【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 6thアルバム『BOLERO』 シングル

【ミスチル】ミスチルの黒歴史。。。「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年2月22日 更新日:

ミスチル「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」

出典:https://www.amazon.co.jp

1994年12月12日発売。前作6thシングル「Tomorrow never knows」がこの1ヶ月前に発売されており、本作はとても早いスパンでの発売であった。

>>>SMAPとも関係がある大ヒット曲「Tomorrow never knows」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

元々は6thシングルのカップリングとして収録される予定だったが、出来が良かったために7thシングルとしての発売となった。

この記事の概要

  • 「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」のみんなの評価は?
  • 「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/7thシングル「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」

そもそも「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」って?

6thアルバム『BOLERO』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが1994年12月12日に発売した7thシングル。

元々は6thシングルのカップリングとして収録される予定だったが、出来が良かったために7thシングルとしての発売となった。

今までのミスチル像をぶち壊すようなハードロックな曲調と過激で具体的な内容の歌詞が特徴的である。

これをシングルにした勇気がすごい。

累計売上は124万枚と前作からはかなり減少したものの、見事にミリオンセラーを記録。

正直、ミスチル現象と呼ばれる大ブレイク期に発売されていなかったらミリオンセラーは記録していなかったと思う

桜井の嫌いな1曲!?

黒歴史ノートのイラスト

2017年12月に桜井がラジオ番組『大谷ノブ彦のキスころ』にて、「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」に対して「この曲の何が良いのか分からない」と発言した(笑)。

もう40を過ぎた桜井にとって、この曲はあまりにも攻撃的すぎたのだろうか。

たしかに、この曲は若気の至りで制作された気がしなくもない。

「あのミスチルがこんな曲を歌うの!?」という世間の反応を狙った1曲だと思うので(だからシングルにしたのだろうけど)、今になって振り返ってみると桜井にとって黒歴史な1曲なのかもしれない。

ひとこと

もうこういう曲をシングルにしないだろうなぁ。。。

「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」のみんなの評価は?

山田さん
適度にお遊びが入ってる、まあ普通な曲って感じ。
Mステでこんなのも出来るんだぞーと言わんばかりに唄ってた桜井さんが印象深いです。
佐藤さん
阿部さん
桜井曰く「サザンの『勝手にシンドバット』的なパーティソング」らしく、かなりアップテンポな曲となっている。 しかし、歌詞は社会とミスチル現象を痛烈に批判したものであり、当時としては異例のノンタイアップだった
アップテンポなロックチューン。印象に残るようなフレーズが散りばめられていて、好きです。
田原さん
木村さん
荒れ気味の疾走感が爆発しまくり

ひとこと

Mステでは大量のダンサーとともに桜井が踊ってた(笑)


スポンサーリンク

ここからは管理人の「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」独自解釈!

【everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-/歌詞解釈①】サラリーマンと枕営業・・・

疲れたサラリーマンのイラスト

この曲は1番と2番の歌詞の内容はまったく違う。

ただ、1つ共通することは一生懸命に生きる人(秩序のある人)と、ずるがしこく生きる人(秩序のない人)との対比関係が描かれていること。

1番の歌詞の冒頭ではサラリーマン(秩序のある人)に対しての応援を歌っている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

複雑に混ん絡がった社会だ 組織の中でガンバレサラリーマン知識と教養と名詞を武器にあなたが支える明日の日本

この冒頭の歌詞を見ると「この曲はサラリーマンに向けた応援ソング」かと思うが、実際は全く違うことに注意。

副題の"秩序のない現代にドロップキック"のとおり、「必死でサラリーマンが働いてる世の中で、ずるがしこくて秩序のない奴らばかりだ(>_<)」という嘆きのような内容が1番の歌詞なのだ。

そんなサラリーマンの応援を歌った直後では、上京して3年の女優を目指す女の子(秩序のない人)の物語が描かれている。

しかし、その女の子はなかなかゲスい。

次の引用した歌詞を見てほしい。

地道なダイエットの甲斐もあってカメラの前で悩ましげなポーズそしてベッドじゃ社長の上に股がって

女優として売れるために枕営業をしている。

サラリーマンが必死で頑張っているにもかかわらず、世の中にはこの女の子のように苦労しないでどうにか夢を叶えようとしている奴がいるのだ。

ただ、枕営業というのは事務所に強制的にやらされるものだったりするのだろうか(?)

そこらへんはよくわからないが、この曲のコンセプトを考えるとこの女の子は秩序のない人ということなので、自ら進んで枕営業をしているのだろう。

ひとこと

いやな世の中だ

【everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-/歌詞解釈②】親と子の悲しき現実

お弁当を食べる女子学生のイラスト

2番の歌詞ではある親子について描かれている。

まずはその親(秩序のある人)についての歌詞を引用したので見てほしい。

愛する一人娘の為に良かれと思う事はやってきた教育ママと近所に呼ばれても結構家庭円満なこの18年間

18年間愛する我が子のために必死で頑張ってきたお母さん。

では、そんなお母さんに育てられた娘はどういう子なのだろうか。

それは直後の歌詞で明かされる。

娘は学校フケてデートクラブで、家に帰りゃまたおりこうさん可憐な少女演じている

お母さんのことを思うと、切なくなる歌詞だ。

必死に育て上げた娘は、親の目を盗んで学校をさぼり、デートクラブ(男性と女性がデートをし、その対価として男性は女性に金銭を渡すというシステム)に入り浸っているのだ。

まさに秩序のない人である。

ひとこと

親に感謝してほしい


スポンサーリンク

まとめ

6thアルバム『BOLERO』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

桜井は秩序のない人にドロップキックしたがっている。

しかし、それは"人"だけではない。

ブレイク期だからこその面白い歌詞があるので、最後にそちらを紹介したい。

退屈なヒットチャートにドロップキック

簡単に1位、さらにはミリオンセラーを獲得してしまうヒットチャートにドロップキックしたがっているのだ(笑)。

かっこいい歌詞である。

 

ミスチルにおけるシングルの中では珍しく過激でハードロックな1曲。

また、歌詞が具体的で面白いのでぜひ聴いてみてほしい。

「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」の評価

5点満点中3点

簡単にミリオンヒットしてた時期だからこそのシングル



-音楽レビュー, Mr.Children, 6thアルバム『BOLERO』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.