【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 14thアルバム『B-SIDE』

【ミスチル】不倫をテーマにしたメンヘラソング「Love is Blindness」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年5月24日 更新日:

「Love is Blindness」のイメージ

12thシングル「マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-」のカップリング曲。あまりにも鬱々しくて暗いのであまり聴く気になれない。『深海』発売後だったので、さすがといった感じ。

>>>歴史に残る大名盤。。。!5thアルバム『深海』【アルバムレビュー】

この記事の概要

  • 「Love is Blindness」のみんなの評価は?
  • 「Love is Blindness」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/14thアルバム『B-SIDE』(DISC1)の6曲目「Love is Blindness」

そもそも「Love is Blindness」って?

14thアルバム『B-SIDE』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

14thアルバム『B-SIDE』のレビュー

DISC 1

1.君の事以外は何も考えられない

2.my confidence song

3.雨のち晴れ remix version

4.フラジャイル

5.また会えるかな

6.Love is Blindness

7.旅人

8.デルモ

9.独り言

10.Heavenly kiss

11.ニシエヒガシエ EAST Remix*

 

DISC 2

1.1999年、夏、沖縄

2.

3.さよなら2001年

4.I'm sorry

5.妄想満月

6.こんな風にひどく蒸し暑い日

7.ほころび

8.my sweet heart

9.ひびき

10.くるみ -for the Film- 幸福な食卓

11.ニシエヒガシエ WEST Remix*

*はシークレットトラック

12thシングル「マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-」のカップリング曲。

>>>あえてミリオンヒットを逃した!?「マシンガンをぶっ放せ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

同シングルに収録のカップリング曲「旅人」とは対照的で、この曲は鬱々としていてすごく暗い・・・。

>>>カップリング屈指の大名曲!「旅人」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

『深海』に収録されていても全然違和感ないレベル。

>>>歴史に残る大名盤。。。!5thアルバム『深海』【アルバムレビュー】

また、不倫を扱ったテーマになっているので、まさに当時不倫をしていた桜井の想いが伝わる(^_^;)。

マイナーな曲調で鬱々とした歌詞なので、一般受けしないことは確かだ。

ひとこと

不倫をしている人のドロドロした心境がわかるかも。。。

「Love is Blindness」のみんなの評価は?

滝さん
個人的には"旅人"よりこっちの方が好き。 歪みを生かしたギターインストから、重いベースへ、そしてドラムスが入り、ヘヴィ+哀愁の完璧なメロディが出来上がる。 流石、桜井さんの歌詞の良さはこの曲でも損なわれていない。
「罪深き秘密をこの胸にしまって 墓場まで持っていけるかな」 この部分の曲調が好きです。 少し暗いけど心にしみます。 あれ、私病んでない…よね?w
鈴木さん
田原さん
ミスチルのLove is Blindnessはメンヘラ曲すぎて最高だしこの曲テーマに創作でも作りたいくらいすき
Mr.Childrenの超マイナー曲であるlove is blindnessはきっと不倫を歌っているんだろうな。 昔から好きなんだよなー。
佐藤さん
木村さん
Mr.Children「Love is Blindness」は、いつ聴いても、何回聴いていても、苦しくなる。やりきれなくて耳鳴りがしてくるような…。 何もかも捨てて、捧げるということ。跪く愛。 継続にも、別れにも、どちらにも強さは要る。

ひとこと

メンヘラ御用達の1曲かも。。。?


スポンサーリンク

ここからは管理人の「Love is Blindness」独自解釈!

【Love is Blindness/歌詞解釈①】二人だけの秘密にできるか

「大物プロデューサーの泥酔現場撮った!!大物プロデューサーの泥酔現場撮った!!」[モデル:ゆうせい]のフリー写真素材を拡大

タイトルの「Love is Blindness」は日本語で"愛は盲目"という意味。

つまり、愛というのは人を狂わしてしまうということだ。

とくにこの曲で描かれる愛は、不倫という"禁断の愛"である。

罪悪感、背徳感を主人公は感じているものの、不倫を止めることはできない。

まずは1番のサビの歌詞を引用したので見てほしい。

罪深き秘密をこの胸にしまって墓場まで持って行けるかな

主人公は自分自身に問いかける。

「はたして今私たちが行っている禁断の恋を、死ぬまで秘密にできるのだろうか・・・」と。

まさに主人公は愛に狂わせられた人間だ。

不倫をいかにバレずに続けられるかという、不倫すること前提の考え方になってしまっている。

もう、主人公はとことん落ちるまで落ちてゆくのだ・・・。

ひとこと

禁断の恋は中毒性があるのかも

【Love is Blindness/歌詞解釈②】なぜ不倫をしてしまうのか?

「別れ間際の接吻別れ間際の接吻」[モデル:ゆうせい]のフリー写真素材を拡大

犯罪ではないにしても、不倫は人の信用を裏切る最低な行為。

なぜ、人は不倫をしてしまうのだろう・・・。

この曲を聴く度にそんなことを考えてしまう。

2番のサビでは次の歌詞が登場する。

聖者でなんかいられない

たいていの人にとって、たった一人のパートナーを選ぶことは難しいこと。

さらにはそのパートナーを愛し続けるのも難しい。

なぜならば、顔も性格も同じではないからだ。

喧嘩もするし、すれ違いも起きる。

そうなると、自分を愛してくれる人はいないのではないかと不安になる。

つまり、人という生き物はより多くの人たちを愛し、そして愛されたいのだ。

自分自身の存在はいったいどのくらいの価値があるのか、それを測るのが愛なのかもしれない。

たった一人を愛する聖者になるよりも、人道に背いてでもより多くの愛を育みたい・・・そんな考えがこの曲の主人公を支配しているのだ。

ひとこと

人道に背いてまでってすごいな。。。


スポンサーリンク

まとめ

14thアルバム『B-SIDE』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

14thアルバム『B-SIDE』のレビュー

DISC 1

1.君の事以外は何も考えられない

2.my confidence song

3.雨のち晴れ remix version

4.フラジャイル

5.また会えるかな

6.Love is Blindness

7.旅人

8.デルモ

9.独り言

10.Heavenly kiss

11.ニシエヒガシエ EAST Remix*

 

DISC 2

1.1999年、夏、沖縄

2.

3.さよなら2001年

4.I'm sorry

5.妄想満月

6.こんな風にひどく蒸し暑い日

7.ほころび

8.my sweet heart

9.ひびき

10.くるみ -for the Film- 幸福な食卓

11.ニシエヒガシエ WEST Remix*

*はシークレットトラック

ちなみに、2010年に発売されたドキュメンタリー映画『Mr.Children / Split The Difference』には再レコーディングバージョンが収録されている。

まぁ、絶対に一般受けはしないので、コアなファンくらいにしか聴かれることはないような気がする。

ひとこと

本当に不倫をしていた人が歌っているから説得力ある


「Love is Blindness」の評価

5点満点中1点

マイナー不倫ソング



-音楽レビュー, Mr.Children, 14thアルバム『B-SIDE』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.