【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 9thアルバム『Q』

【ミスチル】脈絡のない会話劇「友とコーヒーと嘘と胃袋」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年3月31日 更新日:

「友とコーヒーと嘘と胃袋」のイメージ

前曲「十二月のセントラルパークブルース」から曲間なく始まる1曲。

>>>海外旅行で起こる出来事とは!?「十二月のセントラルパークブルース」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

タイトルも、歌詞も、途中で挿入される台詞も、全てが良い意味でヘンテコで面白い(笑)。

この記事の概要

  • 「友とコーヒーと嘘と胃袋」のみんなの評価は?
  • 「友とコーヒーと嘘と胃袋」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/9thアルバム『Q』の8曲目「友とコーヒーと嘘と胃袋」

そもそも「友とコーヒーと嘘と胃袋」って?

Mr.Childrenが2000年9月27日に発売した9thアルバム『Q』に収録されている。

いかにも『Q』らしい不思議でヘンテコな1曲。

また、桜井はワインを飲み酔った状態でレコーディングをしている。

正直、収録アルバム『Q』のリード曲は「Hallelujah」よりもこの曲の方が良かったと思う。

>>>壮大なスケールで"愛"を描く「Hallelujah」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

『Q』のアルバムジャケット写真にもこの曲を連想させるコーヒー(ラテアートでQと書いてある)が写っているから、なおさらリード曲らしい。

かなり挑戦的な構成!

タイトルは「酒と泪と男と女」という曲のパロディである(と思う)。

内容はタイトル「友とコーヒーと嘘と胃袋」の通り、4つのパートに分かれている。

1つ目は友への想い。

2つ目はコーヒーにまつわる話題。

3つ目は雑誌に載っていた嘘のような占いについて。

4つ目は何でもエネルギーに変えてくれる自分の胃袋へのメッセージ(笑)。

この4つのどれもが、まったく関係性も脈絡もなく歌われるのだ。

かなり挑戦的な構成である。

ひとこと

こんな曲、後にも先にもない笑

「友とコーヒーと嘘と胃袋」のみんなの評価は?

北野さん
まくし立てるように歌うVo.が印象的な、楽しい曲。 中間部の語りは、一見ただの酔っぱらいの愚痴にしか聞こえないが、良く聴くと結構(・∀・)イイ!!事を言っている。
都会的なイントロが最高。桜井のグチはカラオケだとなんと全部出てくれる(笑)
佐藤さん
木村さん
間奏での桜井の噺はこの曲でしか聴けません。(当たり前だが) 歌い方がダウンタウンの浜ちゃんみたいだと思った。
この曲は一聴の価値あり! 投げ槍な桜井さんの歌唱がインパクト大だが、特筆するべきは かなり凝った音を使っていることと、リズムがかっこいいこと! 歌詞だけじゃないんだってとこを見せつけられた。
鈴木さん
山田さん
吉田拓郎風の曲。個人的には大好き。間奏の台詞も良い

ひとこと

ヘンテコを突き抜けてるから好感持てる


スポンサーリンク

ここからは管理人の「友とコーヒーと嘘と胃袋」独自解釈!

【友とコーヒーと嘘と胃袋/歌詞解釈①】PART1. 友

友達を励ましているイラスト(男性)

パート1は主人公の友への想いである。

次の引用した歌詞を見てほしい。

風の噂で君の話を聞いたんだよ 結婚はしたけれどあまり幸せではないらしい

主人公の友達は結婚はしたのが、幸せではないという。

なんでだろう(^_^;)。

曲中では詳しい友の近況は一切登場しない。

そのため、解釈のしようがない(笑)。

ただ、この曲のコンセプトはおそらく整った物語構成ではなく、リアルな会話劇の面白さであるはず。

そのため、解釈なんてしなくていいのだ(!)。

あくまで、主人公がペラペラと思いついたことを喋る1曲。

いきなり始まる主人公の友への想い、この脈絡のなさがこの曲の醍醐味なのだ。

ひとこと

"歌"ではなく"メロディーに乗せた会話"

【友とコーヒーと嘘と胃袋/歌詞解釈②】PART2. COFFEE

「珈琲にしましょう珈琲にしましょう」のフリー写真素材を拡大

パート2はコーヒーにまつわる話題。

歌詞を見ると、主人公は最近コーヒーにはまっているということが分かる。

それはなぜなのか。

次の引用した歌詞を見てほしい。

あの娘の吸う煙草の口の中の残り香とにがいコーヒーとの相性がとてもいいから

主人公は煙草を吸う女の子と付き合っているのだ。

キスの後のコーヒーがとても相性が良いらしい。

これを聴いてどうでもいいと思ってもしょうがない(^_^;)。

ただ、このパート2はタイトルの元ネタになっている曲「酒と泪と男と女」の内容を踏襲している。

「酒と泪と男と女」は簡単に言うと、男と女の生態を歌った内容。

つまり、パート2もこれと同じく、男は女によってすぐに変わってしまうんだという、男の生態を歌っているのだ。

ちなみに、パート2が終わると謎の台詞が始まる。

ペラペラペラペラ・・・・・・・・・いろいろな話をする、おしゃべり好きな主人公らしい一幕である。

ひとこと

ほんっっとに脈絡がない

【友とコーヒーと嘘と胃袋/歌詞解釈③】PART3. 雑誌の嘘みたいな占い

立ち読みのイラスト

パート3では雑誌に載っていた嘘のような占いについて。

主人公の今年の運勢を良いらしい。

でも、その占いが載っていたのはくだらないB級雑誌。

そのため、大半の人は信じようとしない。

しかし主人公は・・・、次の引用した歌詞を見てほしい。

信じる事の出来そうなかわいい嘘はなるべく信じてみることにしたんだから

B級雑誌の占いを信じる主人公であった(笑)。

ちなみに、こういうくだらないB級雑誌を英語でPulp Fiction という。

知ってる方はもう勘づいたと思う。

そう、映画の「パルプフィクション」である。

この映画の特徴はダラダラと本筋とは関係の無いヨタ話が続いていくという点。

これがこの曲の構成と似ているのだ。

つまり、歌詞に"B級雑誌"を登場させたのは、映画「パルプフィクション」の構成からインスパイアされたという深い意味があるのかもしれない・・・(笑)。

ひとこと

さすがに深読みしすぎか

【友とコーヒーと嘘と胃袋/歌詞解釈④】PART4. 胃袋へのメッセージ

健康な胃のキャラクター

パート4は胃袋へのメッセージである(笑)。

何でもエネルギーに変えてくれる胃袋への賛美を長々と繰り返す。

そして、食べ物だけではなくあらゆる感情さえもエネルギーの変えて欲しいと願っているのだ。

愛しさも憎しみも全部エネルギーに変え、筋肉に・・・。

なんでそんなこと願っているのかまったく分からない(笑)。

ひとこと

もう。。。謎すぎる


スポンサーリンク

まとめ

解釈のしようがないというのも、なぜか心地よく感じてしまう1曲。

ぜひ、何も考えず、おしゃべり好きな友達と会話している感覚で聴いてみてほしい。

ひとこと

『Q』だからこその1曲

「友とコーヒーと嘘と胃袋」の評価

5点満点中4点

いかにも『Q』らしい曲



-音楽レビュー, Mr.Children, 9thアルバム『Q』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.