【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 13thアルバム『HOME』 シングル

【ミスチル】"ある理由"で影が薄くなったシングル!?「箒星」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年5月12日 更新日:

「箒星 ミスチル」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

シングルとしては久々の肩の力を抜いて聴ける爽快ソング。若々しい歌詞が当時35歳前後のメンバーには合わないように聞こえるが、あえて中年に差し掛かった彼らが演奏することで深みが増している。

この記事の概要

  • 「箒星」のみんなの評価は?
  • 「箒星」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/28thシングル「箒星」

そもそも「箒星」って?

13thアルバム『HOME』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

13thアルバム『HOME』のレビュー

1.叫び 祈り*

2.Wake me up!

3.彩り

4.箒星(28thシングル)

5.Another Story

6.PIANO MAN

7.もっと

8.やわらかい風

9.フェイク(30thシングル)

10.ポケット カスタネット

11.SUNRISE

12.しるし(29thシングル)

13.通り雨

14.あんまり覚えてないや

*はインストゥルメンタル

Mr.Chldrenが2006年7月5日に発売した28thシングル

前作『四次元 Four Dimensions』からおよそ1年ぶりのシングルである。

>>>人生を"ヒッチハイク"で例えた名曲「未来」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>タイアップ先のCMが放送禁止に。。。「and I love you」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>どこにでもいそうな中年男を描いた1曲「ランニングハイ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>最も不遇な扱いを受けてる名曲!?「ヨーイドン」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

前作が4曲A面というゴージャスなシングルだったので、本作は影が少し薄いイメージがある(^_^;)。

さらに、次作「しるし」が70万枚を越えるヒットを記録するのでなおさら本作の影が薄くなってしまった・・・。

>>>なぜ70万枚以上もヒットしたのか?「しるし」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

本作の累計売上は40万枚。

当時のミスチルにとってこの売上ははかなり低いもので、ブレイク前に発売した初期のシングル3作を除くと最低売上だった

久々に肩の力を抜いて聴けるシングル!!

「HERO」や「Sign」などといった、いわゆる高尚な内容のシングルを発売してきた当時のミスチル。

>>>シングルとしては初の"命"をテーマにした1曲「HERO」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>"第2次ブレイク期"を告げたシングル!?「Sign」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

そんな彼らにとって、本作は久々に肩の力を抜いて聴けるシングルとなった。

若々しさ溢れるメロディーと歌詞。

どこか21stシングル「youthful days」にも通じる1曲だ。

>>>2000年代で最も重要なシングル「youthful days」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

35歳前後のメンバーにとってこんなにも若々しい曲をシングルにするのは意外と勇気がある決断だと思う。

実際、ギター担当の田原は「この歳になって歌うような曲じゃない」という発言をしている(笑)。

このような若々しさ溢れる曲がシングルになるのは本作を最後になくなってしまった。

ぜひ、この曲が持つエネルギッシュさを体感してみてほしい。

ひとこと

若々しすぎる!

「箒星」のみんなの評価は?

山田さん
メインリフがお気に入り。 元気の出る曲調ですが、歌詞はポジティヴかつネガティヴ。 メンバー曰く、「もうこの歳で歌うような曲じゃない」と。 なんだか、分かる気もするな。
久々にミスチルがバンドだと思える。 疾走感あふれるメロディーに、「箒星」という刹那で願掛けのモチーフ。曲とアレンジ、そして歌詞、完全にマッチしている。完璧。
佐藤さん
鈴木さん
爽快感。軽音の友達が文化祭でやっててかっこよかったなぁ… サビがかっこよすぎる曲
ミスチルの『箒星』って曲がめちゃくちゃ好きです あのストレートな感じと、明るいメロディー ポップで良いです
北野さん
阿部さん
「箒星」の「君は知ってんだろ僕の大風呂敷を」のところのベース好き。

ひとこと

あえて35歳前後のミスチルが歌うからこそ、意味があるのかな


スポンサーリンク

ここからは管理人の「箒星」独自解釈!

【箒星/歌詞解釈①】人間関係の脆さ

複雑な人間関係のイラスト(棒人間)

 タイトルの「箒星」は"彗星(すいせい)"の異名である。

彗星は光の尾を引いて消えてゆく星。

つまり、この曲は私たちはまるで箒星のように、きらきらと輝きながら生きることができるんだというポジティブなテーマになっている。

1番の歌詞では他人との関係の難しさを描いている。

主人公は寝れない日が続き疲れている。

そんな疲れによって自分以外の"君"という存在にまで悪い影響を与えてしまった。

次の引用した歌詞を見てほしい。

かすれた僕の声がはしゃいでる君の気持ちを曇らせた

他人との関係は意外と脆い。

曲中では主人公と"君"がどういう関係なのかは明らかにされないけど、歌詞を見ると恋人同士のような気がする。

やっぱり、恋人同士だとお互いより敏感になるしすぐに別れてしまうこともしばしばだ。

ひとこと

些細なことで崩壊することもある。。。

【箒星/歌詞解釈②】どんな年齢になっても輝く未来が待っている

元気な中年男性のイラスト「階段をのぼるおじさん」

このような人間関係に疲れてしまったとき私たちは悩んでしまう。

この曲はそんな悩みを解決してくれる。

それが「僕たちには未来があるからヘッチャラさ!」という楽観的すぎる考えである(笑)。

次の引用した歌詞を見てほしい。

君は知ってんだろう?僕の大風呂敷を 今 そいつで未来を盗むからさぁ手伝って

この歌詞はまさに主人公のありあまる未来への期待を描いている。

未来を手に入れることができる"大"風呂敷を持っている主人公。

つまり、主人公はまだまだ未来がある人なのだ。

あえて"若者"という表現は使っていない。

それはきっとこの曲で当時35歳の桜井が伝えたかった「中年になろうとも、誰にだってキラキラした未来がある」というメッセージに由来しているのだろう。

ひとこと

中年だからこそ若々しく

【箒星/歌詞解釈③】私たちは「箒星」

「北アルプス大橋からの夜景北アルプス大橋からの夜景」のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞でも人間関係の難しさを描いている。

言葉にすることで生まれてしまう悲しみ。

それでも人とコミュニケーションをとる上で言葉は必要不可欠。

そうして人間関係が上手くいかなくて心を閉ざしてしまう人もいるはず。

だけれど、私たちは「箒星」。

輝くことができるし、明るい未来がある。

次の引用した歌詞を見てほしい。

僕らは未来の担い手 人の形した光 暗闇とじゃれ合っては眩しく煌めく「箒星」

心救われる歌詞だ。

この歌詞こそこの曲の根幹になっているもの。

生きてれば暗闇とじゃれあい病んでしまうこともある。

それでも忘れてはいけないのは私たちは"人の形した光"だということ。

暗闇を照らすことができ、そして明るい未来が待っているのだ(^^)/。

ポイント

人の形した光←これ良い言葉だと思う


スポンサーリンク

まとめ

13thアルバム『HOME』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

13thアルバム『HOME』のレビュー

1.叫び 祈り*

2.Wake me up!

3.彩り

4.箒星(28thシングル)

5.Another Story

6.PIANO MAN

7.もっと

8.やわらかい風

9.フェイク(30thシングル)

10.ポケット カスタネット

11.SUNRISE

12.しるし(29thシングル)

13.通り雨

14.あんまり覚えてないや

*はインストゥルメンタル

前後のシングルの存在感が大きいので、影の薄いシングルになってしまった本作。

それでも、キャッチーだし爽快感があってノリノリになれる。

若い人だけでなく、中年の人にも聴いてほしい1曲だ。

「箒星」の評価

5点満点中3.5点

名曲とまではいかないけど、平均点を超える良曲って感じ



-音楽レビュー, Mr.Children, 13thアルバム『HOME』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.