【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 6thアルバム『BOLERO』

【ミスチル】桜井が"寒い"と評した歌詞!?「幸せのカテゴリー」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年3月4日 更新日:

「幸せのカテゴリー」のイメージ

収録アルバム『BOLERO』においてシングル曲を除くと、社会風刺ソングや精神論についての曲が多い中、この曲は数少ないラブソング。肩の力が抜けるさわやかで穏やかな曲調であるが、内容は恋人との別れを描いたものになっている。

この記事の概要

  • 「幸せのカテゴリー」のみんなの評価は?
  • 「幸せのカテゴリー」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/6thアルバム『BOLERO』の9曲目「幸せのカテゴリー」

そもそも「幸せのカテゴリー」って?

Mr.Childrenが1997年3月5日に発売した6thアルバム『BOLERO』に収録されている。

爽やかな曲調のラブソングになっているが、歌詞はけっこうドロドロしている。

それもあってか、この曲の歌詞に関して桜井は「寒い詞」と語っている。

たしかに、どことなく"恥ずかしい"さを感じる(笑)。

ただ、『BOLERO』にはこういう素朴なラブソングは他にないのですごくありがたい。

「クラスメイト」や「ありふれた Love Story 〜男女問題はいつも面倒だ〜」が好きな人はこの曲を絶対に好きになると思う。

>>>同級生との浮気を描いたムーディーソング「クラスメイト」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>"普通な二人"の"普通の恋愛"を描く「ありふれた Love Story 〜男女問題はいつも面倒だ〜」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ひとこと

キャッチーなのでベストアルバムに収録しても良かった気がする

 「幸せのカテゴリー」のみんなの評価は?

山田さん
懐かしさを感じさせるギターの旋律が印象的な曲。木琴が可愛らしい。 曲調こそ初期の爽やかポップスだが、その実歌詞はとっても鬱で、アルバム中一番暗い。
一見ほのぼのちっくな雰囲気の曲だが、実はかなりドロドロした内面を描いた傑作 この曲に同感できる恋人(妻)持ち、多いはず・・
佐藤さん
阿部さん
最近の明るくポップなミスチルっぽい、メロディ・アレンジの曲で。詞も明るめ このアルバム全体を通してみると、少し浮いてる感は否めない
ほのぼのしてていい。基本的にボレロは捨て曲ない。
北野さん
田原さん
これもすごくいい曲。メロディーが頭から離れない。飾り付けの少ない、シンプルなバンドサウンドがいい感じ。 とにかく耳障りがすごくいいが、何回聴いても飽きない良さがある。

ひとこと

ほのぼの感が良い


スポンサーリンク

ここからは管理人の「幸せのカテゴリー」独自解釈!

【幸せのカテゴリー/歌詞解釈①】あの頃の興奮はもうない

恋愛のイラスト(若者)

タイトルの「幸せのカテゴリー」とは"幸せの範疇"という意味。

これはようするに、この曲はある物事(特に恋愛面)に対しての「これは幸せか、それとも幸せじゃないか」の判断がつかなくなっている主人公の物語なのだ。

1番の歌詞では主人公と恋人が冷め切った関係にあることがわかる。

つまり、2人はもう別れる寸前である。

次の引用した歌詞を見てほしい。

出会った日の弾む鼓動は日常と言う名のフリーザーの中でとうに凍りついてる

この歌詞はすごく秀逸だと思う。

恋人と初めて出会った日というのはやっぱり興奮度が高い(笑)。

逆に言うと、出会った日が頂点でそこから徐々に冷めていってしまうこともある。

主人公は恋人と過ごす日々が近頃では悪い意味で"日常化"していたのだ。

つまり、新鮮さがなくなったのである。

そんな状態を"フリーザー(冷凍庫)の中"と表現しているのだ。

もう出会った頃のような"弾む鼓動"は凍りついてしまったのである。

ひとこと

日常化してしまうと嫌だ

【幸せのカテゴリー/歌詞解釈②】主人公の理想としていたカップル像とは?

デートのイラスト「仲良しカップル」

1番のサビで主人公と恋人がいかにして冷め切った関係になっていったのかがわかる。

次の引用した歌詞を見てほしい。

傷つくこと傷つける事が互いになんとなく面倒くさかっただけ 形式だけに目を奪われてただスマートに納まってようとした二人

お互い傷つけないように、そして傷つかないために本心を隠して恋をしていたのだ。

"形式"とは理想のカップルという意味だろう。

つまり、カップルというのは喧嘩をしないラブラブなだけの関係が主人公と恋人は理想としていたのである。

だから、2人の中に溜まっていく相手への不満が冷めた関係となる要因になってしまったのだ。

ひとこと

取り繕っていた。。。

【幸せのカテゴリー/歌詞解釈③】運命の人ではなかった(^_^;)

占い師のイラスト

2番の歌詞では、上手くいってるように思えた日々を思い出している主人公の様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

誰かの忠告も聞かず不吉な占いを笑い飛ばしてた まだ無防備だった頃

まだ(表面上では)ラブラブだった頃は周りの忠告に聞く耳を持たなかった主人公。

これはつまり、周りから見ても主人公と恋人の関係はあまりにも機械的過ぎていたのだろう。

また、この歌詞で面白いのが"不吉な占い"である。

これは遠回しに主人公と恋人は"お互い運命の人ではない"ということをあらわしている。

やっぱり自分が自然体でいても、一緒にいて居心地が良い人が運命の人なのかもしれない。

ひとこと

不吉な占いを信じる価値はあるかも。。。笑


スポンサーリンク

まとめ

最後に大サビの歌詞を引用したい。

主人公がついに表面上だけでラブラブだった2人の関係はやっぱり間違っていて、自由に恋愛をすることが良いと気づくのだ。

愛し方ってもっと自由なもんだよ 君いつしかその事に気付くのだろう じゃあその日まで さよなら幸せのCategory

自然体で恋人を愛する。

そして、不満があるときは遠慮せずに言う。

そんな関係性こそより長く続いていく秘訣なのかもしれない。

こうして主人公の恋愛に対する幸せのカテゴリー(恋愛における「これは幸せか、それとも幸せじゃないか」の判断)は影を潜めることになる。

つまり、当分は恋愛はしないでおこうという主人公の疲れ切った心境が最後の"さよなら幸せのカテゴリー"という歌詞でわかるのだ。

ひとこと

この曲の内容は、共感する人が少なくないと思う

「幸せのカテゴリー」の評価

5点満点中4点

寒い歌詞だけど、普通に良い曲だと思う(笑)



-音楽レビュー, Mr.Children, 6thアルバム『BOLERO』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.