【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 1stアルバム『マグマ』 音楽レビュー

【稲葉 浩志ソロ】タイトルだけではわからない深い内容!「愛なき道」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月9日 更新日:

収録アルバム『マグマ』の中では最もキャッチャーで、唯一シングルでも違和感ない曲だと思う。内容は恋愛の本質に気づいた主人公が、恋人に対して本当の自分自身をさらけだせる関係になろうと主張したものである。

この記事の概要

  • 「愛なき道」のみんなの評価は?
  • 「愛なき道」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロアルバム『マグマ』の14曲目「愛なき道」

そもそも「愛なき道」って?

1stアルバム『マグマ』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

稲葉浩志が初のソロ名義で1997年に発売した『マグマ』というアルバムに収録されている。

マイナーな曲が多い『マグマ』の中では最もキャッチー。

そのため比較的評価はよい。

ただあくまで『マグマ』の中ではキャッチーなのであって、シングルにするとあまりインパクトはないかなぁという感じ。

ひとこと

"比較的"キャッチーね。。。

「愛なき道」のみんなの評価は?

滝さん
唯一シングルカット出来そうな1曲(笑)
アルバムでは一番キャッチーかな? 心地よいビートで前向きな雰囲気。
鈴木さん
山田さん
稲葉はどんなにダークになっても、それでも前に進もうとする前向きさを持っている。 このアルバムでも最後の方にそれをやってくれて、それが何だか妙に嬉しい。
力強い、前向きな歌です。でもぼくは、稲葉にはもっと後ろを向いていてほしい。
木村さん
阿部さん
哲学的な歌詞をポップな曲に載せた軽快な曲。

ひとこと

前向きな曲ととらえた人が多い


スポンサーリンク

ここからは管理人の「愛なき道」独自解釈!

【愛なき道/歌詞解釈①】恋愛は騙しあいのゲーム

ゲームに熱中している男の子のイラスト

恋愛とはいかに相手をだますかのゲーム。

恋人と長くいればいるほど、お互いの嫌なとこが見えてしまう。

だからこそ、自分を良く見せるよう相手をだましていかないと長く続くことは難しいのだ。

そんな恋愛の本質に主人公は気づく。

冒頭には"愛という名のルール"という歌詞がでてくる。

この歌詞が「愛なき道」の重要な箇所である。

つまり、主人公は"愛"を"相手に自分を良く見せなければいけないというルール"と考えているのだ。

ひとこと

愛=自分を良く見せなければいけないルール

【愛なき道/歌詞解釈②】主人公のせきらら告白

「別れ間際の接吻別れ間際の接吻」[モデル:ゆうせい]のフリー写真素材を拡大

1番の歌詞では主人公の今までの恋人への態度をせきららに告白している。

例えば、恋人に嘘はつかないでいたけれど、本当は嘘をつかないですむ話をしていただけと仰天告白をしたりする。

次の引用した歌詞を見てほしい。

愛が先なのか罪が先なの知らないけれど

なぜ恋人に対して自分じゃない自分を演じてしまうのだろうか。

それは恋人を愛するがゆえだ。

しかし、ここの歌詞を見ると恋人に対して"愛"と"罪"が主人公の心にあることがわかる。

この罪とは何を意味しているのだろうか。

きっと罪とは主人公の過去の浮気を意味しているのだろう。

つまり、彼女を裏切ってしまったという罪悪感か、それとも愛なのか。

どっちが自分を良く見せる理由になっているのか主人公はわからないのだ。

ひとこと

浮気するな。。。

【愛なき道/歌詞解釈③】この曲はある意味プロポーズソングでもある!?

プロポーズのイラスト

さて、主人公は愛のない道を突き進むことを誓う。

愛のない道とは、恋人のいない孤独な人生を表していると勘違いしてしまうが、実はそういう意味ではない。

その根拠の1つが"もうひとりじゃない"という歌詞がでてくるということ。

前述したが、この曲の冒頭で"愛という名のルール"という歌詞がある。

つまり"愛なき道"を具体的に表すと相手に自分を良く見せようとはしない、つまり、本当の自分をさらけだす人生となるのである。

"もうひとりじゃない"という歌詞はこれまではひとりだったと解釈もできる。

しかしこれは良く見せようと自分をつくってきた主人公は、ある意味幻だということを意味してる。

幻と付き合っていたら結局ひとりに変わりはないのだ。

本当のありのままの自分と付き合うことでひとりじゃなくなる。

この曲は「これからはあるがままの自分でお互い向き合っていこう」という、いわばプロポーズソングなのかもしれない。

ひとこと

けっこう深い内容だ


スポンサーリンク

まとめ

1stアルバム『マグマ』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

爽やかな曲調だけれど内容は深い。

正直、『マグマ』にこの曲は合わないような気もする。

だけれどこういう爽やかな曲がないとさすがにまずいから仕方ないか。。。

ひとこと

『マグマ』の中では爽やかすぎる




-稲葉浩志, 1stアルバム『マグマ』, 音楽レビュー

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.