【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 13thアルバム『HOME』 シングル

【ミスチル】シングルとしては久々の過激ソング「フェイク」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年5月15日 更新日:

「フェイク ミスチル」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

40万枚限定生産で発売された30thシングル。久々の過激シングルで、当時の丸くなりつつあったミスチルに飽きた人にはたまらない1曲となった。ただ、収録アルバム『HOME』の"優しい作風"とは真逆の曲なので、なぜ収録したのかが疑問だ・・・。

この記事の概要

  • 「フェイク」のみんなの評価は?
  • 「フェイク」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/30thシングル「フェイク」

そもそも「フェイク」って?

13thアルバム『HOME』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

13thアルバム『HOME』のレビュー

1.叫び 祈り*

2.Wake me up!

3.彩り

4.箒星(28thシングル)

5.Another Story

6.PIANO MAN

7.もっと

8.やわらかい風

9.フェイク(30thシングル)

10.ポケット カスタネット

11.SUNRISE

12.しるし(29thシングル)

13.通り雨

14.あんまり覚えてないや

*はインストゥルメンタル

Mr.Childrenが2007年1月24日に発売した30thシングル。

前作「しるし」からおよそ2ヶ月ぶりという早いスパンでの発売となった。

>>>なぜ70万枚以上もヒットしたのか?「しるし」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

また、同年3月に収録アルバム『HOME』が発売されたのでアルバム先行シングルでもある。

前作がヒットしている中で発売された本作は、40万枚限定生産であり1曲のみ収録という500円シングルという形態をとった。

かなり保守的な販売形態だ。

ただ、ミスチルにとって本作は久しぶりの過激ソングなので前作以上に売れないことはわかっていたはず。

そう考えると、本作をシングルにしたのは挑戦的なのかもしれない。

まぁ、もし40万枚限定生産や500円シングルという形態をなくしていたら、堂々としていてミスチルかっけえ!となっていたかな(^_^;)。

今現在、CDとしては最後の過激ロック!

このような過激ロックシングルは本作を最後になくなってしまった(2018年現在)。

2013年には配信限定シングルで「REM」という曲が発売され、メディアでは「ミスチル最も過激な1曲!」と謳っていたけれど、ファンからするとそんなに過激でもない。

そのため、「こういう曲で過激だと思われるほど、ミスチルは丸くなったんだなぁ」と思った。

まぁ、そんな感じで本作はCDとして発売されたミスチル最後の過激ロックシングルなのだ。

「どろろ」の設定を一部反映している!

この曲は映画「どろろ」の主題歌。

「どろろ」は簡単に言うと、妖怪の物語。

主人公は妖怪に身体の一部を奪われている。

まさにこの曲の内容にぴったし合っている内容なのだ。

特に、この曲の歌詞に登場する"ほっぺた"や"横隔膜"といった言葉が身体の一部を奪われたという設定を反映している。

ひとこと

「しるし」の後にこれってけっこう挑戦的

「フェイク」のみんなの評価は?

山田さん
かなり無機質なサウンドで攻めまくる4つ打ちナンバー。 このご時世に攻撃的なミスチルを見られるとは思わなかった。 当然アルバムでは笑えるくらい浮きまくり。
他のアルバム曲と比べて浮いている感じが否めないが、爽快な曲が続いてる中、効果的なアクセントになっている。 曲も緩急がはっきりしており、ダークなイメージの間奏が非常にかっこいい。 これまでと違い歌詞も毒づいている。
滝さん
北野さん
ミスチルのフェイクは田舎だと全然買えなくて、5店舗くらいお店まわって買った記憶。
鼓膜破れるぐらいの音量でMr.Childrenのフェイク聴くと最高に気持ち良くなれる
木村さん
佐藤さん
アップテンポな方だと思うが、テクノ系サウンドに注目。 彼らのシングルにしてはかなり実験的なサウンドです。 歌詞もらしくなく、どこかアタックが強い。

ひとこと

ほんとにアルバムでは浮きすぎ笑


スポンサーリンク

ここからは管理人の「フェイク」独自解釈!

【フェイク/歌詞解釈①】人間の生々しい本性。

「本当に怖いのは生きた人間本当に怖いのは生きた人間」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

 私たちは"マガイモノ"。

自分の本性を隠し、どうにか良い人を造って暮らしている。

そんなドロドロしたテーマになっている1曲。

1番の歌詞で描かれる人間の本性はかなり的を得ていて恐くなる(笑)。

本性を隠せば、イライラはつのる。

さらに、めんどくさい人間関係をどうにか維持していかなければならない。

次の引用した歌詞を見てほしい。

「こんなんじゃ嫌だ!」って苦肉の策を練ってなんとか今日を生きてるよ

いつか見返してやる・・・という想いが胸を駆け巡る。

誰にだって経験があることだと思う。

こういう人間の生々しい部分をこの曲はじわじわとえぐっていくのだ。

ひとこと

えぐる。。。

【フェイク/歌詞解釈②】女ならだれでもいい・・・?

「人通り(冬)人通り(冬)」のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞はセックスについて描かれている。

かなりえぐい描写だ。

行為をしている間にふと思いつく。

結局自分はセックスをしたいだけで、相手は女ならば誰どもいいのだと・・・。

このようなとんでもない歌詞をシングル曲にぶっこむあたりが、『深海』あたりのミスチルらしくて良いと思う。

>>>歴史に残る大名盤。。。!5thアルバム『深海』【アルバムレビュー】

そんなことを考えても、相手には愛してるなどと嘘をつく。

まさに"マガイモノ"の主人公なのだ。

ひとこと

とがった内容だ


スポンサーリンク

まとめ

13thアルバム『HOME』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

13thアルバム『HOME』のレビュー

1.叫び 祈り*

2.Wake me up!

3.彩り

4.箒星(28thシングル)

5.Another Story

6.PIANO MAN

7.もっと

8.やわらかい風

9.フェイク(30thシングル)

10.ポケット カスタネット

11.SUNRISE

12.しるし(29thシングル)

13.通り雨

14.あんまり覚えてないや

*はインストゥルメンタル

この世には嘘がありふれている。

自分も、そして他人も嘘をつきながら生きていく。

この曲は嘘を信じる事のできる強さを持たなければならないというメッセージが込められている。

最後の"それすら・・・"という歌詞によって、何もかもが嘘なのか・・・という恐怖心が余韻に残り聴き終える。

なぜこんな恐ろしい曲を『HOME』という優しいアルバムに収録したのだろう。

>>>"優しさ"に特化した70分越えの大作!13thアルバム『HOME』【アルバムレビュー】

ひとこと

嘘を信じる事は難しい

「フェイク」の評価

5点満点中3点

アルバムに全然合わない笑



-音楽レビュー, Mr.Children, 13thアルバム『HOME』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.