【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 1stアルバム『マグマ』 音楽レビュー

【稲葉 浩志ソロ】不気味すぎる怪曲「なにもないまち」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月8日 更新日:

「なにもないまち」のイメージ

みなさんは「なにもないまち」という曲をご存知だろうか。短い曲だけれど、狂気じみた男の様子を垣間見ることができる。

この記事の概要

  • 「なにもないまち」のみんなの評価は?
  • 「なにもないまち」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロアルバム『マグマ』の11曲目「なにもないまち」

そもそも「なにもないまち」って?

1stアルバム『マグマ』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

稲葉浩志が初のソロ名義で1997年に発売した『マグマ』というアルバムに収録されている。

短調のボサノヴァ風になっており、アウトロではヴォコーダーを使用しているなど、雰囲気が少し妖しげだ。

短い曲だけれど内容が狂気じみているので、ある意味面白みのある1曲となっている。

ひとこと

狂気じみている

「なにもないまち」のみんなの評価は?

阿部さん
歌詞が群を抜いてヤヴァイです。。。
最初聞いたときは「もうかりまっか」みたいな気抜けした楽曲だと思ったのに、 次から歌詞を意識して聴いたら歌詞がなんと重いことか…www
鈴木さん
木村さん
いきなりボサノバ。意味不明すぎて少し笑える。
ボサノバ風というか変わったナンバー。マラカスを振る稲葉が思い浮かぶ。 単純なようで歌詞は深い。
滝さん
阿部さん
ほんと、あらゆる意味でソロになりB'zの制約から解放されているのがよく分かる。しかしそれとは反する、遂に全てを失ってしまった男の歌詞が余りに重くて悲しい。

ひとこと

やっぱりいろんな評価がある。。。


スポンサーリンク

ここからは管理人の「なにもないまち」独自解釈!

【なにもないまち/歌詞解釈①】不気味な失恋ソング!?

「真っ二つに割られたハート真っ二つに割られたハート」のフリー写真素材を拡大

不思議なメロディーなこの曲。

内容は恋人にふられた主人公の独り身になった生活についてである。

きっと主人公は恋人一筋だったのだろう。

恋人のいない生活にはもう"なにもない"と呪文のように繰り返し歌う。

どんよりとはしない、明るい曲調の失恋ソングである。

しかし逆にその明るさが不気味。

主人公は狂ってしまったのかと思ってしまうような曲だ(^_^;)。

ひとこと

失恋の傷は深い。。。

【なにもないまち/歌詞解釈②】さびしい独り身の生活

一人ぼっちのイラスト

歌詞を見ると恋人が去ってしまった後のさびしい生活が語られている。

例えば、"ひとりで眠るベッド"や"きみの消えたこの部屋"などの歌詞。

主人公にとっていかに恋人の存在が大きかったのかがわかる。

特に私はこの歌詞が好き。

ぽっかりあいた助手席には光を受けてほこりが舞う

今までは恋人が座ってくれた助手席。

しかし、今ではそんな助手席には光を受けて舞いあがるほこりだけ。

主人公のむなしさや悲しさがここの歌詞につめこまれており、この曲を象徴している歌詞だと思う。

ひとこと

舞い上がるほこりが恋人の代わり。。。

【なにもないまち/歌詞解釈③】明るさの中に潜む狂気

心を病んだ人のイラスト(男性)

注目すべきところはやはりサビ。

"なにもない"を連呼するのだが、すごく不気味(笑)。

さらにサビは漢字が一切使われていないので、より不気味さが増している。

さらにさらに、"どこにもたどりつけない"や"ここにいるイミがない"といったネガティブな歌詞をサビにぶっこんでいるにもかかわらず、明るい曲調なのも、何回も言って申し訳ないが不気味(笑)。

話はちょっと変わってしまうが、ダウンタウンの浜田がさんまのことを「目が笑ってなくて恐い」と言ってる動画を前に見たときがある(笑)。

この曲「なにもないまち」はまさにそんな感じだ。

明るさのなかに見え隠れする狂気というか。

ひとこと

明るいからこそ不気味。。。

【なにもないまち/歌詞解釈④】不気味すぎるラスト・・・

燃え尽きた人のイラスト(男性)

さて、不気味さに拍車をかけるのがラストである。

ラストの一部の歌詞がこちら。

ヤッテイケル ヒトリニナッテモ ウマクズルク

カタカナが主人公の狂ってる感をあらわしていて恐ろしい。

さらに、ここのパートだけ稲葉さんの声じゃなく、聴きとりづらい変な声(稲葉さんの声を加工してる?)なのだ。

主人公の心の声なのだろうか。

感情がないように歌っているためすごい狂気を感じる(^_^;)。

ひとこと

カタカナがこわい。。。


スポンサーリンク

まとめ

1stアルバム『マグマ』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

収録アルバム『マグマ』のなかではこの曲は不思議なメロディーですごく異色だと思う。

でも、内容的にはしっかりマッチしているので違和感はない。

ぜひこの曲を聴いて主人公の狂気を味わってほしい。

ひとこと

狂気を味わいたい人はぜひ。。。




-稲葉浩志, 1stアルバム『マグマ』, 音楽レビュー

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.