【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 5thアルバム『Singing Bird』

【稲葉 浩志ソロ】実在の人物がモデルになった1曲「ジミーの朝」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年3月5日 更新日:

「ジミーの朝」のイメージ

5thアルバム『Singing Bird』のオープニングを飾る1曲。稲葉ソロ作品らしい暗い1曲でもあり、さらに言うと収録アルバムの中で最も暗い。

この記事の概要

  • 「ジミーの朝」のみんなの評価は?
  • 「ジミーの朝」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ5thアルバム『Singing Bird』の1曲目「ジミーの朝」

そもそも「ジミーの朝」って?

稲葉浩志がソロ名義で発売した五枚目のアルバム『Singing Bird』に収録されている。

1曲目にもかかわらずかなり暗い。

この暗さが「私は今、稲葉ソロを聴いている」とどこか安心感を覚える。

やっぱり稲葉ソロは暗くてなんぼかもしれない(笑)。

ジミーって誰?

男性の表情のイラスト「疑問」

 

タイトルの"ジミー"とは稲葉がサーフィンをした際に出会った人物である。

ジミーは度々サーフィンをしていて、陽気な性格らしい。

しかし、過去に病気で手術をし、ペースメーカー(心臓の活動を支える機器)を付けて生活している。

陽気な性格とは裏腹に、ジミーが感じている死への恐怖が稲葉のこの曲をつくるきっかけになった。

そのためこの曲の主人公は陽気な性格だということを頭に入れて聴いてみるとより深みが増すだろう。

ひとこと

明るい人の中に潜む闇。。。

「ジミーの朝」のみんなの評価は?

佐藤さん
「ジミーの朝」の哀愁漂うメロは1回で好きになりました。
ジミーの朝は、音質に工夫が施されてて不思議なサウンドになっています。こもっている感じとフルートが入ってるところがよいですね。乾いた感じはグランジを感じました。
田原さん
木村さん
稲ソロのSinging Bird好きだ。 1曲目にジミーの朝が来るのが最高!
ジミーの朝は曇り空に似合う珍しい歌。
山田さん
阿部さん
「ジミーの朝」はこの独特の世界観と音がホント大好きでずっと聞いていられます。全体的には暗さと切ない歌詞なんですが、不思議と稲葉さんの声と音楽構成によりその先の希望が垣間見える素晴らしい名曲です。フォークギターの音が絶妙なアクセントの名曲

ひとこと

たしかにどんよりとした"曇り空"が似合う


スポンサーリンク

ここからは管理人の「ジミーの朝」独自解釈!

【ジミーの朝/歌詞解釈①】陽気なジミーだけれど・・・

「流木の上に座りサーファー達を見つめるエンジニア流木の上に座りサーファー達を見つめるエンジニア」のフリー写真素材を拡大

1番の歌詞では主人公(ジミー)のもの悲しさを描いている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

朝一番に浜にやってきて沖へと目をこらす無人の波がばっくりわれてそしてそのまま俺は引き返してった

この歌詞はまさに「ジミーの朝」の様子を描いている。

歌詞中の"波がばっくりわれて"という表現は波が割れるというサーフィン用語のこと。

水深の変化によりさん関係となった波が、その後崩れていく状態を意味している。

つまり、割れた波というのはサーフィンにおいて最も適した波なのだ。

しかしながらサーファーであるジミーは絶好な波をサーフィンすることもなく引き返す。

なぜだろうか。

これはジミーはペースメーカーを付けているため、本当に体調が良くないとサーフィンはできないからであろう。

つまり、陽気なジミーでさえも死の恐怖が根付いてしまうことをこの歌詞はあらわしているのだ。

ひとこと

命が一番大事

【ジミーの朝/歌詞解釈②】芸人気質があるジミー

芸人の男の子のイラスト(将来の夢)

2番の歌詞でもジミーのもの悲しさ、そして特に死に対する嫌悪感がより強調されて描かれている。

またジミーの性格がわかる歌詞が登場するので引用してみた。

俺の減らず口にあきれてあいかわらずだと笑ってほしいんだよ

みんなに見せている陽気な姿。

ジミーはいつもどおりのこの陽気さを笑ってほしいのだ。

ジミーほどこか芸人気質があるのかもしれない(笑)。

芸人はステージ上では明るく振る舞っているが裏ではけっこう暗い人が多いと聞いたことがある。

やっぱり、みんなから陽気というイメージがある以上、自分の暗い部分・弱い部分は見せたくないのだ。

ひとこと

いつもみんなに笑ってほしい。。。


スポンサーリンク

まとめ

ジミーは手術を経験し、ペースメーカーを付けているため、誰よりも死に対してはかなり敏感であるはず。

その根拠がサビの歌詞でわかるので引用してみた。

心臓の音が聞こえる機械仕掛けの命の音が 俺はまだ生きている

ジミーは生きていることを誰よりも実感しているのだ。

だからこそ敏感になってしまう、死。

陽気なジミーの朝は、とてももの悲しくて悲観的な朝だった。

ひとこと

悲しい朝。。。




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 5thアルバム『Singing Bird』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.