【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 7thアルバム『DISCOVERY』

【ミスチル】"ミュージシャンならでは"の心の叫びとは?「#2601」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年3月25日 更新日:

「#2601」のイメージ

作曲にドラムの鈴木英哉(通称JEN)がかかわっている超ハードロックな1曲。自虐的な歌詞とヘビーなギターサウンドが絶妙にマッチしている。ただ、とてもマイナーな曲調なので一般受けしないだろう。

この記事の概要

  • 「#2601」のみんなの評価は?
  • 「#2601」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/7thアルバム『DISCOVERY』の8曲目「#2601」

そもそも「#2601」って?

7thアルバム『DISCOVERY』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが1999年2月3日に発売した7thアルバム『DISCOVERY』に収録されている。

作曲にドラムの鈴木英哉(通称JEN)がかかわっている超ハードロックな1曲。

4thアルバムに収録の「Asia (エイジア) 」もそうだが、やはり作曲にJENが関わるとマイナーな曲になる

>>>"あの男"が作曲すると意外に暗くなる!?「Asia (エイジア)」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

かなりハードロックなので、聴く人を選ぶ1曲だ。

収録アルバム『DISCOVERY』のダークな雰囲気に合っているから何とか聴けるけど、違うアルバムに収録されていたら私は絶対に飛ばす。

ひとこと

ゴリゴリのハードロック

「#2601」のみんなの評価は?

山田さん
ミスチルで一番ハードロック色の強い曲。 ギターリフがへヴィでクール。 桜井の歌自体は演奏に埋もれるくらいの圧迫感。
ハードロック調な演奏にシャウトする桜井が新鮮。歌詞から何からライト層が聴いたら彼らのイメージを壊しかねない。
佐藤さん
鈴木さん
特にサビの部分の絶叫。 「口笛」「イノセントワールド」に代表される「綺麗なミスチル」しか知らない人には衝撃?かも。
個人的には好きな一曲だがサビにもうちょっと工夫が欲しかった。どうしてもひたすら叫んでるだけに聴こえてしまう。
滝さん
阿部さん
Mr.Childrenの中で最もロックな曲だと思う。こんなのカラオケで歌えない笑

ひとこと

たしかに"叫んでるだけの1曲"と認識されるかも


スポンサーリンク

ここからは管理人の「#2601」独自解釈!

【#2601/歌詞解釈①】「#2601」の意味とは?

電話がかかってきた黒電話のイラスト

タイトルの「#2601」とは電話番号を意味していると思う。

歌詞を見ると、主人公はホテルにいることが分かる。

そして、この「#2601」がどこに繋がるかが推測できるある歌詞が、曲中で頻繁に登場するので引用したい。

破れかぶれのまま今宵は誰と寝る 誰と寝るの?

この曲の主人公は精神状態がすごく不安定であり、今夜は誰かと寝たいけれどその相手がいない状況にある。

つまり、主人公は女性に飢えているのだ。

ということは、「#2601」はデートクラブのような場所に繋がる電話番号なのだと解釈できる。

そんなこの曲だが、主人公(おそらく桜井かな?)の荒れた心をあらわした内容だと思うので、変に解釈をしないで聴いた方が良いのかもしれない。

この曲の主人公の心の叫びが痛烈に感じとれたのなら、歌詞を解釈できなくても全然十分だと思う。

私はこの曲を何回聴いても「桜井はミシェルファイファーの唇が好きなんだな」としか思わない(笑)。

ひとこと

メッセージ性が皆無の1曲

【#2601/歌詞解釈②】ホテルの食事なんか飽きた(-_-)

モーニングコールのイラスト

1番の歌詞では、この生活から抜け出したいという主人公の心境が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

ルームサービスの食事など嫌 怒鳴り声上げては悩んで パラシュートで飛び降りたいな

これは冒頭の歌詞なのだが、はなっからアクセル全開である(笑)。

ミュージシャンはツアーで日本各地を飛び回る。

そのため、ホテルで泊まることが多く"ルームサービスの食事"には飽きているのだ。

このように桜井の心境がそっくりそのまんま反映された歌詞なのである(笑)。

ひとこと

こんなことミュージシャンが歌っていいのか笑

【#2601/歌詞解釈③】ホテル嫌いの主人公の生きがいとは?

ビデオテープのイラスト(VHS)

ホテル嫌いの主人公だが、もちろん楽しみもある。

次の引用した歌詞を見てほしい。

ビデオテープを生きがいにして旅から旅へのツアーバンド

"ビデオテープ"というのが時代を感じる。

主人公は好きな映画のビデオをホテルでは生きがいにしているのである。

そして、2番の歌詞で明かされるのだが、そのビデオの1つが「恋のゆくえ」という映画。

主演はミシェルファイファー。

その映画を見ながら"しごいて"というとんでもない歌詞もあるため、主人公はミシェルファイファーの虜であるがわかる(笑)。

ひとこと

虜だ。。。

【#2601/歌詞解釈④】意味の無い宴(笑)

「宮古島名物オトーリ前の様子宮古島名物オトーリ前の様子」のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞では、「#2601」に電話して女の子たちを呼んで宴をしている様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

ヒステリックな声を上げて おなごたちは跳ね回る 意味なんて無くたって素敵

どんな宴をしているのだろうか(笑)。

興味深いが、歌詞にもあるとおりどんな宴をしているのかなんて関係ない。

なぜならば"意味なんて無くたって素敵"なのだから。

ひとこと

狂乱の宴だ。。。


スポンサーリンク

まとめ

7thアルバム『DISCOVERY』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

結局、この曲を聴いてみると、桜井は『深海』あたりの精神状況と変わっていないんだなと思わざるを得ない(^_^;)。

>>>歴史に残る大名盤。。。!5thアルバム『深海』【アルバムレビュー】

さらにこの曲はほんとに「歌いたくねー!」という悲痛な想いがひしひし伝わってくる。

まだ活動休止してた方がよかったんじゃ。。。

オススメできる1曲ではないが、当時の桜井の心の叫びを知りたい人はぜひ。

ひとこと

活動再開後初のアルバムにこんな曲収録するって。。。ある意味勇気ある笑


「#2601」の評価

5点満点中1点

"叫び"の1曲




-音楽レビュー, Mr.Children, 7thアルバム『DISCOVERY』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.