【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 6thアルバム『BOLERO』 シングル

【ミスチル】"激動の年"に発売されたから意味がある「【es】 〜Theme of es〜」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年2月22日 更新日:

ミスチル「【es】 〜Theme of es〜」

出典:https://www.amazon.co.jp

1995年5月10日発売。5月10日というMr.Childrenのデビュー記念日での発売だった。これぞミスチルらしい曲調で、ハードロックの前作「everybody goes
-秩序のない現代にドロップキック-」から売上が30万枚上がり、およそ累計157万枚を記録した。

>>>ミスチルの黒歴史。。。「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

この記事の概要

  • 「【es】 〜Theme of es〜」のみんなの評価は?
  • 「【es】 〜Theme of es〜」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/8thシングル「【es】 〜Theme of es〜」

そもそも「【es】 〜Theme of es〜」って?

Mr.Childrenが1995年5月10日に発売した8thシングル。

累計売上157万枚を記録し、これにより5作連続ミリオンセラーを達成。

まさに大ブレイクまっただ中にあった。

タイトルの"es"とは精神分析学上の言葉で感情、欲求、衝動、過去における経験が詰まった部分で、さらには人間の動因となっている性欲動と攻撃性が発生している部分のことらしい。

簡単に言いかえると"人間を突き動かさせるもの"

当時のMr.Childrenはこのesという言葉をとても意識していた。

例えば、前作「everybody goes-秩序のない現代にドロップキック-」のPVにはエス君と呼ばれるキャラクターが登場したり、1995年に公開されたドキュメンタリー映画のタイトルが「【es】 Mr.Children in FILM」である(この映画の主題歌が本作)。

おそらく、ブレイクによりあわただしく周りの環境が変わるなかで、自分の中にある"es"だけが信用できるものだとメンバーは考えていたのだろう。

1995年という、激動の年

関連画像

出典:http://kobe117shinsai.jp

ちなみに、この曲が発売された1995年は大災害・大事件が起こった激動の年であった。

まずは1月17日に阪神淡路大震災が発生。

3月には地下鉄サリン事件発生。

日本にとってまさに激動の年。

そんな中で発売された「【es】 〜Theme of es〜」。

サビの"何が起こっても変じゃないそんな時代さ"というフレーズがこの1995年の背景を知ることで、より身に染みるはず。

ひとこと

1995年は激動だった

「【es】 〜Theme of es〜」のみんなの評価は?

山田さん
ミスチルの中でも最高峰のバラード。 美しいメロディと心に響く歌詞。展開もいいですね。 サビの高揚感が素晴らしい!
お得意のストリングス多用バラード。 tr.3と4の後に聴くと、心が癒されるような感じがする。アルバムとの違和感が多少あるが。
北野さん
佐藤さん
スケールが大きく深みがある曲。 歌詞が心に響くなぁ。 文句無しの名曲でしょう。
いかにもミスチルらしい、歌謡バラード。 序盤はアコギだけの演奏から、徐々にその他パートとオーケストラが入ってきて壮大な曲となる。 Cメロだけ、挑戦的な作りになっていて他の部分と雰囲気が違うが、上手く曲に馴染ませているのは桜井の力か
木村さん
鈴木さん
辛い事があると必ず最後に聴いてしまう。 この曲を作ってくれただけでも、ミスチルに大感謝。

ひとこと

ブレイク期の中では影が薄いシングルになってる気がするけど、名曲には違いない


スポンサーリンク

ここからは管理人の「【es】 〜Theme of es〜」独自解釈!

【【es】 〜Theme of es〜/歌詞解釈①】勲章という、自分自身を縛り付けるもの

勲章・メダルのイラスト(赤)

 

この曲は桜井がMr.Children、および自分自身に向けて歌ったものだ。

1番の歌詞では大きくなっていったMr.Childrenという存在への不安が歌われている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

手にしたものを失う怖さに縛られるぐらいなら勲章などいらない

この歌詞は当時のMr.Childrenが様々な"勲章"を手にしていたことを知ることで深みが増すだろう。

例えば、1994年に「innocent world」で日本レコード大賞を受賞、4thアルバム『Atomic Heart』で当時の邦楽アルバム歴代最高売上を獲得。

>>>元々は普通のラブソングになる予定だった!?「innocent world」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>340万枚を記録したモンスターアルバム!4thアルバム『Atomic Heart』【アルバムレビュー】

そして連続ミリオンセラーと、まさに"勲章"のようなものがMr.Childrenに付与され続けていた。

しかし、そのように手に入れたものがあまりにも大きくて、いつかは無くなってしまうのではないかという不安が桜井にあったはず。

売れ始めた頃はうはうはだっただろう(笑)。

しかし、だんだん知名度も上がりファンも多くなったぶん、やりたいことも縛られてしまうという悲しい現実をひしひしと感じてきたのだろう。

ひとこと

デビューから1年半という速さでブレイクしたからこその不安

【【es】 〜Theme of es〜/歌詞解釈②】愛なんて、幻想に過ぎない・・・

2番の歌詞では愛について歌っている。

1番の歌詞はMr.Childrenについてであったが、2番の歌詞では桜井自身について(特に恋愛面)歌っているのだ。

次の引用した歌詞を見てほしい。

自分の弱さをまだ認められずに恋にすがり傷つけるたび思う「愛とはつまり幻想なんだよ」と

この歌詞では恋にすがり、その恋人を傷つけてしまうことで自分自身の弱さを隠そうとしていることがわかる。

しかし、思いつくのは結局愛は幻想なんだということ。

1番の歌詞にあった"勲章"もこの歌詞の"愛"というのも、当時の桜井にとっては幻想のようなもので自分を縛るネガティブな存在なのだ。

だからこそ、信じるべきものは自分の中にある、自分を突き動かす"es"だけだという考えに至ったのだろう。

ひとこと

ネガティブだ。。。


スポンサーリンク

まとめ

この曲でおそらく最も桜井が伝えたかったであろう歌詞が終盤で登場する。

その歌詞がこちら。

裸になってさ君と向き合ってたい Uh 栄光も成功も地位も名誉もたいしてさ意味ないじゃん

Mr.Childrenは栄光・成功・地位・名誉を手に入れた。

しかし、そんなものはたいして意味がないと桜井は考えている。

1番の歌詞にあったが、逆に自分を縛りつけるものでもある。

だからこそ、何も手に入れていない状態、つまり、裸になりたい願望があるのだ。

当時の桜井の心境を知る事ができる貴重な1曲なので、ぜひ歌詞を味わいながら聴いてほしいと思う。

「【es】 〜Theme of es〜」の評価

5点満点中4.5点

スターになっていくミスチルだけど、この曲を聴けば当時は色々苦労があったと分かる



-音楽レビュー, Mr.Children, 6thアルバム『BOLERO』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.