【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

季節を彩る稲葉浩志の名曲ランキング

【ランキング】稲葉浩志ソロのおすすめ名曲10選!【夏編】

投稿日:2018年3月16日 更新日:

夏を彩る稲葉浩志

夏に聴きたい、稲葉浩志の名曲10選!

青い海、青い空。

そして真っ赤な太陽。

どこか私たちを活動的にさせてくれる季節・夏。

この季節は好きな人と嫌いな人がくっきり分かれる。

あなたは夏が好き?

今回はという季節が嫌いな人は好きに、好きな人はもっと好きになるようなB'z・稲葉浩志の夏を彩るソロ作品10選をランキング形式で発表していきたいと思う。

ぜひ、その10選を聴いて夏を満喫してほしい。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

10位・波

「波」のイメージ

まるで海に浮いているような感覚をもたらすこの曲。

暗い内容だが、タイトル名の「波」のとおり涼しげな海をイメージすることができる。

海に行きたくても行けないという日には、この曲を聴いて海に浮いた感覚を味わってみてはいかが。

9位・JEALOUS DOG

「.JEALOUS DOG」のイメージ

この曲は嫉妬心でメラメラの主人公を描いた作品。

夏は開放的な季節なので、周りにカップルが増えるかもしれない。

そんなときにこの曲を聴いてみてほしい。

おそらくこの曲の主人公に共感するだろうし、よりいっそう暑くなるだろう(笑)。

「JEALOUS DOG」の収録アルバム

8位・ルート53

「ルート53」のイメージ

この曲は稲葉の出身地である岡山県を通る国道53号をテーマにした作品。

歌詞では稲葉の少年時代を彷彿させるエピソードなどが登場する。

田んぼや田舎道など、夏はどこかノスタルジーを感じる季節でもある。

この曲を聴いて、ぜひ自身の子どもの頃を思い出してみては。

「ルート53」の収録アルバム

7位・灼熱の人

「灼熱の人」のイメージ

夏は灼熱の季節。

真っ赤な太陽に照らされる私たちはまさに"灼熱の人"

この曲は灼熱の人に向けた応援歌。

ロックな曲調がより夏のきわどい暑さを強調させてくる。

汗だくになったときにこの曲を聴くと最高だと思う。

「灼熱の人」の収録アルバム

6位・今宵キミト

「今宵キミト」のイメージ

夏は活動的になるがゆえ、欲望が高まる季節でもある。

この曲は主人公の今宵こそは彼女とイチャイチャしたい!という願望がテーマの作品。

わりとポップな曲調なので聴きやすいと思う。

夏の暑さで欲望が高まってどうしようもないときは、ぜひこの曲を聴いて主人公に共感してみてほしい(笑)。

「今宵キミト」の収録アルバム

5位・正面衝突

「正面衝突」のイメージ

この曲をランクインさせた理由は6位の「今宵キミト」と同じ。

この曲も欲望(性欲)がテーマになっている。

夏の夜、暑くてじっとり汗が流れる身体、、、どこか妖艶なイメージをこの曲は連想させる。

ノリノリになれる1曲なので、汗を流しながらこの曲を聴いてテンションマックスになろう。

「正面衝突」の収録アルバム

4位・静かな雨

稲葉浩志「KI」

夏といえども、梅雨の時期を忘れてはいけない。

からっとした爽やかな時期の前に、まるで試練のように訪れるじめっとした梅雨。

そんな時期に聴いてほしいのがこの曲。

雨の朝を舞台にした詩的で小説のような作品。

この曲が持つ非常に強力な没入度により、物語の中に入り込むことができるだろう。

「静かな雨」の収録シングル

3位・Cross Creek

「Cross Creek」のイメージ

青空の下、海岸線をドライブしながら聴きたい1曲。

爽やかな曲調でノリノリになることができる。

この曲、実は浮気をテーマにしている・・・が、ドロドロとしない1曲なので最高だ。

もし、恋人がいるのならこの曲を大ボリュームで流しながらドライブしてみては。

「Cross Creek」の収録アルバム

2位・YELLOW

稲葉浩志「YELLOW」

CMソングにもなったスーパーサマーチューン!

この曲の舞台は砂浜。

もし海に行くことがあったら、砂浜でこの曲を爆音で聴いてみてほしい。

もう心も身体もイエロー。

夏がより美しく、そして楽しくなることだろう。

「YELLOW」の収録アルバム

アルバム未収録

1位・イタイケな太陽

「イタイケな太陽」のイメージ

この曲を堂々の1位に選んだ理由は2つある。

1つ目は、やっぱりポップな曲調で夏だとより良曲に聞こえるから。

そして2つ目は、夏の1番暑い時期と、そして切ない夏の終わりさえもこの曲は表現しているからだ。

この曲は2部構成になっている。

真夏を感じる1部、そして夏の終わりをあらわしたような落ち着いた2部。

夏らしさをこれほど細かく感じさせてくれる曲はないと思う。

ちなみに2部はCD盤でしか聴けないので注意。

「イタイケな太陽」の収録アルバム


スポンサーリンク

まとめ

結果発表

1.イタイケな太陽

2.YELLOW

3.Cross Creek

4.静かな雨

5.正面衝突

6.今宵キミト

7.灼熱の人

8.ルート53

9.JEALOUS DOG

10.波

いかがだっただろうか。

爽やかな夏を表現した曲もあれば、じっとりとした夏を表現した曲もある。

個人的には、やっぱり「イタイケな太陽」が本当に夏らしいなぁと思う。




-季節を彩る稲葉浩志の名曲ランキング

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.