IN THE LIFE』で"B'zらしさ"を確立。

>>>B'zとしては初の200万枚を越えたポップアルバム!5thアルバム『IN THE LIFE』【アルバムレビュー】

6th『RUN』でハードロックを取り入れ、『The 7th Blues』への布石を作る。

>>>初めてハードロックに挑んだ名盤!6thアルバム『RUN』【アルバムレビュー】

そして、本作『The 7th Blues』で完全にB'zの音楽性が決まったのだ

ひとこと

B'zを語る上では絶対に欠かせないアルバム

B'z/7thアルバム『The 7th Blues』の全収録曲レビュー一覧

クリックすると各曲のレビュー記事へととびます。

DISC 1

1.LOVE IS DEAD

2.おでかけしましょ

3.未成年

4.闇の雨

5.MY SAD LOVE

6.Queen of Madrid

7.ヒミツなふたり

8.Strings of My Soul(インストゥルメンタル)

9.赤い河

10.WILD ROAD

DISC 2

1.Don't Leave Me(14thシングル)

2.Sweet Lil' Devil

3.THE BORDER

4.JAP THE RIPPER

5.SLAVE TO THE NIGHT

「ハートも濡れるナンバー 〜stay tonight〜」の全英詞リメイク。

6.

7.破れぬ夢をひきずって

8.LADY NAVIGATION

8thシングル「LADY NAVIGATION」の全英詞リメイク。

9.もうかりまっか

10.farewell song

スポンサーリンク

まとめ

2枚組全20曲ということで、かなり濃いアルバムになっている。

重たくてブルージーな作風なので、B'zを聴き始めた人にはあまりオススメできない(^_^;)。

ある程度B'zの音楽に慣れ親しんだ後に、本作を聴くことをすすめる。

そして、本作が"B'z史における重要作品"であることを頭に入れると、より本作を楽しめると思う。

ひとこと

DISC 2のハードさについていける人はどのくらいいるのだろう・・・。正直、私はあまりついていけない笑。




-B'z, 音楽レビュー, 7thアルバム『The 7th Blues』
-

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.