【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 11thアルバム『シフクノオト』 シングル

【ミスチル】これがミスチルの原点!?「くるみ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年4月28日 更新日:

ミスチル「掌」

出典:https://www.amazon.co.jp

2003年11月19日発売。前作「HERO」から約1年ぶりの発売であり、ミスチル初の両A面シングルである。

>>>シングルとしては初の"命"をテーマにした1曲「HERO」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

この記事の概要

  • 「くるみ」のみんなの評価は?
  • 「くるみ」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/25thシングル「くるみ」

そもそも「くるみ」って?

11thアルバム『シフクノオト』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが2003年11月19日に発売した25thシングル。

もう一方のA面「掌」とは打って変わって、「くるみ」は優しくて暖かい、いわゆる一般受け間違いなしの1曲となっている。

>>不気味で悲観的。。。「掌」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

桜井はこの曲に対して「最初はそう思わなかったけど、この曲がMr.Childrenの原点のような気がする」と語っている。

たしかに、優しくて暖かいメロディアスなポップさと、悲観的になりながらも前に進んでいくという希望に満ちた内容はミスチルらしいし、特に2000年代後期からはお得意芸となっていく。

そう考えると、この曲はミスチルの代表曲となってもいいくらいだ(他のシングルと比べると影が薄いような・・・)。

発売当時は両A面とノンタイアップだったにもかかわらず、2週連続オリコンチャート1位を獲得。

累計売上は65万枚と、前作から10万枚増加した。

「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」というアレンジバージョンも存在!

「くるみ」は発売後にドコモのCMソングに抜擢。

さらに、4年後には映画『幸福の食卓』の主題歌にもなった。

その際はアレンジを加えた「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」として、29thシングル「しるし」のカップリングに収録された。

>>>なぜ70万枚以上もヒットしたのか?「しるし」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

このアレンジバージョンはピアノが中心となっており、ラストの大サビでバンドサウンドが炸裂するという構成。

カップリング集『B-SIDE』にそのアレンジバージョンが収録されているので、ぜひ聴いてみてほしい。

>>>名曲揃いのカップリング集14thアルバム『B-SIDE』【アルバムレビュー】

個人的にはオリジナルバージョンの方が好き(^_^;)。

ひとこと

「掌」と違って、「くるみ」は本当に暖かい

「くるみ」のみんなの評価は?

鈴木さん
この曲は詞がいい! 終わりなき旅同様に、希望を持たせてくれます。
優しい感じのバラード。 キラキラしたグロッケンや、趣があるアコーディオンなどの味付けが上手いと思った。
田原さん
滝さん
優しげな曲調とは裏腹に、弱音を吐く自分を、"くるみ"にはどう見える? とひたすら問いかける。 失望を怖がり、別れを怖がる。 それでも失望があるから希望があり、別れがあるから出会いがある。 そしてそれらのものに胸の震える自分がいる。 こういう歌詞だ。
極めてポップ。 お得意の優しくも切ないメロディーに乗せて去っていった恋人?への想いと未来への決意を歌い上げる秀逸なバラード。 「掌」と比べると普通すぎて面白みに欠けるという見方もできるか?
阿部さん
佐藤さん
ミスチルらしい独特の歌詞の乗せ方。歌いまわし。・・いい感じです

ひとこと

たしかに、王道中の王道だから面白みはない。。。?


スポンサーリンク

ここからは管理人の「くるみ」独自解釈!

【くるみ/歌詞解釈①】病んでいる主人公(^_^;)

「青く鮮やかな空と桜青く鮮やかな空と桜」のフリー写真素材を拡大

タイトルの「くるみ」は、これから"来る未"来を意味している。

つまり、未来を擬人化して描いているのだ。

1番の歌詞では、現状に不満を抱いている主人公の様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

ねぇ くるみ 誰かの優しさも皮肉に聞こえてしまうんだ

これから来る未来に向けて語りかける主人公。

優しささえも皮肉にとらえてしまう現状の自分・・・。

主人公の精神状態がかなり悪いことがわかる歌詞だ。

そんな現状だけれど、時間は止まることなく進み続ける。

サビの一部を引用したので見てほしい。

暮らしの中で今動き出そうとしている 歯車のひとつにならなくてはなぁ

どんなに病んでいても生活を崩すことはできない。

だからこそ、生活の"歯車のひとつ"にならなければいけないのだ。

どこか春の新生活を連想させる。

出会いがあって別れがある季節。

そんな春は精神的に不安定になりやすい時期でもある(^_^;)。

ひとこと

病んでも、時間は進む。。。

【くるみ/歌詞解釈②】どんな状況でも前を向いて進もう・・・!

「足で稼ぐ女性営業マン足で稼ぐ女性営業マン」のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞から主人公が現状に不満を抱いている理由が明かされる。

まずはラストの歌詞を引用したので見てほしい。

引き返しちゃいけないよね 進もう 君のいない道の上

この歌詞の"君"というのは主人公にとっての大切な人。

しかし、別れてしまった。

だから主人公は独り身の現状に不満を抱いていたのである。

別れた原因は曲中では詳しく描かれていない。

「どんなに厳しい現状にあったとしても、前を向いて進んでいこうよ」というメッセージをくみ取れれば良いのだ。

聴きやすい曲調で、なおかつ分かりやすい歌詞なので絶対に聴いてほしい名曲だ。

ひとこと

ミスチルらしい1曲だ

スポンサーリンク

まとめ

11thアルバム『シフクノオト』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

優しくて暖かい1曲。

キャッチーなのですぐ耳になじむ。

こういういかにも売れそうな曲に「くるみ」という挑戦的なタイトルを付けるあたりが、ミスチルの余裕を伺うことができる。

「くるみ」の評価

5点満点中4点

余談だけど、発売当時「"くるみ"とは桜井の子どもの名前!」という説が流れていた(実際は違う)



-音楽レビュー, Mr.Children, 11thアルバム『シフクノオト』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.