【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 4thアルバム『Hadou』 シングル

【稲葉 浩志ソロ】"死"をテーマにした名曲「Okay」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年2月14日 更新日:

「okay 稲葉浩志」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

2010年6月23日発売。シングルとしては、前作「Wonderland」からおよそ6年ぶりという長いブランクを経ての発売となった。

>>>引きこもりを描いた名曲「Wonderland」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ノンタイアップだがオリコン週間最高順位1位を獲得。しかしながら累計売上13万枚と前作からおよそ10万枚減少してしまった。

この記事の概要

  • 「Okay」のみんなの評価は?
  • 「Okay」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ4thシングル「Okay」

そもそも「Okay」って?

稲葉浩志がソロ名義で発売した四枚目のシングル「Okay」。

その後、四枚目のアルバム『Hadou』に収録された。

>>>ボリューム満点の4thアルバム『Hadou』【アルバムレビュー】

かなりキャッチーで稲葉ソロ作品のなかでは比較的ポップ。

個人的には1stシングル「遠くまで」と1位2位を争うほどの大名曲。

>>>悩んだときに聴きたい「遠くまで」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

アップテンポでありながら、歌詞は命のはかなさや時間の流れの切なさをあらわしているというコントラストも最高である。

まだ聴いてない人は絶対に聴くべき。

ひとこと

これは本当に名曲

「Okay」のみんなの評価は?

山田さん
先行シングルなので、キャッチーなサビが耳に残りやすいが、歌詞には相変わらず稲葉が持つ無常観というか、そういうものがひしひしと感じられるのだ。
切ないです。けど、愛情も詰まった1曲です。
鈴木さん
阿部さん
一回目では印象が薄いが、聴き込むほどに味が広がる。 浅いようで、イヤイヤなかなか深い。諸行無常な現実を認識しながらも、束の間のような“今”を精一杯生きなきゃね、という、普遍的なんだけど切ない感傷に浸ってしまいます。
深い、そして果てしなく大きい曲。これってB'zでも感じたことのない 稲葉さん独特の世界観なんでしょうね。
田原さん
木村さん
死生観を感じると共に時間の残酷さが頭を巡ります。 「生」への情熱を感じて背中を押してくれる楽曲。

ひとこと

無常観たっぷりで切ない1曲でもある


スポンサーリンク

ここからは管理人の「Okay」独自解釈!

【Okay/歌詞解釈①】成長の先にあるものは・・・死

「倒れ込むかませ犬倒れ込むかませ犬」[モデル:段田隼人]のフリー写真素材を拡大

この曲の内容はこの世の全てには時間の流れがある限り終わりがあり、いつかは自分や大切な人の命にも終わりがきてしまうことを「Okay」と受け入れるといったものである。

まずは1番のAメロの歌詞を引用したので見てほしい。

感動的な足どりで坂を上ってゆくのはアナタ

この曲で登場する"アナタ"とは、主人公の子どものことである。

つまり、この歌詞は成長をあらわしてるのだ。

親にとってみれば、子どもの成長というのは"感動的"である。

さて、次に1番のBメロの歌詞を引用したので見てほしい。

時間が止まる景色を見てしまうといつもそれを失う未来を想ってはふるえてしまう

この歌詞の"時間が止まる景色"とは、を意味している。

また"それ"というのはAメロにでてくるアナタなどといった、大切な人のこと。

Aメロでは成長という時間の流れを感動的に受けとっていた主人公だが、必ず待ち受ける成長の先にある死を思うとこわくなってしまうのだ。

ひとこと

誰にだって終わりが来る

【Okay/歌詞解釈②】過去のものになるのは必然

「埠頭に座る女性埠頭に座る女性」のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞では時間の流れというのが、無情にも私たちを過去のものにしていくことが描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

色あせた家族写真その時ボクらは何を夢見た今日は今日で近い将来古き良き時代と忍ばれるだろうか

時間の一時点を記録する"写真"。

これは1番の歌詞にある"時間を止まる景色"(死)と酷似している。

しかし当然ではあるが、死んでしまえば夢(未来)を見ることもできない。

写真に写っている、つまり生きている状態であれば夢(未来)を見ることができるのだ。

時間の流れが止まっている写真というものが、死に対する抵抗をあらわしているように見える歌詞である。

また、"色あせた"という表現が時間の流れの切なさをあらわしている。

今日という日もいつかは過去になり"古き良き時代"と呼ばれてしまうときが来るのだ。

ひとこと

今このときも過去になる。。。

【Okay/歌詞解釈③】亡き人達がいたから自分がいる

「日没の太陽と海岸沿い日没の太陽と海岸沿い」のフリー写真素材を拡大

このように、主人公は死んでしまうこと、つまり、自分が過去の人になってしまうことをおそれている。

しかし、だからこそ命は美しいと考えている。

まずはCメロの歌詞を引用したので見てほしい。

夕暮れ グラウンドに響く声 川面をすべる小石の影 誰かの不幸せの上に成り立つ生活

この歌詞での"誰かの不幸せ"とはを意味している。

つまり、この歌詞の意味は亡き人たち(祖先)がいたからこそ私たちは今を生きていくことができているということなのだ。

もし亡き人たち(祖先)がいなかったら自分はいないかもしれないので、夕暮れ、グラウンドに響く声、そして川面をすべる小石などといったありふれた光景でさえも、見ることも聞くこともできない。

この引用した歌詞の直後に"ボクはナニモノ?"という歌詞がある。

亡き人たち(祖先)が築き上げてくれた今の生活を、ただただ生きるだけの自分に主人公はどこか疑問を感じているのだ。

ひとこと

亡き人たちが残してくれた"今"


スポンサーリンク

まとめ

この曲は死という重いテーマが中心にある。

しかしポップな曲調なので重くないし、どこか生きていくことの大切さを感じとることができるはず。

最後にこの曲で一番好きな歌詞を引用したい。

終わりがあるから誰もが切なく輝ける

死があるからこそ、私たちは花火のようにはかなく美しく、そして輝くように生きていけるのだ。

ひとこと

終わりがあるから美しい




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 4thアルバム『Hadou』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.