【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

B'z 音楽レビュー 7thアルバム『The 7th Blues』

【B'z】"クセの強い曲"に囲まれた優等生ソング「THE BORDER」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年12月16日 更新日:

B'z「THE BORDER」

ストリングスが効いたミディアムバラード。『The 7th Blues』のDISC 2には癖の強い曲が多いので、ある意味この曲は浮いている。耳に馴染みやすい、優しい良曲だ。

この記事の概要

  • 「THE BORDER」のみんなの評価は?
  • 「THE BORDER」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

B'z/7thアルバム(DISC 2)収録曲「THE BORDER」

そもそも「THE BORDER」って?

B'zが1994年3月2日に発売した7thアルバム『The 7th Blues』の収録曲。

前2曲「Don't Leave Me」「Sweet Lil' Devil」のハードさから一転、非常に優しいメロディーのミディアムバラード

>>>"暗黒時代"の幕開けを告げたシングル「Don't Leave Me」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>女の魅力に負けそう!?「Sweet Lil' Devil」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

『The 7th Blues』のDISC 2では、これほど優しい曲は他にない。

全然癖がないので、一般ウケしやすいと思う。

名曲!とまではいかないけれど、平均点を軽く超える良曲。

「Sweet Lil' Devil」からの流れは、まるで地獄から天国に行くかのよう笑。

ひとこと

ストリングスが幻想的な雰囲気をだしてて良い

「THE BORDER」のみんなの評価は?

山田さん
爽やかな曲。
7thアルバム(DISC 2)のダークな雰囲気の中に一筋の光が…!耳なじみの良いミディアムバラード。
佐藤さん
阿部さん
癖の強い曲が多いDISC 2なので、この曲は相対的に影が薄くなっている気がする。
B'zらしい展開でありながら、7thアルバムでしか聴けないと思わせる独特の雰囲気を持った曲。
北野さん
木村さん
歌詞がとても良い。DISC 2で最もポップで聴きやすい曲だと思う。

ひとこと

地味なのは否めない(^_^;)


スポンサーリンク

ここからは管理人の「THE BORDER」独自解釈!

【THE BORDER/歌詞解釈①】"今夜"が境を越える最後の時間

「ビルの外壁に反射するドバイの夜景(超高層階から)ビルの外壁に反射するドバイの夜景(超高層階から)」のフリー写真素材を拡大

タイトルの「THE BORDER」とは日本語で"境"。

喧嘩をして別れてしまいそうなカップルを描いた1曲。

そのため、「THE BORDER」は"男と女を分かつ境"ということだろうか。

次の引用した2つの歌詞を見てほしい。

わかってるよね 今夜が峠になることぐらい

おいでよ 一緒にいよう もうひとつ 夜を越えれば強くなれるから

2人にとって、"今夜"が境を越える最後の時間。

つまり、今夜で2人が仲良くなることができなければ、別れてしまうということ。

主人公は"おいでよ"と、恋人に境を越えるよう促している。

"境を越える"というのは、肉体的に一緒になるというだけでなく、精神的にも相思相愛な関係性になることを意味しているのだと思う。

ひとこと

境を越えて欲しいね

【THE BORDER/歌詞解釈②】国境ほど難しくない"境"

亡命のイラスト(大陸)

別れてしまいそうな2人。

しかし、主人公はそんなに危機感を持っていない。

だめにはならない そう簡単に どうしてなんだろう そんな気がするよ

なぜ危機感がないのか、主人公自身も分かっていない笑。

まあ根拠のない自信というのはよくある(^_^;)

 

 

Cメロでは"国境"を引き合いに出して、「別れるべきではない」と恋人に諭す。

国境の向こうに世界は広がり 耳慣れない言葉があふれる やっとここまで来たんだから ついでに騙されたと思って

国と国の間にも"境"は存在する。

"国境"というのは、そう簡単に越えることはできない。

言葉の違い、人種の違い、様々な壁が立ちはだかる。

それに対して、主人公たちならどうだろうか。

主人公たちはもう恋人同士。

つまり、主人公と恋人は、一回は"境"を越えている。

"国境"とは違い、2人の"境"は越えることは簡単なのだ。

ひとこと

せっかく"境"を越えたことのある2人なんだから、別れることはもったいない


スポンサーリンク

まとめ

地味だけれど、良い曲。

ストリングスが効いていて、幻想的な雰囲気が漂っている。

この曲を一言で表すと、ハードで一般ウケしない曲の中に放り込まれた"優等生ソング"だ笑。

ひとこと

「Sweet Lil' Devil」「JAP THE RIPPER」というバリバリハードな曲に挟まれているので、この曲はオアシスのような存在




-B'z, 音楽レビュー, 7thアルバム『The 7th Blues』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.