【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 19thアルバム『重力と呼吸』

【ミスチル】切符の行き先ははたして...?「秋がくれた切符」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:

ミスチル「秋がくれた切符」

秋を舞台にして、冷め切った男女を描いたバラード。収録アルバムには他にインパクトの強いバラードがあるため、影が薄くなってしまっているが、完成度は高い。

この記事の概要

  • 「秋がくれた切符」のみんなの評価は?
  • 「秋がくれた切符」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/19thアルバム『重力と呼吸』の収録曲「秋がくれた切符」

そもそも「秋がくれた切符」って?

Mr.Childrenが2018年10月3日に発売した19thアルバム『重力と呼吸』の収録曲。

しっとりとした、秋をテーマにしたバラード。

収録アルバム『重力と呼吸』におけるバラードはこの曲の他に、7th配信シングル「here comes my love」と「皮膚呼吸」がある。

「here comes my love」は壮大なラブソングであり、しかもシングルなのでインパクトが強い。

「皮膚呼吸」は、『重力と呼吸』における最重要曲かつ近年のバラードの中でも屈指の完成度なのでインパクトがとても強い。

これらのバラードの存在感が圧倒的に強いため、若干「秋がくれた切符」の印象が薄まってる

とはいえ、完成度が低いわけでは全くない。

耳に馴染みやすい曲調であり、"神さま"や"贈り物"、"夕日"といったキャッチーな単語が多く登場するので、もう誰もが好きになるはずの1曲になっていると思う。

また、収録アルバムが10月3日という秋の発売だったため、タイムリーなのも良かった。

ひとこと

聴き終えると、素直に「良い曲だなぁ」としみじみ思える良曲

「秋がくれた切符」のみんなの評価は?

山田さん
キャッチーなバラード。もちろん秋に聴きたい1曲。
アルバムの中では唯一(良い意味で)普通の内容の曲。歌詞もメロディーも万人受けするはず。
鈴木さん
佐藤さん
「addiction」「day by day」とロックな曲が続いた後の、穏やかなバラード。先の見えない男女を描いた小粋な作品。
じんわりと染みる1曲。
北野さん
木村さん
タイトルも歌詞も曲調も「あぁミスチルらしい」と思えた1曲。小林武史がいたころのバラードみたい。

ひとこと

万人受け間違いなし!


スポンサーリンク

ここからは管理人の「秋がくれた切符」独自解釈!

【秋がくれた切符/歌詞解釈①】もの悲しい季節がやってきた

「今にも散りそうな枯葉」の写真

タイトルを見てわかるように、秋が舞台になっている。

夏が終わり、少しもの悲しい雰囲気が漂う秋がやってきた。

1番の歌詞を引用したので見てほしい。

公園の緑は その葉落としはじめて カバンの中に一枚そっと着地した

この歌詞で、タイトルの「秋がくれた切符」の正体が分かる。

つまり、「秋がくれた切符」とは"落ち葉"のことなのだ。

ひとこと

落ち葉を"秋がくれた切符"と命名するセンス...素晴らしすぎる

【秋がくれた切符/歌詞解釈②】二人の間柄にも"秋"がきてしまった

離婚のイラスト

この曲に登場するのは、主人公と"君"。

カップルか夫婦なのだろう。

しかし、歌詞を見ると、二人は倦怠期を迎えていることが分かる。

神さまが僕らにくれた
何かの切符みたいだ
でも なんの褒美なんだろう
今日も喧嘩したのに

つまり、二人の間柄にも秋のようにもの悲しい雰囲気が漂っている

開放的で高揚する季節が夏だとすると、二人のラブラブだった時期が夏と置換えることが出来る。

季節と共に、二人の間柄にも変化が訪れてしまったのだ。

  • 夏=ラブラブ期
  • 秋=倦怠期

はたして二人は別れてしまうのか、それともまた愛を育めるのか。

秋がくれた切符は二人をどこへ連れて行ってくれるのだろうか。

次の2つの引用した歌詞を見てほしい。

神さまが僕らにくれた
何かの切符みたいだ
でも どこへ行けというんだろ
この葉眺めて思う

寒そうにしてる君に 駆け寄り手を繋ぐ

ちなみに2つ目は、曲中における最後の歌詞。

秋がくれた切符を眺め、意味を考えていた主人公。

最後の歌詞で、主人公は"君"のもとへ駆け寄り手を繋いだことが描かれている。

つまり、二人の冷め切った関係をもとに戻そうとしたのだろう。

主人公は、秋がくれた切符を「二人がもう一度良い関係へと向かわせる切符」と意味づけたのだ。

ひとこと

冷め切った関係の二人に、もう一度"夏"は来るのか…?


スポンサーリンク

まとめ

二人のその後は、曲中で明かされることはない。

秋がくれた切符は、残念ながら、二人を悪い方向へと向かわせる予兆だったのかもしれない...。

 

3分30秒という少ない演奏時間にもかかわらず、この曲が描く物語に吸い込まれてしまうのは、歌詞とメロディーと歌い方の全てが絶妙にマッチしているからだろう。

良い曲なのでぜひ一度聴いてみてほしい。

ひとこと

やっぱり秋に聴くとより良い

「秋がくれた切符」の評価

5点満点中4点

ミスチルの秋ソング定番の曲になりそう



-音楽レビュー, Mr.Children, 19thアルバム『重力と呼吸』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.