【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 11thアルバム『シフクノオト』

【ミスチル】2000年代以降で最高売上を記録した11thアルバム『シフクノオト』【アルバムレビュー】

投稿日:2018年5月1日 更新日:

「ミスチル シフクノオト」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

2004年4月7日発売。前作『IT'S A WONDERFUL WORLD』から約2年ぶりという、比較的長いスパンを経ての発売となった。

>>>ポップなミスチルがついに帰ってきた!10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』【アルバムレビュー】

半年前に発売された25thシングル「掌/くるみ」が売上的に勢いがあった。

>>>不気味で悲観的。。。「掌」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>これがミスチルの原点!「くるみ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

また、前作が明るい作風になっており、さらにその作風がアルバムの質を向上させる素晴らしいものだった。そのため、本作の期待値はかなり高かった。そして、本作が満を持して発売されると、初動売上が前作をはるかに越える80万枚強を記録(これは7thアルバム『DISCOVERY』以来5年ぶり)。

>>>復帰後初なのになぜ暗い!?7thアルバム『DISCOVERY』【アルバムレビュー】

最終的には累計売上141万枚と、2000年代以降のミスチルのアルバムにおける最高売上となった。

この記事の概要

  • 『シフクノオト』のみんなの評価は?
  • 『シフクノオト』とは一体どういうアルバムなのか?
  • 『シフクノオト』の全収録曲レビュー一覧

スポンサーリンク

ミスチル/11thアルバム『シフクノオト』

ミスチル/11thアルバム『シフクノオト』のみんなの評価は?

佐藤さん
このアルバムもかなり良い作品だ! 「深海」には及ばないが、No.2と言える出来かも・・・ うん、確かに「言わせてみてぇもんだ」「PADDLE」、そして「タガタメ」「HERO」の流れはいいね! しかしミスチルは本当にイイ曲かくよなぁ~・・・すばらしい。
ブリリアントポップなアルバム。楽曲の揃え方は文句なし。ただ既曲中心のせいかややちぐはぐな感じも否めない。 そして前作『IT'S A WONDERFUL WORLD』に比べて、ミスチル特有の、陰った雰囲気も感じた。
田原さん
山田さん
楽曲の充実度が最高レヴェル。アルバム曲もシングル曲も良い曲ばかり。 ホントに病後とは思えない熱唱を披露している桜井、前作の反動なのか派手目に盛り上げるジェン、それを支える中川、バッキングギターが冴える田原・・・前後の作品と比べても全員のプレイが光ってる。
バラエティ豊かな曲が収録されている割にはよくまとまっている。それはおそらく全編を通して統一された、どこかざらついて殺伐とした感のある音作り、彼ら流のバンドサウンドのおかげなのだろうと思う。 そういう意味で、サウンドプロデュース的に"深海"に近いものを感じた(深海のように明確なテーマを持つコンセプトアルバムではないが)。
木村さん
北野さん
タイアップやシングルが多く、実はミスチルの中でも入門に適した作品。 桜井のソングライターとしての才能が炸裂。

ひとこと

バラエティ豊か


スポンサーリンク

ミスチル/11thアルバム『シフクノオト』の特色

本作は前作『IT'S A WONDERFUL WORLD』の流れをくむ明るめのアルバムになっている。

>>>ポップなミスチルがついに帰ってきた!10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』【アルバムレビュー】

ただ、本作には明確なテーマがなく、1曲1曲がアルバムとしてのまとまりがないように感じる。

それが逆に作り手達の聴き手に寄り添うようなアルバムにしたい!という考えを垣間見ることができる。

それはタイトルの『シフクノオト』という名前にも反映されている。

『シフクノオト』というのは様々な読み方ができる。

例えば至福の音や至福ノートなど。

つまり、聴き手が本作にどのようなテーマを付け加えようが自由なのである。

なんて聴き手に寄り添ったアルバムなのだろうか。

また、全12曲と比較的少ない曲数だけれど中身はかなり濃い。

特に後半の「Any」から「HERO」までの4曲は本当に良い意味で濃すぎる(笑)。

ポップな曲、バラード、異様な曲などと多種多様なので、お腹いっぱいになるアルバムだ。

ひとこと

全12曲なのになぜか長く感じる。それくらい濃い。

ミスチル/11thアルバム『シフクノオト』の全収録曲レビュー一覧

クリックすると各曲のレビュー記事へととびます。

1.言わせてみてぇもんだ

2.PADDLE

3.(25thシングル)

4.くるみ(25thシングル)

5.花言葉

6.Pink 〜奇妙な夢

7.血の管

8.空風の帰り道

9.Any(23rdシングル)

10.天頂バス

11.タガタメ

12.HERO(24thシングル)

スポンサーリンク

まとめ

とっつきやすいアルバムなので、ファンになりたての方にも全然聴きやすいと思う。

シングル曲は4曲も収録されているし、その他にも良い曲がたくさん。

名盤とまではいかないけれど、平均点を余裕で超えるアルバムだ。

ひとこと

バラエティ豊かな12曲をぜひ



-音楽レビュー, Mr.Children, 11thアルバム『シフクノオト』
-

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.