【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

B'z 音楽レビュー 7thアルバム『The 7th Blues』

【B'z】"茨の道"を爆走するゼ!「WILD ROAD」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年12月15日 更新日:

B'z「WILD ROAD」

7thアルバムにおける、DISC 1のエンディングナンバー。歌詞もメロディーもかなりアメリカンチック。ただ、印象は薄い。前曲「赤い河」が大作でいかにもエンディングらしい名曲だったので、どうしてもこの曲の好感度が下がってしまう(^_^;)。

この記事の概要

  • 「WILD ROAD」のみんなの評価は?
  • 「WILD ROAD」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

B'z/7thアルバム(DISC 1)収録曲「WILD ROAD」

そもそも「WILD ROAD」って?

B'zが1994年3月2日に発売した7thアルバム『The 7th Blues』の収録曲。

DISC 1におけるエンディングナンバーである。

『The 7th Blues』はDISC 2もあるので、この曲は全然エンディング感がない。

正直、前曲「赤い河」でDISC 1は終わらせて欲しかった。

>>>自殺したいほど苦しんでる人に聴いてほしい名曲「赤い河」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

「赤い河」があまりにも大作過ぎて、この曲はなんか"おまけ感"が出てしまっている(^_^;)。

また、"WILD"とつくためか、5thアルバム収録曲「WILD LIFE」とどうしても被ってしまう。

>>>稲葉が苦労して制作したラブソング!?「WILD LIFE」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

歌詞もメロディーも『The 7th Blues』らしいアメリカンチックだけれど、印象は薄い。

申し訳ないけれど、個人的には捨て曲・・・。

ひとこと

途中で入る女性の語りもなんかダサい・・・

「WILD ROAD」のみんなの評価は?

山田さん
哀愁漂っててかっこいいアメリカンな曲。
アメリカの草原を車で疾走している感じでかっこいい。
佐藤さん
北野さん
アメリカンチックな1曲。DISC 1のラストを飾る曲だけれど、あまりエンディング感はない。
まあワイルドな曲。それだけ。
田原さん
木村さん
7thアルバム自体「男の哀愁」が漂ってますが、その中でももっともそれを感じるのがこの曲。 ハモンドオルガンの男くさい音色と、ワイルドなメロディを歌う稲葉の倍音混じりのボーカルが凄くかっこいい。

ひとこと

とてつもなくアメリカンな雰囲気が漂っている


スポンサーリンク

ここからは管理人の「WILD ROAD」独自解釈!

【WILD ROAD/歌詞解釈①】茨の道でもひたすら突き進む!

「与那国島の自然(曇り空)与那国島の自然(曇り空)」のフリー写真素材を拡大

 

ひたすら進んで進んで進みまくる。

 

そんな内容の1曲。

タイトルの「WILD ROAD」とは日本語では"野生の道"という意味。

ただ、それだとよくわからないので、意訳だけれど"茨(いばら)の道"という訳が合っていると思う。

冒頭の歌詞を引用したので見てほしい。

ハンドルをとられるよ 気を抜いたら かなり荒れてるこの道 あと数十キロ 次の宿まで 走ればしこたま飲める

冒頭の歌詞だけでも、この曲のアメリカンな感じが伝わると思う。

ひたすら茨の道を突き進む主人公。

こういう道をテーマにした歌というのは、基本的に"人生"の例えになってることが多い。

というか、道=人生とした方が解釈するのが楽しい(^_^;)。

この曲も例に漏れず、"人生"の例えになっているはず。

引用した歌詞の"荒れてる道"というのは、主人公の現状を意味している。

つまり、精神的に危うい状況にいる主人公なのだ。

それでも、ひたすら人生をまっとうする。

その理由がサビの歌詞で明かされている。

I'm on the WILD ROAD ぎりぎりまで行こう 終りはいつでも側にある 待っていらんないよ根を張って ひたすら進むだけ

"終り"とは"死"と解釈していいだろう。

いつ死ぬかわからないから、今を精一杯生きるしかない。

ひとこと

かっこいい内容

【WILD ROAD/歌詞解釈②】目的もなく、ただただ必死で今を生きる。

「夕暮れの美瑛の丘夕暮れの美瑛の丘」のフリー写真素材を拡大

 

主人公に、生きる意味はない。

 

これは最後の歌詞で明かされる。

永遠のONE THING 自由に追われ のがれのがれ距離稼ぐ 何も手に入れないままで 大地に溶けてゆこう

2番のサビで"I want the one thing"という歌詞が登場する。

つまり、引用した歌詞の"永遠のONE THING"もそうだが、主人公は"永遠の何か"を欲しがっているのだ。

"永遠に消えない何か"とは一体なんなのか。

友情?愛?金?・・・。

結局、主人公の欲しがっている"永遠に消えない何か"は曲中で明かされないため、聴き手それぞれの解釈によって決まる。

 

ただ、後半部"何も手に~"を見てわかるように、主人公は何も手に入れないままで死にたいらしい。

なぜならば、何かを手に入れてしまうと、責任が生じてしまうからだ。

"自由に追われ~"を見てわかるように、主人公は自由に憧れている。

何にも縛られずに、ただ主人公は生きていくのだ。

ひとこと

目的もなくただただ必死で生きる。


スポンサーリンク

まとめ

アメリカンチックで荒野を爆走しているイメージが沸く。

かっこいい曲ではあるけれど、さすがに「赤い河」の後だと霞んでしまう。

>>>自殺したいほど苦しんでる人に聴いてほしい名曲「赤い河」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

この曲でDISC 1が終わるのもなんかなぁ・・・。

ひとこと

DISC 2のエンディングナンバー「farewell song」はいかにもエンディングらしいミディアムソング。「せっかく2枚組にするなら、違う方向性のエンディングナンバーにしたい」という想いがあったのかな




-B'z, 音楽レビュー, 7thアルバム『The 7th Blues』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.