【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』 シングル

【ミスチル】"汎用性"が高い1曲!?「GIFT」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年6月2日 更新日:

「gift ミスチル」の画像検索結果

出典:https://www.amazon.co.jp

2008年7月30日発売。3ヶ月連続リリースの第一弾。ギフト(贈り物)に焦点を当てた作品で、いかにもミスチルらしい優しい内容になっている

この記事の概要

  • 「GIFT」のみんなの評価は?
  • 「GIFT」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/32ndシングル「GIFT」

そもそも「GIFT」って?

15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが2008年7月30日に発売した32ndシングル。

また、3ヶ月連続リリースの第一弾である。

ギフト(贈り物)に焦点を当てた作品で、いかにもミスチルらしい優しい内容になっている。

誕生日やクリスマスに流したい1曲だ。

前作「旅立ちの唄」もそうだが、この時期のミスチルはイベントソングが目立っていた。

>>>"飾らなさ"を楽しもう!「旅立ちの唄」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

前作のシンプルで飾らないメロディーとは打って変わって、この曲はサウンドがゴージャス。

歌詞も壮大になっているので、個人的には前作よりも好き。

CDの時代は終わってしまったのか・・・

絶望のイラスト(男性)

累計売上は32万枚と前作から6万枚減少してしまった。

もうCDの時代は終わったのだと痛感せざるを得ない結果だ・・・。

もし90年代に発売されたなら、どのくらい売れていたのだろうか。

ちなみに、次作の33rdシングル「HANABI」で売上は増加するのだが、その後は低下の一途をたどる。

>>>10年以上も現役で活躍するヒット曲「HANABI」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

また、2008年以降はCDシングルより配信限定シングルの方が増える。

時代の波にはさからえないけれど、できればもう一度CDが売れる時代が来てほしいなぁ・・・。

ひとこと

この曲が「旅立ちの唄」より売れないだなんて。。。

「GIFT」のみんなの評価は?

山田さん
Aメロをラストにも持ってくる曲構成が多いミスチルだが、この曲も然り。 それにしても、Aメロが素晴らしい、サビもラスト手前のラララも良いが。
独特なうねりを見せるサビメロは何度聴いてるうちに癖になってくる。ラストのコーラスも狙ってるとわかっちゃいるけど、感動。 歌詞が結構好きかな、白黒どっちでもなくその真ん中の道を模索するという姿勢、これからの世の中にはそれが必要ですよ。
佐藤さん
阿部さん
旅立ち→GIFTと続いて曲が出た当時はウンザリだったが、アルバムで聴くとメロディーがしっかり作られていることに気づく。歌詞もいい。
人生の選択肢を「白か黒で答えろと言う難題」と言う表現をしている歌詞だったり、 「果てしない旅路の果てに選ばれるものとは誰?」と言う歌詞だったりに人生についての壮大な歌詞が書かれている。 ただサビのメロディが少しマンネリだったか?
田原さん
鈴木さん
自分が選ばれなくても、人生は続く! それでも走り続けたいと願う! 現代の病んだ世の中にあって桜井さんらしい名曲です。

ひとこと

そっと背中を押してくれる歌詞が随所に登場


スポンサーリンク

ここからは管理人の「GIFT」独自解釈!

【GIFT/歌詞解釈①】本当はもらっていた方だった!?

「プレゼントボックスとお祝いプレゼントボックスとお祝い」のフリー写真素材を拡大

大切な人へ主人公は最高の「GIFT」を贈ろうとしている。

この曲はまさに「GIFT」を贈る主人公の物語・・・・・・・・・なのだが、本当のこの曲の物語は「主人公はGIFTを贈る方ではなく、もらっていた方だった」というものだ。

最後の歌詞を引用したので見てほしい。

僕は抱きしめる 君がくれたGIFTをいつまでも胸の奥で ほらひかってるんだよ ひかり続けんだよ

"君"という大切な存在がいたからこそ、主人公はGIFTについて深く考えていた。

そのため、もし"君"がいなかったらGIFTについて考えることもなかったし、探そうともしてないはず。

ようするに、"君"という存在自体が主人公にとってのGIFTだったのだ。

「GIFT」というタイトルでラスト直前まで主人公=贈る方と見せかけて、最後の最後で本当はもらっていた方だったというミステリー小説のようなオチ、さすがミスチルである。

ひとこと

ただの贈り物ソングではない

【GIFT/歌詞解釈②】ミスチルマジック!

「夜景と不忍池(フォトモンタージュ)夜景と不忍池(フォトモンタージュ)」のフリー写真素材を拡大

1番の歌詞では主人公が"君"へのGIFTを贈ろうとしている様子が描かれている。

個人的に上手いなぁと思ったのがBメロの歌詞。

それがこちら。

長い間君に渡したくて強く握り締めていたから もうグシャグシャになって色は変わり果て お世辞にもきれいとは言えないけど

これは私がこの曲で最も桜井が上手いなあと思った歌詞だ。

この歌詞を見ると、健気で誠実で、純粋な主人公を想像してしまう(笑)。

これによって聴き手はこの曲に対して、そしてミスチルに対してさえもすごい好感が持てるのだ。

ミスチルマジックだ(^^)/。

ひとこと

「あざとい」と言われても仕方ないような歌詞笑


スポンサーリンク

まとめ

15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

ちなみに2番の歌詞はタイトルの「GIFT」と正直まったく関係ない(笑)。

もはや人生観を描いた壮大なテーマになっており、メロディー抜きにすれば1番と2番はまったくの別物だ。

生きているとたくさんの壁にぶつかる。

そんなときにこの曲を聴いてみてほしい。

誕生日やクリスマスのときに流したい1曲でもあるけれど、2番の歌詞があることで背中を押してくれる1曲へと仕上がっている。

なんて汎用性の高い曲なのだろうか。

ひとこと

ちなみにPVのラストがすごく感動的

「GIFT」の評価

5点満点中4点

ちなみに、この曲で紅白歌合戦に出場した



-音楽レビュー, Mr.Children, 15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.