【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 4thアルバム『Hadou』

【稲葉 浩志 ソロ】ボリューム満点の4thアルバム『Hadou』【アルバムレビュー】

投稿日:2018年2月20日 更新日:

「hadou 稲葉浩志」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

2010年8月18日発売。前作『Peace Of Mind』からおよそ6年ぶりというかなり長いスパンでの発売となった。

>>>稲葉ソロの転換点となった!?3rdアルバム『Peace Of Mind』【アルバムレビュー】

同年6月に発売された先行シングル「Okay」を収録。その他にもTBS系『NEWS23クロス』の初代エンディングテーマ「この手をとって走り出して」、日本テレビ系アニメ『結界師』の初代エンディングテーマ「赤い糸」、宇浦冴香に提供した曲のセルフカバー「CAGE FIGHT」「去りゆく人へ」などといった、メディアと関わった作品が多く収録されている。オリコン週間最高順位は1位。累計売上は17万枚。前作『Peace Of Mind』の売上から10万枚以上減少してしまった。

この記事の概要

  • 『Hadou』のみんなの評価は?
  • 『Hadou』とは一体どういうアルバムなのか?
  • 『Hadou』の全収録曲レビュー

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ4thアルバム『Hadou』

稲葉浩志ソロアルバム『Hadou』のみんなの評価は?

山田さん
外れ楽曲はなく、個々としては良曲である。が、全体として聞くと「Lone Pine」あたりがウィークポイントとなっており、途中からだれている様な気がしてならない。
普遍的といえば言い過ぎだけど、マグマのころのような棘はなくなった。 あの媚びない感じや渋いサウンドが好きな人には物足りなさを感じてしまうのかな。
佐藤さん
阿部さん
ナチュラルに真摯に 独自の世界を深めていく稲葉浩志のワークスに、 今後も大いに期待が持てる名作。
6年の歳月の間に相当なデモが溜まっていたようで、このアルバムにはそこから選ばれた曲をレコーディングしなおして収録している。 だが、その割にはその曲もアルバムタイトルでありコンセプトでもある「Hadou」に見事にマッチしているのだから不思議だ。 しかも15曲(16曲?)という曲数の多さにも関わらず、最後まで飽きずに聴き続けることができ、そこも高ポイントだろう。
北野さん
木村さん
優しい稲葉さんのが見えるアルバム。新しいイメージのアルバムです。

ひとこと

『マグマ』をつくったとは思えない優しいアルバム


スポンサーリンク

稲葉浩志ソロアルバム『Hadou』の特色

このアルバムは前3作と比べると一番聴きやすくて、大衆受けするものである。

前作『Peace Of Mind』も聴きやすいアルバムではあったが、それをしのぐほどの聴きやすさだ。

>>>稲葉ソロの転換点となった!?3rdアルバム『Peace Of Mind』【アルバムレビュー】

シングルでもまったく違和感ない良曲がたくさん収録されているので、飽きのこないアルバムだろう。

アルバムタイトルの『Hadou』とは"波動"である。

なぜローマ字にしているのかというと、漢字の波動にしてしまうとこのアルバムのイメージがある程度固定されてしまうことを稲葉が避けたためである。

そのため、私たち聴き手はこのHadouの意味を各々考えることができるのだ。

私は、このHadouの意味をどんなに離れていても繋がりを感じることができる赤い糸のようなものだと考えている。

理由は14曲目に「赤い糸」が収録されていることもあるが、遠くにいる人の存在を感じ取るという曲が、多く収録されているからだ。

ただ、ポップでメジャーな曲が多いため稲葉ソロらしくないアルバムでもある(^_^;)

ポイント

稲葉ソロ特有の棘はない。。。

稲葉浩志ソロアルバム『Hadou』の全収録曲レビュー

各曲をクリックするとレビュー記事にとびます。

1.LOST

2.絶対(的)

3.The Morning Call

4.Okay(4thシングル)

5.Lone Pine

6.エデン

7.CAGE FIGHT

8.今宵キミト

9.この手をとって走り出して

10.去りゆく人へ

11.不死鳥

12.主人公

13.リトルボーイ

14.赤い糸

15.イタイケな太陽

スポンサーリンク

まとめ

このアルバムはマイナーな曲が少ないのでほんとに聴きやすい。

なんといっても大名曲「Okay」が聴けるのも素晴らしい。

全15曲がそれぞれ個性があっておもしろいので、絶対に聴くべきアルバムだと思う。

ひとこと

ボリューム満点の15曲!




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 4thアルバム『Hadou』
-

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.