【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 4thアルバム『Hadou』

【稲葉 浩志ソロ】稲葉自身が◯◯と評した1曲!?「主人公」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年2月18日 更新日:

「主人公」のイメージ

電話の着信音のようなメロディーから始まる1曲(笑)適度なロックさなので聴きやすいと思う。ただ、比較的マイナーなので1回聴いただけでは良さがわかりずらいかもしれない。

この記事の概要

  • 「主人公」のみんなの評価は?
  • 「主人公」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ4thアルバム『Hadou』の12曲目「主人公」

そもそも「主人公」って?

稲葉浩志がソロ名義で発売した四枚目のアルバム『Hadou』に収録されている。

この曲は稲葉自身が「稲葉ソロっぽい」と評していることで有名である。

とても勇気をもらえる内容であり、聴けば聴くほど良さが分かる1曲だ。

ひとこと

たしかにソロっぽいかも

「主人公」のみんなの評価は?

山田さん
説得力と共感力のある凄まじい歌詞
稲葉自身「一番ソロっぽい」と語る通り、稲葉のアーティスティックな一面が見られる、と勝手に思っている。
木村さん
阿部さん
「主人公」って曲が良いなと Hadouは名盤
主人公って歌クソかっこいいよね。
佐藤さん
北野さん
今の自分に心の底から歌詞が刺さる… もし稲葉教なるものがあるなら、俺はもう完全にその信者だわ。 それだけ説得力と共感力のある凄まじい歌詞だ…

ひとこと

なんか説得力がある歌詞だ


スポンサーリンク

ここからは管理人の「主人公」独自解釈!

【主人公/歌詞解釈①】ドラマの筋書きはいくらだって変えられる

俳優のイラスト

内容は、自分自身は特別でもなんでもない普通の存在であることを受け入れながらも、ドラマの「主人公」のように生きていきたいと願う男の物語。

このような願いはこの曲の主人公にかかわらず、たいていの人が願っていることだと思う。

1番の歌詞では自分が普通の存在であると気づいた様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

選ばれた人でありたいあるはず くいさがってきたけど でもどうやらボクはまったくフツーらしい

選ばれた人であるはずだと思っていたけれど実際はただの普通の人であることに気づいた。

しかしそのようなことに気づいても大丈夫。

なぜならば、自分の人生は自分で変えることができるからだ。

次の引用した歌詞を見てほしい。

ドラマの筋書きを変えてみろよ

まさに人生はドラマである。

さらにドラマの筋書きなんて生きている限り、いくらでも変えることができるのだ。

どんなに自分を普通の人だと思ってしまっても、どうにかして特別な存在となるような生き方をすればいいのだ。

ひとこと

自分の人生は自分でアレンジ出来る!

【主人公/歌詞解釈②】普通の存在であろうとも・・・!

無気力な人のイラスト(男性)

2番の歌詞では、自分が普通の存在だと気づかされたエピソードが語られる。

次の引用した歌詞を見てほしい。

身を挺してきみを守り 筋を通せる男でいたかったけどまちがいなくボクはたいくつな弱虫

この歌詞は恋人との関係について。

自分を男らしくて、特別な存在であると思わせたかったのだろう。

しかし、実際は全然男らしくもない弱虫な自分であることに気づく。

だから恋人にとって自分は普通(またはそれ以下)の存在。

つまり、主人公らしくない自分なのだ(^_^;)

それでも1番の歌詞であったように自分の人生は自分で変えることができる。

次の引用した歌詞を見てほしい。

自分のとんがってるところ見つけたならひたすら磨いてみろよ

1番の歌詞はどのようにしたら自分の人生を変え、主人公のようになれるかを具体的には描かれていなかった。

しかし2番の歌詞では具体的に描かれている。

自分自身のとんがっているところ(得意分野)を見つけて、それをひたすら伸ばしていけば良いのだ。

つまり、誰にだって得意分野1つは絶対にある。

そしてそれを伸ばすことでドラマの主人公のような特別な存在になれることができるのだ。

この記事を読んでいるあなたも、誰にも負けないような得意分野は絶対にある。

ひとこと

得意分野がない人なんていない。。。

【主人公/歌詞解釈③】ブキを1コ、手に入れよう!!

モーニングスターのイラスト(フレイル)

ラストの歌詞では、この曲が最も伝えたいことをシンプルに伝えている。

その歌詞を一部引用したので見てほしい。

ブキを手に入れろ1コしかないやつを

この歌詞での"ブキ"(武器)とは、2番の歌詞にあった"とんがってるところ"(得意分野)である。

自分の得意分野を伸ばして、伸ばしまくる。

そして、それが自分の武器となるのだ。

ひとこと

自分の武器を磨きまくろう


スポンサーリンク

まとめ

誰にも負けない武器(得意分野)を1コでももつことができれば、主人公のような存在になれる。

何かを頑張っている人は特にこの曲は聴いてほしい。

くじけそうになったとき自分を鼓舞してくれる1曲だ。

ひとこと

主人公になろう!




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 4thアルバム『Hadou』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.