【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 16thアルバム『SENSE』

【ミスチル】ファンにとっては最高過ぎる1曲!?「Prelude」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年6月17日 更新日:

「Prelude」のイメージ

抜群にキャッチーな最強応援歌。これをシングルにしないのがすごい。また、過去のミスチル楽曲からの歌詞を引用している箇所が随所に登場する。これはファンにとっては最高の遊び心だ。

この記事の概要

  • 「Prelude」のみんなの評価は?
  • 「Prelude」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/16thアルバム『SENSE』の11曲目「Prelude」

そもそも「Prelude」って?

16thアルバム『SENSE』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが2010年12月1日に発売した16thアルバム『SENSE』に収録されている。

収録アルバム『SENSE』において、この曲は裏リード曲であり大名曲である。

人生を列車に例えた内容になっており、聴き手に勇気を与えてくれる。

6分55秒というかなり長めの演奏時間になっているが、まったく飽きが来ない。

抜群にキャッチーなのでシングルでも違和感ない。

ただ、この曲はシングルじゃなくアルバムの1曲だからこその良さがある。

なぜならば、過去の曲を彷彿とさせる歌詞が多数登場するからである。

これはファンにとってみれば最高の遊び心だ。

以下に私が確認できた過去曲へのオマージュ歌詞を記載する。

・"七色光を放ってた夢"→「虹の彼方へ」
・"夢がしぼんじゃったとしても顔を上げな"→「エソラ」
・"光の射す方へ"→「光の射す方へ」
・"英雄になれると勘違いしてた"→「HERO」
・"探し物は見つかったの?"→「NOT FOUND」
・"ニセモノをつかまされて泣き寝入りかい?"→「フェイク」
・"目指してたその向こうへ"→「その向こうへ行こう」
・"良識やモラルなんて今はとりあえず棚の上"→「マシンガンをぶっ放せ」
・"長いこと続いてた自分探しの旅"→「終わりなき旅」

この曲をあえてアルバムリード曲にもしなく、メモリアルソングにもしなく、あくまで『SENSE』の収録曲の1つとしているのがすごく粋だと思う。

ひとこと

ファンにとっては最高の1曲だ

「Prelude」のみんなの評価は?

山田さん
イントロはストリングス→ピアノ→カッティングという風に入っていく今までのMr.Childrenには無かった展開。 バンドサウンドとストリングスと桜井の声が絶妙にマッチしていて懐かしくもありどこか新しい。洋楽テイストが少し加わったかなと僕は思う。 詞はファンなら分かると思うが、過去の曲のフレーズと対応している部分があり、何かの意図があるのだと思われる。 個人的に「長いこと続いていた自分探しの旅もこの辺で終わりにしようか」と言う部分に感動した。 久々に超絶名曲が出来たと思う。
元気な時はノリノリで歌いますし、ちょっと落ちてる時は泣けますどちらの時も1曲終わると、晴れやかな気持ちになっています
鈴木さん
阿部さん
ミスチルのPreludeという曲は、桜井さんの力強い謡回しと澄んだメロディが印象的な曲なんだが、歌詞をみると歴代のミスチルソングのフレーズがあちこちに散りばめてあり、しかもそれはただの引用に終わらず、当時のフレーズのひとつひとつが丁寧に生かされていてすごい
ミスチルは、歌に対して責任を取っている。優しい。優しいなぁ。「信じていれば夢は叶うだなんて、口が裂けても言えない」だって!!
滝さん
佐藤さん
曲の時間が7分以上あるのにまったくそれを感じさせない応援ソング ギターのカッティングが素晴らしく全てにおいて完璧の曲といってもおかしくないぐらいの名曲

ひとこと

やっぱりめちゃくちゃ評価高いねこの曲は


スポンサーリンク

ここからは管理人の「Prelude」独自解釈!

【Prelude/歌詞解釈①】現実的だからこそ説得力がある

将来の夢のイラスト

この曲は夢追い人に向けた内容になっている。

ただ、どことなく歌詞が現実的。

「夢は叶うよ!」という簡素なメッセージはない。

「嫌なことだってあるし、夢なんてかなわないことがほとんどだ」という厳しめのメッセージが含まれているのだ。

だからこそ、この曲は並外れた説得力がある。

私が特に感銘を受けた歌詞を引用したので見てほしい。

信じていれば夢は叶うだなんて口が裂けても言えない だけど信じてなければ成し得ないことがきっと何処かで僕らの訪れを待っている

信じていたって夢は叶うと限らない。

だけれど、信じてみる価値は絶対にある。

きっと、信じていれば何かが待っている。

この歌詞こそこの曲の最も伝えたいテーマであるような気がする。

ひとこと

信じていれば"何か"が待っている。。。


スポンサーリンク

まとめ

16thアルバム『SENSE』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

タイトルの「Prelude」とは"前奏曲"を意味している。

つまり、"何か"が始まる前の曲ということだ。

この曲で描かれている列車というのは、まさにその"何か"へと向かうもの。

憧れ、夢、そして理想。

きっと、列車が行き着く先にはそんな輝かしいものが待っているはずだ。

ひとこと

ほんとに名曲なのでぜひ一度は聴いてほしい



-音楽レビュー, Mr.Children, 16thアルバム『SENSE』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.