【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 12thアルバム『I ♥ U』 シングル

【ミスチル】どこにでもいそうな中年男を描いた1曲「ランニングハイ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年5月5日 更新日:

ミスチル「四次元 Four Dimensions」

出典:https://www.amazon.co.jp

『四次元 Four Dimensions』の3曲目に収録されている「ランニングハイ」。はっちゃけた曲調と歌い方はめずらしいので新鮮みがある。良い意味でミスチルらしくない。

この記事の概要

  • 「ランニングハイ」のみんなの評価は?
  • 「ランニングハイ」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/27thシングル『四次元 Four Dimensions』の3曲目「ランニングハイ」

ミニアルバム的作品の27thシングル!

12thアルバム『I ♥ U』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

2005年6月29日発売。

"27thシングル"という位置づけではあるが、タイトルが『四次元 Four Dimensions』となっており、ミニアルバム的作品である。

収録曲の4曲すべてがタイアップ付きでA面扱い。

ミニアルバムのようなものなので、初動売上は15thシングル「終わりなき旅」以来7年ぶりに50万枚を突破。

>>>活動再開後初のシングルだった名曲「終わりなき旅」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

累計売上は92万枚と、2000年代以降のミスチルのシングルで最高売上を記録している。

そもそも「ランニングハイ」って?

「ランニングハイ」は『四次元 Four Dimensions』において3曲目に収録されている。

かなりはっちゃけた曲調、そして歌い方。

おそらく好き嫌いがはっきりわかれる1曲だ。

私は正直好きではない・・・。

他3曲が良かったせいなのかも。

ただ、この曲は映画「フライ,ダディ,フライ」の主題歌になっており、歌詞がほとんど映画の内容に沿ったものになっている。

そのため、「フライ,ダディ,フライ」を観るとかなり印象が変わるはず。

例えば、1番の冒頭の歌詞では"甲"と"乙"という人物が台詞を言い合っている構成になっている。

この"甲"とは「フライ,ダディ,フライ」におけるパク・スンシンであり、"乙"は主人公の鈴木一をあらわしている。

また、タイトルの「ランニングハイ」(Running High)も、主人公の鈴木一が修行としてバスを全速力で追い抜くという印象的なシーンからの引用のはず

ぜひ一度は「フライ,ダディ,フライ」を観てみてほしい(^^)/。

ひとこと

この曲をA面と呼ぶのは無理があるような。。。

「ランニングハイ」のみんなの評価は?

鈴木さん
これが主題歌となった映画「フライ、ダディ、フライ」と 合わせて聴くと、シンクロ度の高さに、感動の涙と共に勇気が 湧いてくる。ジワジワとポジティブになれる曲。
深海ボレロ辺りの社会的な歌詞と、シフクノオト以降の、より加速度的なポップネス。 この二つの要素が程よく交わった佳曲だと思うけど、少し居心地が悪いように見える。
山田さん
北野さん
いきり童貞なのでミスチルのランニングハイがすきです
新学期、社会人へ疲れた時にランニングハイ!
田原さん
木村さん
カラオケで声張り上げて歌い、ストレス発散するにはもってこい。 歌詞は正直陳腐。。。ありきたりながんばれソングではなかろうか。

ひとこと

社会に打ちひしがれた時に聴くと良い


スポンサーリンク

ここからは管理人の「ランニングハイ」独自解釈!

【ランニングハイ/歌詞解釈①】自分を救うのは自分自身!

肩を貸す人のイラスト(棒人間)

歌詞を見ると、この曲の主人公は非常に冴えない人物であることがわかるはず(笑)。

また、映画の影響もあってか、主人公は中年男というイメージ。

1番の歌詞では生きることに疲れた主人公の様子が描かれている。

前述のとおり、1番の冒頭の台詞の言い合いは映画に合わせたものなので省略。

サビの歌詞を引用したので見てほしい。

「もう疲れた誰か助けてよ!」そんな合図出したって誰も観ていない

助けを出したって誰も助けてくれない。

悲しい歌詞だけれど非常に現実的だ。

主人公はこんなつらい現状だけれど、あきらめることはない。

次の引用した歌詞を見てほしい。

なら 息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして 胸に纏う玉虫色の衣装をはためかせていこう

自分を救ってくれるのは他人ではなく自分。

どうせなら、そんな自分自身でとことん人生を謳歌しよう!という超ポジティブなメッセージだ。

"玉虫色の衣装"というのは想像するにかなり派手でいかつい服装(笑)。

心の中ではそんないかつい服装を着た気分で、主人公は人生を楽しむのである。

ひとこと

自分を救うのは自分

【ランニングハイ/歌詞解釈②】どうしようもないけれど、人間味がある

ぐーたら寝ているおじさんのイラスト

2番の歌詞はかなり具体的な内容になっていて面白い。

Aメロでは一夜だけの恋をしてストレスを発散しようとする主人公の様子が描かれている(笑)。

愛してない女性と、欲望に任せて過ごす夜。

しかし、朝が来て胸に残るのは後ろめたさだけだった・・・。

そりゃそうだ(^_^;)。

また2番のサビでは主人公の慣れ親しんでいた景色が時代の流れとともに、壊されていく様子が描かれている。

ノスタルジーに浸る主人公。

時代の流れには抵抗できるはずもない・・・。

こういうどうしようもなくて人間味のある主人公だからこそ、サビの高揚感がたまらないのだ。

ひとこと

どこにでもいそうな中年男って感じだ笑


スポンサーリンク

まとめ

12thアルバム『I ♥ U』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

この曲は30~40代が聴くとしびれるのではないだろうか。

どこにでもいる平凡な中年男を描いているだなんて、シングルとしては挑戦的だ笑

正直、私は好きではない(^_^;)。

なぜこの曲がアルバムに収録されて、「ヨーイドン」が未収録になってしまったのだろう…。

>>>最も不遇な扱いを受けてる名曲!?「ヨーイドン」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

どうせなら「ヨーイドン」も収録して欲しかったなぁ。

「ランニングハイ」の評価

5点満点中2点

もっと年を重ねたらより心に響くのかな



-音楽レビュー, Mr.Children, 12thアルバム『I ♥ U』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.