【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 5thアルバム『Singing Bird』

【稲葉 浩志ソロ】稲葉に届いた"ある手紙"がきっかけに!?「Golden Road」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年3月6日 更新日:

「Golden Road」のイメージ

この曲は収録アルバム『Singing Bird』の中で個人的に最も印象に残らなかった1曲である(^_^;)。だからといってこの曲が悪い出来というわけではなくて、勇気をもらえる素晴らしい内容である。ただ、ぱっとしないというか・・・。

この記事の概要

  • 「Golden Road」のみんなの評価は?
  • 「Golden Road」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ5thアルバム『Singing Bird』の4曲目「Golden Road」

そもそも「Golden Road」って?

稲葉浩志がソロ名義で発売した五枚目のアルバム『Singing Bird』に収録されている。

生音がメインの『Singing Bird』において、この曲は打ち込みを多用している。

キャッチーもなくマイナーでもない微妙な曲調なので個人的にはあまり印象に残らなかった

おそらく聴けば聴くほど味がでてくる1曲なんだと思う。。。

イチョウの並木道、そして手紙からインスパイアされた!?

銀杏並木のイラスト

内容は夢を追いかける主人公の揺るぎない信念を聴き手に伝えている、いわば応援ソングである。

タイトルの「Golden Road」とは一見深い意味があると思われるが、単に稲葉が"イチョウの並木道"を歩いたことがきっかけ。

曲中に"僕だけのゴールデンロード"という歌詞があるので、ある程度「Golden Road」に"イチョウの並木道"以上の意味を付け加えている。

つまり、黄金色に輝くイチョウの並木道を歩いた主人公が、その道を自分が夢へと向かう輝かしい道であると解釈し、意気込む曲であるのだ。

また、歌詞は稲葉に届いたファンからの手紙によってインスパイアされたという。

その手紙には「無理していいいんですよ」と書かれてあった。

稲葉は「普通は『無理しないでください』と書くのに、自分の性格を分かっているからなのか『無理しないでって言われても、稲葉さんはやりたいんですよね』と書いてあるのを見て、その言葉がうれしくて一人で感動して、そこからスタートして作った。」と発言している。

ひとこと

良い手紙だ。。。

「Golden Road」のみんなの評価は?

木村さん
「無理したって良いじゃない!」 稲葉の元に届いたとあるファンレターの文言に触発されて出来た歌詞とな! そういう事もあるんだねえ…
松本さんも作りそうな曲だと思いました。アルバムのなかで一番B'zっぽさを感じました。大賀さんのギターソロもよい感じです。
田原さん
佐藤さん
「Golden Road」は聴くたび勇気付けられる歌詞・・・
歌詞がとてもいいんだよね。 自分が信じた道なら、胸を張って行こうぜ、って背中を押してくれる曲。 誰かのものでもない、僕だけのゴールデンロード!
阿部さん
山田さん
自分の進んでいる方向があっているのか不安になった時、この曲を聞こう。

ひとこと

歌詞が勇気づけられる


スポンサーリンク

ここからは管理人の「Golden Road」独自解釈!

【Golden Road/歌詞解釈①】叶いそうで叶わない夢・・・

疲れている子供のイラスト(男の子)

1番の歌詞では夢を追いかけてはいるが、挫折してしまいそうになっている主人公の様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

見えてるつもりの出口はなかなか近づいてきやしない

夢がもう少しで叶いそうだと思い込んでいる主人公。

しかしなかなか夢は叶えられない。

つまり、夢を叶えるための努力をする期間の出口は近づいてこないのである。

マラソンなどゴールが明確に存在すればまだ頑張れるが、夢にはどこの地点にゴールがあるのか分からないから挫折してしまう

主人公も挫折しかけているはずだ。

ひとこと

ゴールが見えないとツラい。。。

【Golden Road/歌詞解釈②】失敗をいっぱいしよう!

てへぺろのイラスト(男の子)

2番の歌詞ではどんなに失敗して挫折しようとも、諦めない意思を貫き通すかっこいい主人公の様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

失敗という名のしょっぱい通過点まだまだ待ち構えているでしょうその先にしかない快感めざす

これはとても勇気をもらえる素晴らしい歌詞だと思う。

失敗はいつだって付きもので、この先の人生で数え切れないほど経験するはず。

特に夢を追いかける人々は失敗をより経験するはず。

しかし、失敗をすればするほどとてつもなく大きい成功を得ることができるのだ。

そのときの快感はすさまじいものであるはず。

主人公はまさにその大きな成功(夢を叶えること)を得て、快感を得るために失敗しても諦めようとしないのだ。

ひとこと

失敗はいっぱいしよう


スポンサーリンク

まとめ

最後に今夢を追いかけ、頑張っている人々に絶対に見てほしい歌詞があるので引用したいと思う。

好きだという熱こそが最低限で最高の希望

夢というのは自分の好きだという気持ちがあるからこそ、目指すもの。

ぜひ夢を追いかけている人々はその"好きだという熱"を持ち続けてほしい。

そうすればきっと夢を追いかける苦しい日々が「Golden Road」だったと呼べる日がくるかもしれない。

ひとこと

いつかその日が来るまで




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 5thアルバム『Singing Bird』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.