【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 7thアルバム『DISCOVERY』

【ミスチル】脳内が破壊される1曲「アンダーシャツ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年3月19日 更新日:

「アンダーシャツ」のイメージ

収録アルバム『DISCOVERY』の中では唯一の社会風刺ソング。ヘビーなサウンドと桜井のキレッキレの歌声がマッチしており、ロック色の強い1曲に仕上がっている。

この記事の概要

  • 「アンダーシャツ」のみんなの評価は?
  • 「アンダーシャツ」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/7thアルバム『DISCOVERY』の4曲目「アンダーシャツ」

そもそも「アンダーシャツ」って?

7thアルバム『DISCOVERY』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが1999年2月3日に発売した7thアルバム『DISCOVERY』に収録されている。

ヘビーなサウンドと桜井のキレッキレの歌声がマッチした、ヘビーな社会風刺ソング。

演奏時間が5分26秒と比較的長いうえにキャッチーでもないので、繰り返し聴こうとは思えない。

収録アルバム『DISCOVERY』では、この曲の後に「ニシエヒガシエ」というこれまたマニアックな曲調のロックソングが控えてるため、立て続けに聴くと脳内が壊される(笑)

>>ブレイク期が過ぎてしまった原因に!?「ニシエヒガシエ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ひとこと

ガヤガヤしてるから疲れる。。。

「アンダーシャツ」のみんなの評価は?

佐藤さん
とにかく過激で世を皮肉った歌詞が続く。やっぱまだ悩ん(ry 汚れた世界と真っ白なシャツを理想と現実の心の例えとして対比するらへんは桜井らしい。 全体的な構成にムリヤリ感があるのが残念。
中川曰く「今までになかった感じ」らしい。 「フリースタイルジャズ モータウンサウンド ウエストコースト カントリーにテクノ ジャンルは ともかく 音を鳴らせ」 これがこのアルバムのコンセプトか。
山田さん
鈴木さん
『ジャジャ!ッッッッ…ジャジャ!ッッッッ…』って所がワタクシはすこぶる好きです!あのリズムが気持ち良いのです!
ライブ映えする曲。全体的にDISCOVERYに収録されているオリジナルは音が大人しいから、こちらの方が○。
田原さん
木村さん
メロディは単純だが、曲全体に散りばめられているブラスと絡んだ重い演奏はGood

ひとこと

『DISCOVERY』の世界観にあったヘビーな演奏


スポンサーリンク

ここからは管理人の「アンダーシャツ」独自解釈!

【アンダーシャツ/歌詞解釈①】「アンダーシャツ」の意味とは?

白いTシャツのイラスト

我が国日本に対しての批判が歌われた1曲で、歌詞はどこかナイフのような切れ味がある。

また、6thアルバム『BOLERO』の収録曲「タイムマシーンに乗って」と内容が酷似。

>>>"楽しい"社会風刺ソング!?「タイムマシーンに乗って」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

そのため「タイムマシーンに乗って」の二番煎じ感が否めない(^_^;)。

タイトルの「アンダーシャツ」とは"下着用のシャツ"のこと。

なぜこのようなタイトルにしたのだろうか。

まずは次の引用した歌詞を見てほしい。

心はいつでも真っ白なアンダーシャツ

世の中には偏った思想がたくさん存在する。

そんな中で、主人公はいつだって偏った思想には染まらないという信念を"真っ白なアンダーシャツ"と例えているのだ。

ただ、これは良い意味でとらえることができるが、悪い意味でもとらえられる。

つまり、世の中で起こるあらゆる出来事において、自分は関係ないという興味の薄さを"真っ白で汚れのないアンダーシャツ"と自虐的に例えているという解釈もできるのだ。

結局タイトルの「アンダーシャツ」とは表裏一体の意味を持っているのである。

ひとこと

アンダーシャツ、意外と深い意味がある

【アンダーシャツ/歌詞解釈②】若者達の夢はあまりにも非現実的!?

将来の夢のイラスト

1番の歌詞では、世界では戦争やテロが勃発している国があるにもかかわらず、日本は平和で良いね~という皮肉が歌われている。

特に、桜井の考えがよく分かる歌詞が登場するのでそちらを引用してみた。

練りに練られたカリキュラムにそって若年寄はトレンド志向の強い Dream

"練りに練られたカリキュラム"によって教育される若者たち。

彼らの夢は俳優、歌手、ダンサーといったトレンド志向の強いものばかり。

結局のところ、若者たちは勉強とは縁のない(と思われがちな)職種を夢見るため、"練りに練られたカリキュラム"は失敗しているのでは?というメッセージが込められているのだ。

桜井は教育のあり方についての批判をよく歌詞にいれている(「タイムマシーンに乗って」や「So Let's Get Truth」など)

>>>"楽しい"社会風刺ソング!?「タイムマシーンに乗って」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>社会に対する静かな怒りが。。。「So Let's Get Truth」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

つまり、教育のあり方に興味がある桜井は子ども好きという解釈ができる(笑)。

ひとこと

子ども好きな桜井

【アンダーシャツ/歌詞解釈③】殺伐とした世の中だ・・・

癒着のイラスト

2番の歌詞では、身近な存在・遠い存在という2つの対象をまとめて批判している。

まずは身近な存在についての批判。

次の引用した歌詞を見てほしい。

金縛りにあい涙をためても 隣の女の態度は他人行儀

金縛りにかかり恐くなっちゃった主人公(笑)。

しかし、"隣の女"は見向きもせず。

昨今の近所との関わりが薄くなった世の中への皮肉にも聞こえる歌詞だ。

そして、次は遠い存在についての批判。

次の引用した歌詞を見てほしい。

テレビをつければバブルがはじけて 私腹を肥やして捕まる参議院議員

もうこの歌詞は直接的過ぎてで解釈のしようがない(^_^;)。

政治家が捕まったりすると、やっぱり国民は怒らざるを得ない。

身近な存在とは関係が薄く、遠い存在は怒りの対象となる、そんな殺伐とした世の中を躊躇なく表現している。

いろいろな事が起こる世の中で、私たちは無関心な"真っ白なアンダーシャツ"のままでいいのだろうか。

そんな疑問を突きつける社会風刺ソングなのだ。

ひとこと

殺伐とした世の中をどうにか生きる

スポンサーリンク

まとめ

7thアルバム『DISCOVERY』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

こういう社会風刺ソングは、正直もうやめてくれ!という感じ。

個人的には捨て曲だし、ヘビーな演奏が耳に刺ささる感じがして疲れてしまう。

ひとこと

この曲を好きな人は少ないと思う

「アンダーシャツ」の評価

5点満点中1点

疲れる…



-音楽レビュー, Mr.Children, 7thアルバム『DISCOVERY』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.