【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 14thアルバム『B-SIDE』

【ミスチル】誰得の曲だよこれww「I'm sorry」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年5月27日 更新日:

「I'm sorry」のイメージ

23rdシングル「Any」のカップリング曲。内輪過ぎてファンさえも付いていけない1曲だ(笑)。

この記事の概要

  • 「I'm sorry」のみんなの評価は?
  • 「I'm sorry」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

14thアルバム『B-SIDE』(DISC2)の4曲目「I'm sorry」

そもそも「I'm sorry」って?

14thアルバム『B-SIDE』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

14thアルバム『B-SIDE』のレビュー

DISC 1

1.君の事以外は何も考えられない

2.my confidence song

3.雨のち晴れ remix version

4.フラジャイル

5.また会えるかな

6.Love is Blindness

7.旅人

8.デルモ

9.独り言

10.Heavenly kiss

11.ニシエヒガシエ EAST Remix*

 

DISC 2

1.1999年、夏、沖縄

2.

3.さよなら2001年

4.I'm sorry

5.妄想満月

6.こんな風にひどく蒸し暑い日

7.ほころび

8.my sweet heart

9.ひびき

10.くるみ -for the Film- 幸福な食卓

11.ニシエヒガシエ WEST Remix*

*はシークレットトラック

23rdシングル「Any」のカップリング曲。

>>>桜井自身もこの曲に励まされた!?「Any」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

イントロなく突然始まるので、聴き手を困惑させる(^_^;)。

しかも、ひたすら誰かに謝っているという異色の内容。

これはさすがにカップリングでしか収録できない曲だ(笑)。

収録アルバム『B-SIDE』のライナーノーツによると、この曲は桜井の知人と知人がもめていたのをきっかけに歌詞を書いていったという。

そのため、歌詞の内容はノンフィクションなのだろう。

また、桜井はこの曲にこのように言及している。

「I'm sorry」と「雨のち晴れ」のリミックスバージョンだけは本当にミスチルファンじゃないと聴いて欲しくないな。フフフフフ

かなり内輪的な内容だからこそ、この曲はミスチルファン以外は聴いてほしくないとのこと(笑)。

「雨のち晴れ」のリミックスバージョンも内輪的というか、まぁまぁぶっとんでる内容だから仕方ない(^_^;)。

>>平凡なサラリーマンの嘆きを描く!「雨のち晴れ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ひとこと

誰得なんだこれは笑

「I'm sorry」のみんなの評価は?

鈴木さん
I'm Sorryを聴いて私は本物のMr.Childrenファンだと信じ込む
ミスチルのI'm sorryの桜井さんの声がめちゃくちゃイケボな件 この曲最近ハマってる
阿部さん
山田さん
ミスチルのI’m sorry。これも初めて聴いた時、結構耳に残る衝撃的な歌詞だったな、、
Mr.Childrenの「I'm Sorry」は相当に面白い曲やけどね。「土下座でも何でもするからとにかく許してくれ」、と平謝りw 最後はI'm sorry,I'm sorryを連呼しながら曲がフェードアウトしていくしねw
田原さん
木村さん
最近は、I'm sorryとやわらかい風が聴きたくなるくらいにはミスチルの奥地に来ている気がします・・・。

ひとこと

ミスチルファンを証明する1曲かも笑


スポンサーリンク

ここからは管理人の「I'm sorry」独自解釈!

【I'm sorry/歌詞解釈①】「全部が全部悪いわけではないけれど、ごめんなさいm(_ _)m」

手を合わせて謝っている人のイラスト(男性)

主人公と"あなた"は喧嘩をしている。

そして、主人公はこの曲でひたすら謝っている。

なぜ喧嘩になったのかは曲中で一切明かされない。

これはもはや桜井やメンバーにしか知らないことだ(^_^;)。

1番の冒頭の歌詞を引用したので見てほしい。

あれは血迷ってた僕の思い過ごしでした 八割位はあなたの言った通りでした

一体主人公は"あなた"に何をしたのだろうか。

聴けば聴くほど気になってしまう(笑)。

血迷っていた主人公の思い過ごしによって、もめてしまった2人。

面白いのは"八割位"の箇所。

全部が全部自分のせいではないのだと主人公は思っているのだ。

終盤ではこの箇所は"九割近く"になるのも注目ポイントだ(^_^;)。

ひとこと

ヘンテコだなぁ笑


スポンサーリンク

まとめ

14thアルバム『B-SIDE』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

14thアルバム『B-SIDE』のレビュー

DISC 1

1.君の事以外は何も考えられない

2.my confidence song

3.雨のち晴れ remix version

4.フラジャイル

5.また会えるかな

6.Love is Blindness

7.旅人

8.デルモ

9.独り言

10.Heavenly kiss

11.ニシエヒガシエ EAST Remix*

 

DISC 2

1.1999年、夏、沖縄

2.

3.さよなら2001年

4.I'm sorry

5.妄想満月

6.こんな風にひどく蒸し暑い日

7.ほころび

8.my sweet heart

9.ひびき

10.くるみ -for the Film- 幸福な食卓

11.ニシエヒガシエ WEST Remix*

*はシークレットトラック

ラストは"I'm sorry・・・"を繰り返して終了する。

また"ゴメンネ"というコーラスも聞こえてくる。

かなりカオスだ。

こんなにも内輪的な内容の曲を聴くと、ファンからすると「ミスチル、音楽を楽しんでるなぁ」と微笑ましい気持ちになる。

ただ、ファン以外の人が聴くと「変な曲だな」とそっぽ向かれてしまうかもしれない(笑)。

ひとこと

良い意味でも悪い意味でも、カップリングだからこその1曲

「I'm sorry」の評価

5点満点中2点

究極の内輪ソング



-音楽レビュー, Mr.Children, 14thアルバム『B-SIDE』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.