【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 9thアルバム『Q』

【ミスチル】"夢"は"良いもの"ではない!?「Everything is made from a dream」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年4月1日 更新日:

「Everything is made from a dream」のイメージ

この曲は「その向こうへ行こう」と同じく、作曲にMr.Childrenと記載されている貴重な1曲。

>>>"ある漫画"をテーマに制作された「その向こうへ行こう」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

また、曲調もマーチを主軸としていたり、途中で始まる台詞にはメンバーの声が収録されているなど、良い意味でミスチルらしくない1曲でもある。

この記事の概要

  • 「Everything is made from a dream」のみんなの評価は?
  • 「Everything is made from a dream」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/9thアルバム『Q』の10曲目「Everything is made from a dream」

そもそも「Everything is made from a dream」って?

Mr.Childrenが2000年9月27日に発売した9thアルバム『Q』に収録されている。

曲調がマーチを主軸にしており、独特で不思議な雰囲気が漂っている。

どことなくキャッチーでアップテンポだけれど、マーチ感が苦手な人がけっこう多そう。

タイトルの「Everything is made from a dream」は日本語で"万物は夢から創造されている"という意味。

つまり、この曲のテーマは夢の善し悪し。

「夢という響きは良いけれど、実際は・・・・・・。」

そんなメッセージ性の強い1曲なのだ。

ひとこと

『Q』の世界観にあってる1曲だと思う

「Everything is made from a dream」のみんなの評価は?

鈴木さん
自然に体がノってきます♪軽やかなポップです!
つかみ所のないメロディーが良い
北野さん
木村さん
Q屈指の名曲。ちょっとポップだけど、こんな雰囲気の曲は大好きすぎて泣けてきます。 あぁ、楽しそうだ。
曲名通り「全ては良くも悪くも夢で出来ているんだよ」という曲。ミスチルらしいポップソング。 ちなみに間奏でのセリフはメンバーの声も入ってます。
山田さん
田原さん
マーチ風のリズムを持つ曲。雰囲気は楽しいのだが、アルバム全体から見ると印象がかなり薄い。

ひとこと

楽しげな雰囲気


スポンサーリンク

ここからは管理人の「Everything is made from a dream」独自解釈!

【Everything is made from a dream/歌詞解釈①】憂鬱な主人公。その理由は?

情報過多で苦しむ人のイラスト

1番の歌詞では、近代化が著しい現代について行けない主人公の様子を描いている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

ハイスピードで近代化は進む でもなんとなくメランコリック

"メランコリック"(melancholic)とは日本語で"憂鬱である様"という意味。

近代化は進めば進むほど、生活は楽になるはず。

しかし、主人公は憂鬱。

なぜだろうか。

その答えが2番の後から始まる台詞で明かされる。

一部を引用したので見てほしい。

今また僕らは僕らだけの幸福の為に 科学を武器に生物の命までをもコントロールしようとしている

この世は過去の人たちの"夢"から創られたものだ。

より良い生活を、という理由で素晴らしい技術や文明が発展していったのである。

しかし、それらと同時に生物の命を脅かす兵器までもが(望まない形で)生まれてしまったのも事実。

この曲の台詞の中では、例として"核爆弾"と"細菌兵器"を挙げている。

その2つも誰かの夢から創られたものなのに、誰かが悪用して、兵器と化してしまったのである。

ようするに、夢のなれの果てがこの近代社会なのだ。

主人公が憂鬱になるのも理解できる。

子どもの頃に憧れていた未来都市は、夢が兵器に変えられた世界なのだから・・・。

ひとこと

夢は兵器に変わる

【Everything is made from a dream/歌詞解釈②】この先生きていく上で、あの頃の情熱が必要

「夕焼け空を撮影する少年夕焼け空を撮影する少年」のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞ではある人物が登場する。

ブルースリーとジョンレノンだ。

この偉大な2人はもうこの世にいない。

子どもの頃の主人公にとって、2人はスターであり憧れだったのだろう。

つまり、2人のいない世界は主人公にとっての未来、未知なる世界なのである。

心細いけれど、生きていくしかない。

次の引用した歌詞を見てほしい。

あの情熱を あの感動を遺伝子に刻もうか

主人公が子どもの頃に2人を見て感じた、情熱と感動。

この先近代化が進んでいくというのは、止めることはできない。

だからこそ、あの頃の情熱と感動が必要なのだ。

それらは悪用されない純粋な感情。

ひとこと

"夢"とは違い、情熱と感動は悪用されない


スポンサーリンク

まとめ

私たちが生きていく上で夢はかかせないもの。

だから、その夢を良い方向に使うのか、はたまた悪い方向に使うのかは私たち次第なのだ。

この曲が伝えているメッセージは非常に考えさせられる。

ひとこと

楽しげな1曲だけれど、内容は深い

「Everything is made from a dream」の評価

5点満点中3点

「やっかいだな夢は 良くもあり 悪くもある」



-音楽レビュー, Mr.Children, 9thアルバム『Q』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.