【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

B'z 音楽レビュー 5thアルバム『IN THE LIFE』

【B'z】B'zとしては初の200万枚を越えたポップアルバム!5thアルバム『IN THE LIFE』【アルバムレビュー】

投稿日:2018年11月13日 更新日:

B'z『IN THE LIFE』

出典:https://www.amazon.co.jp

1991年11月27日発売。同年に発売された8thシングル「LADY NAVIGATION」は未収録となり、先行シングルだった「ALONE」を含む全10曲である。オリコンチャート1位を記録し、B'z作品としては初めてダブルミリオンを記録した(累計売上240万枚)。

この記事の概要

  • 『IN THE LIFE』のみんなの評価は?
  • 『IN THE LIFE』とは一体どういうアルバムなのか?
  • 『IN THE LIFE』の全収録曲レビュー一覧

スポンサーリンク

B'z/5thアルバム『IN THE LIFE』

B'z/5thアルバム『IN THE LIFE』のみんなの評価は?

佐藤さん
唯一のシングルが「ALONE」だけって所にB'zのアルバム曲がどれだけいいかって事がわかりますよね。 デジロック時代では最高傑作でしょう。
間違いなく傑作! これだけポップでバランスの取れたアルバムはそうそうはないです! 今も語り継がれる名曲もたくさん入ってます!
滝さん
山田さん
B'zの一つの到達点でもあるかもしれない5thアルバム。とりあえず初期のPOP路線のB'zのアルバムの中では最高の出来じゃないだろうか。 とりあえず捨て曲一切なし(まぁ人によると思うけど)メロディも日本人になじみやすいJ-POP。 稲葉の歌詞センスも頂点に近い。B'zのオリジナルアルバムで売り上げが歴代2位というのもうなずける。
このアルバムくらいの完成度とオリジナリティーがあれば もう最強。 言うことないね。 稲葉さんの歌詞も炸裂だし。 とにかく、OK!GOO!!な一枚。
田原さん
北野さん
5作目にして「B'zワールド」が完成したと周知徹底してしまった驚異的な完成度の作品です。ヘビメタ・ハードロックにならず、さりとて大衆迎合的ポップスにもならず、かといって孤高の世界に浸るわけでもなく「程度のバランスの良さを保ちながら」自分達の世界を作り上げております。

ひとこと

現在に至るスタイルが本作で完全に確立したと思う


スポンサーリンク

B'z/5thアルバム『IN THE LIFE』の特色

4thアルバム『RISKY』が"初期を脱却した作品"だとしたら、本作は"現在に至るスタイルが完全に確立した作品"だと思う。

>>>ブレイク期の幕開けを告げた名盤!4thアルバム『RISKY』【アルバムレビュー】

『RISKY』も現在にB'zに至るスタイルがある程度確立した作品だとは思うが、多少"初期の残り香"を感じさせた。

それに対して本作にはもう"初期の残り香"を感じさせない。

適度にロックでポップ、それでいてキャッチー。

そんな"B'zらしさ"が存分に発揮されており、とても聴きやすいアルバムになっている。

松本は以下のコメントを残している。

『MARS』でハードなものが堪能できたので、その反動で日本で言うところのJ-POPみたいなものがやりたかった

『MARS』とは1991年5月29日に発売した3rdミニアルバムである。

>>>ミニアルバム史上最大の売上を記録した3rdミニアルバム『MARS』【アルバムレビュー】

『MARS』のテーマは「踊れるハードロック」であり、ダンスミュージックを体現したミニアルバムだった。

つまり『MARS』を制作したことで、『IN THE LIFE』はJ-POPらしさを取り入れた聴きやすい作風になったのだ。

裏を返せば『MARS』は聴きづらいアルバムだということだ笑。たしかに『IN THE LIFE』と比べてしまうとかなりハードなアルバム。でもそんなハードアルバムでも170万枚も売れたのだからすごい。

まさにタイトルのように、生活の中(IN THE LIFE)で自然に馴染んでくれるようなアルバムなのである。

B'zとしては初のダブルミリオンを記録した作品

お金の入った袋のイラスト「円マーク」

本作は初動売上だけでミリオンを突破し、累計売上は240万枚である。

B'zの作品で200万枚を越えた初めてのアルバムだったのだ。

メモ

ちなみにベストアルバムを除くと、B'zのアルバムで200万枚を越えたのは3つ。本作と6thアルバム『RUN』、そして8thアルバム『LOOSE』である。

これほどまでに本作が売れたのは、当時の飛ぶ鳥を落とす勢いだったB'z人気のすさまじさと、J-POPを取り入れた聴きやすい作風だったからに違いない。

ひとこと

4thアルバム『RISKY』ほどの若々しい勢いは本作にはないけれど、やはり"聴きやすさ"が魅力的

B'z/5thアルバム『IN THE LIFE』の全収録曲レビュー一覧

クリックすると各曲のレビュー記事へととびます。

1.Wonderful Opportunity

2.TONIGHT (Is The Night)

3.『快楽の部屋』

4.憂いのGYPSY

5.Crazy Rendezvous

6.もう一度キスしたかった

7.WILD LIFE

8.それでも君には戻れない

9.あいかわらずなボクら

10.ALONE(9thシングル)

スポンサーリンク

まとめ

B'z初のダブルミリオンアルバム。

本作で"B'z"らしさが確立していったと思う。

耳に馴染みやすい曲が多く、バラエティ豊かなので聴いてて飽きないと思う。

ひとこと

個人的には本作はかなりリピート率が高い




-B'z, 音楽レビュー, 5thアルバム『IN THE LIFE』
-

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.