【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 2ndアルバム『Kind of Love』

【ミスチル】この曲を題材にした幻のライブがあった!?「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月16日 更新日:

「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」のイメージ

6分を越える曲で、収録アルバム『Kind of Love』では最長である。(I〜II)とあるように、2部構成となっている。

この記事の概要

  • 「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」のみんなの評価は?
  • 「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/2ndアルバム『Kind of Love』の10曲目「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」

そもそも「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」って?

2ndアルバム『Kind of Love』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが1992年12月1日に発売した2ndアルバム『Kind of Love』に収録されている。

2部構成になっており、『Kind of Love』の中では6分8秒と最長の演奏時間。

ただほとんどが1部であり、6分のうちの約1分30秒くらいが2部である。

ノスタルジーに浸れる1曲で、個人的にはかなり好き。

あまり有名ではないけれど、一度は聴いてみてほしい。

この曲を題材にした幻のライブがあった!?

ちなみに、1994年1月にはこの曲を題材にしたライブ『'94 Special Concert』が3日間限定で開催された。

『'94 Special Concert』は「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」と同じく2部構成になっている。

1部はアコースティック、2部はバンドスタイルになっていた。

このライブは今現在映像化されていないため幻のライブになっている。

ひとこと

どういうライブだったんだろう。。。

「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」のみんなの評価は?

山田さん
前の曲星になれたらが「旅立ちの決意」ならこれは「頑張ってなんとかやってる」歌、そう思うと現実感が出て来てなんだか苦い。後半で曲が変わる。歌詞を見ると痛々しい
テーマに良さが感じられた曲。 なんかその後のミスチルのつながる曲のような感じがする。 初期が嫌いなおれは少しショボーン
佐藤さん
田原さん
Mr.Childrenファンの10代よ! ティーンエイジ・ドリーム ⅰ~ⅱ きくべし!!!!!!
ティーンエイジの頃にミスチルのティーンエイジ・ドリーム(Ⅰ〜Ⅱ)が好きだったがティーンエイジじゃなくなってからティーンエイジ・ドリームを聴くと味わいが変わるティーンエイジ・ドリーム。
阿部さん
滝さん
いいなーこの曲。10代の頃の何処か懐かしくて、すこしほろ苦い青春の日々が蘇ってくる。もう一度やりなおしたいなぁ~

ひとこと

あの頃が、よみがえります。。。


スポンサーリンク

ここからは管理人の「ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)」独自解釈!

【ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)/歌詞解釈①】なんでも噂になりがちな学生時代(笑)

食堂のイラスト(学校)

内容は主人公が十代の頃を思い出してノスタルジーにかられるというもの。

主人公が部屋を片付けているときに懐かしい"想い出達"が出てきたというところから物語は始まる。

1番の歌詞では学生時代の思い出がよみがえり、主人公の甘酸っぱい青春のエピソードが語られる。

次の引用した歌詞を見てほしい。

あの娘のそばでいつもふざけてばかりいた放課後
みんなの噂になって上手く話せなくなった

この歌詞は共感する人が少なからずいるのではないだろうか。

放課後に友達の女の子とただふざけて遊んでいた。

学生の頃はこういう男女の関係にけっこう敏感で、ただの友達だとしても「付き合ってるんじゃないか?」と噂になりがちである(笑)

主人公もやはり噂になってしまう。

噂になってしまうと、どこか気恥ずかしくなる(^_^;)。

そうなると、あまり素直に話せなくなってしまのだ。

そんな甘酸っぱくて思春期らしいエピソードを思い出した主人公であった。

ひとこと

本当になんでも噂になりがちだ

【ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)/歌詞解釈②】流行っていたあの曲も、今では過去のもの・・・

「駄菓子屋の店先駄菓子屋の店先」のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞では1番の歌詞の中で言及された"想い出達"の中の1つについて語られる。

その1つとは"レコード"である。

次の引用した歌詞を見てほしい。

誰かが忘れていった埃をかぶってる68Gunsすりきれて針がはねては同じフレーズを繰り返してるよ

この歌詞の"68Guns"とは洋楽バンドThe Alarmの曲。

その曲が発売されたのが1983年。

桜井の年齢を考えると、1983年は13歳。

まさに青春時代である。

そんな68Gunsのレコードがすりきれて、同じフレーズを繰り返している。

当時はきっと主人公にとって流行りの曲だったのだろう。

しかし、今ではそんな曲も埃をかぶった過去のものである。

ノスタルジックで切ないが、共感できる歌詞である。

ひとこと

"流行りもの"もいつかは"過去のもの"になる

【ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)/歌詞解釈③】合理的な主人公

掃除をしている学生のイラスト

ティーンエイジ・ドリーム(十代の頃の夢)はみなさんにもあったはず。

しかし、それを叶えた人はごく少数であろう。

社会の現実をまだ知らなかったから、十代の頃は大きな夢をもっていたはず。

次の引用した歌詞を見てほしい。

もうあの時は戻らないから新しい夢を抱きしめていよう

あの頃の思い出は大切。

それに対して、あの頃の夢は現実的に考えると、叶えることはできない。

捨てるべきものは捨て、残すものは残す。

主人公はとても合理的なのかもしれない。

ひとこと

ここまでが1部の内容

【ティーンエイジ・ドリーム (I〜II)/歌詞解釈④】狂ってしまった主人公!?

ふさぎ込む人のイラスト(男性会社員)

さて、2部になるとちょっとだけ雰囲気が変わる。

なぜならば、桜井の声が加工されており、歌詞が全てカタカナなのである。

1部のほのぼのとあの頃を思い出している主人公とは打って変わり、欲望全開の主人公が描かれている(^_^;)。

例えば、次の引用した歌詞を見てほしい。

コノテデセカイヲウゴカシテ イチニチジュウワラッテイタイ(この手で世界を動かして 一日中笑っていたい)

狂ってしまったのだろうか。

このように、主人公の叶いそうもない夢が全部で5回歌われるのである。

主人公はノスタルジーにひたっているうちに現状に対する不満が爆発してしまったのだ。

ひとこと

過去を思い出すと、現状に不満を感じる。。。


スポンサーリンク

まとめ

2ndアルバム『Kind of Love』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

ノスタルジーに浸ることで生まれる甘酸っぱくて切ないポジティブな感情(1部)現状がより悪く見えてしまうというネガティブな感情(2部)を表した傑作。

ライブでも全然歌われることがなく影がかなり薄い1曲だけれど、本当に傑作だと思うのでぜひ聴いてみてほしい。

ひとこと

ノスタルジーに浸りたい人はぜひ。。。



-音楽レビュー, Mr.Children, 2ndアルバム『Kind of Love』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.