【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 6thアルバム『BOLERO』

【ミスチル】"ミスチル第一章"を締めくくる6thアルバム『BOLERO』【アルバムレビュー】

投稿日:2018年3月4日 更新日:

「ミスチル BOLERO」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

1997年3月5日発売。前作『深海』からおよそ8ヶ月ぶりの発売となった。

>>>歴史に残る大名盤。。。!5thアルバム『深海』【アルバムレビュー】

コンセプトアルバムであった『深海』とは対極に位置する本作。およそ1ヶ月前に発売された先行シングル「Everything (It's you)」を含め、『深海』のテーマに合わないとしてアルバム収録を見送られていた6thシングルから9thシングルまでの4曲がついに収録された。そのため収録されている12曲(インストを除くと11曲)のうち5曲がシングルと、ミスチルのアルバム史上最もシングル曲の割合が高いものとなっている(2018年7月現在)。シングル曲が多数収録されてることもあって累計売上は328万枚と、前作『深海』から50万枚以上の売上増加。これによりMr.Children史上2番目に売上枚数が高いアルバムとなった。

この記事の概要

  • 『BOLERO』のみんなの評価は?
  • 『BOLERO』とは一体どういうアルバムなのか?
  • 『BOLERO』の全収録曲レビュー一覧

スポンサーリンク

ミスチル/6thアルバム『BOLERO』

ミスチル/6thアルバム『BOLERO』のみんなの評価は?

佐藤さん
「ミスチルファンであることに対する踏み絵」とまで言われた、暗く重い前作の『深海』と同時期に作られていたアルバム。 非常に攻撃的な曲が多く、俺個人はこっちの方が踏み絵的存在だと思ってる。
シングル満載、しかもそのどれもが名曲という贅沢な感じのアルバム。
北野さん
山田さん
非常にミスチルらしさが全開にでて、これぞミスチルという作品だと思う。 この90年代っぽさは今聴いても新鮮。エヴァーグリーンな傑作
ヒットしたシングルの裏にひそむアルバム曲が、非常~~に良い 単なる恋愛の歌は辟易だが、これは桜井氏の葛藤が曲に上手く昇華されていて 聴き応えが抜群!!
田原さん
木村さん
制作時期が近いためか、5th『深海』と良く比較される。5thがアナログ的な感じがしたのに比べ、こちらはデジタルな要素もあり、音が厚い。 5thの陰に対して6thの陽、と言われることもあるが、実際は同じくらい鬱な要素があるアルバム。

ひとこと

シングル曲満載の贅沢アルバム


スポンサーリンク

ミスチル/6thアルバム『BOLERO』の特色

タイトルの『BOLERO』(ボレロ)とは、フランス人のモーリス・ラヴェルが1928年に作曲したバレエ音楽のこと。

そして、ボレロには物語がある。

とある酒場で1人の踊り子が舞台で踊っている。

そして、だんだん興が乗ってきて、さっきまでそっぽを向いていた客達がその踊り子に釘付けになり、最後は一緒に踊り出すというのがボレロの物語である。

この物語が、6thアルバムのタイトル名になった由来になっているのだ。

ようするに、前作の『深海』というアルバムは全体的に重くて暗い一般受けしづらい踏み絵的な作品であった。

>>>歴史に残る大名盤。。。!5thアルバム『深海』【アルバムレビュー】

これはまさにボレロの物語における、最初の客が踊り子にそっぽを向いている状態である。

そして、本作はシングル曲を多数収録した、いわゆる一般受けしやすいものとなっている。

つまり、『深海』によってそっぽを向いてしまった人たちが『BOLERO』によってMr.Childrenに釘付けになりファンになってほしいという思いがあるのだ。

そのため、本作にはコンセプトがなくベストアルバム的な1枚となっている。

ただ、本作の収録曲のいくつかは前作『深海』の制作時期と重なっているため、暗い内容の曲(特に社会風刺ソング)が多い。

そのため、正直キャッチーでメジャーな曲は少ない。

やっぱり大ヒットを記録したシングル5曲が本作をかなり支えている感じがするのは否めない。

逆に言うと、本作はシングル5曲を楽しむもので他の収録曲はおまけ感覚で聴くのもありなのかなと思う。

ひとこと

ベストアルバム的な本作に、プロデューサーの小林武史は否定的らしい。。。

ミスチル/6thアルバム『BOLERO』の全収録曲レビュー一覧

各曲をクリックするとレビュー記事にとびます。

1.prologue(インストゥルメンタル)

2.Everything (It's you)(13thシングル)

3.タイムマシーンに乗って

4.Brandnew my lover

5.【es】 〜Theme of es〜(8thシングル)

6.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜(9thシングル)

7.傘の下の君に告ぐ

8.ALIVE

9.幸せのカテゴリー

10.everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-(7thシングル)

11.ボレロ

12.Tomorrow never knows (remix)(6thシングル)

スポンサーリンク

まとめ

このアルバムを最後に、Mr.Childrenはおよそ1年半の活動休止をする。

つまり、このベストアルバム的な本作はMr.Children第一章を締めくくるものとしては、とてもふさわしいアルバムなのだ。

ぜひ、大ヒット曲満載の6thアルバムを堪能してみてほしい。

ひとこと

ヒット曲満載!



-音楽レビュー, Mr.Children, 6thアルバム『BOLERO』
-

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.