【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 5thアルバム『Singing Bird』

【稲葉 浩志 ソロ】"12のアトラクション"を楽しめる!?5thアルバム『Singing Bird』【アルバムレビュー】

投稿日:2018年3月13日 更新日:

「singing bird アルバム」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

2014年5月21日発売。前作『Hadou』からおよそ4年ぶりのアルバムである。

>>>ボリューム満点の4thアルバム『Hadou』【アルバムレビュー】

本作は発売前に3ヶ月連続先行シングル配信というイベントが実施された。そのため(配信限定)シングルが3曲収録されており、これは稲葉ソロアルバム史上最多である。オリコン週間最高順位1位を獲得し、アルバム5作連続1位を記録。男性ソロアーティストによる5作連続1位は氷室京介が記録してからおよそ21年ぶりの快挙であった。累計売上は11万枚。前作『Hadou』から7万枚減少してしまった。

この記事の概要

  • 『Singing Bird』のみんなの評価は?
  • 『Singing Bird』とは一体どういうアルバムなのか?
  • 『Singing Bird』の収録曲一覧

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ5thアルバム『Singing Bird』

稲葉浩志ソロアルバム『Singing Bird』のみんなの評価は?

佐藤さん
稲葉ワールド全開です!!アップテンポからバラードまで、聞き応え満載のアルバムです!
いつもはお気に入りの曲ができてそればかりリピートすることが多いのですが、このアルバムの曲はどれも味があって、まるごとリピートしてます。 何回か流して聞いていても、ふと気になった歌詞の言葉の重さにハッとさせられることもあり、そこらへんが稲葉さんだなぁと感心しきりです。
木村さん
北野さん
マグマ志庵のようなアルバムを求める人にはおすすめ出来ませんが、家でゆっくりくつろぎながら聴くのには適したアルバムだと思います。
全体的にはまとまったアルバムですね!
阿部さん
山田さん
深みを増しました。稲葉さんの作品は、すごく考え抜かれているというか、僕らに届くものは洗練されているけれど、悩み抜いた末の深みとか重みがあるきがする。もちろん温かみも。

ひとこと

たしかに暖かみが増したよね


スポンサーリンク

稲葉浩志ソロアルバム『Singing Bird』の特色

遊園地のイラスト「お城・ジェットコースター・観覧車」

収録曲数は12曲と、稲葉ソロアルバムの中では少ない方である。

そのためとても聴きやすいアルバムとなっている。

3rdアルバム『Peace Of Mind』からの傾向でもある、聴き手に寄り添った作風(メジャーな曲を多数収録)が本作で頂点に来たと個人的に思う。

>>>稲葉ソロの転換点となった!?3rdアルバム『Peace Of Mind』【アルバムレビュー】

これはやはりシングルが3曲も収録されていることもあるが、それ以外の曲もメジャーなものばかりなのである。

さらに、12曲という曲数が非常にちょうど良い。

前作『Hadou』(15曲収録)の欠点でもあった、途中でだれてしまうということが本作ではちゃんと改善されているのだ。

>>>ボリューム満点の4thアルバム『Hadou』【アルバムレビュー】

また、『Singing Bird』には明確なテーマがない。

そのため聴き手がこのアルバムで感じたことが、そのままテーマとなる。

つまり十人十色なのだ。

前作『Hadou』では明確なテーマがあったので、本作とは対照的な位置づけにある。

私がこのアルバムで感じたのは"自由"である。

これは対照的な位置づけにある前作『Hadou』と比較して説明したい。

まず前作『Hadou』には"波動"というテーマがあり、ある意味作り手側から「こういう風に聴いてください」という意識を感じた。

曲間が繋がっている曲もあったりして、例えるなら『Hadou』という遊園地にガイドさんが付いて、それに従い15のアトラクション(曲)を楽しむようなものだった。

それに対して、本作は『Singing Bird』という遊園地をガイドなしで、それぞれの思いどおりに12のアトラクションを楽しむことができるのだ。

曲順どおりに聴いても良し、シャッフルして聴いても良し、1曲単位で聴くのも良しである。

ひとこと

自由に楽しめるアルバム

稲葉浩志ソロアルバム『Singing Bird』の収録曲一覧

クリックすると各曲のレビュー記事へととびます。

1.ジミーの朝

2.oh my love

3.Cross Creek

4.Golden Road

5.泣きながら(2ndデジタルシングル)

6.Stay Free(3rdデジタルシングル)

7.Bicycle Girl

8.孤独のススメ

9.友よ

10.photograph

11.ルート53

12.念書(1stデジタルシングル)

スポンサーリンク

まとめ

前作『Hadou』も聴きやすかったが、もし稲葉ソロ作品を聴いたことない人にオススメするとしたら私は絶対本作『Singing Bird』を選ぶだろう。

12曲という気軽に聴ける曲数もあいまって、何回も聴くことができる。

万人受けするアルバムに仕上がっているはずだ。

ひとこと

暖かくて爽やかなアルバム




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 5thアルバム『Singing Bird』
-

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.