【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD 』

【ミスチル】"戦闘服"はミスチルにとって似合わない!?「one two three」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年4月5日 更新日:

「one two three」のイメージ

前曲「Dear wonderful world」から曲間なく始まる1曲。明るくてポップな応援ソングで、ファンからの人気も高い。個人的には収録アルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の中で1番好きな1曲でもある(^^)/。

この記事の概要

  • 「one two three」のみんなの評価は?
  • 「one two three」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の4曲目「one two three」

そもそも「one two three」って?

10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが2002年5月10日に発売した10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』に収録されている。

明るいポップソングで、背中を押してくれる内容が最高。

ファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では7位に選ばれるなどファンからの人気も高い。

桜井の心境がかなり反映されている歌詞が多く登場するのも、ファンにとってはたまらない。

また、歌詞に「ショーシャンクの空に」という映画が登場する。

この映画は本当に名作なので、絶対に見てみてほしい。

私はこの曲がきっかけでその映画を見たが、最高だった。

アントニオ猪木からのインスパイアで製作された!

タイトルの「one two three」とはアントニオ猪木からインスパイアされており、曲の終盤にも猪木の引退試合のスピーチが収録されている。

そのスピーチの一部を引用したので見てほしい。

踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わずいけよ、いけばわかるさ

最高のスピーチである。

結局この曲の内容を凝縮したものがこのスピーチの内容だと思う。

また、猪木からのインスパイアもあってか、プロレスを思わせる歌詞も登場。

一歩踏み出すには勇気がいるけれど、その一歩が道になっていく。

そんな背中を押してくれる1曲なのだ。

ひとこと

人気曲なのにライブでは全然演奏されない。。。

「one two three」のみんなの評価は?

山田さん
ノリの良いサビが素晴らしい曲。 それでも都会を皮肉っているのはこのアルバムらしい。 ステレオタイプの半端モンな曲ではない作曲センスが桜井だな。
サビをもっとポップ感が出るようにした方が良かったと思う。猪木はいらない。
佐藤さん
鈴木さん
こういう明るいタイプは大好き! 元気になってくるよ・・・
ブラスを多用した軽快なポップロック。歌詞が凄く前向き。 ゆったりとしたリズムが、サビで突然速く(正確には細かく)なる展開が(・∀・)イイ!! ラストで有名な猪木の詩も聴ける。
田原さん
木村さん
ゴキゲンなホーンアレンジに乗せて歌い上げるアップテンポなポップソング。 桜井自身は詞に深い意味はないと言っている。良くも悪くも普通な作品。悪くはない。

ひとこと

ホーンアレンジが良い味だしてる


スポンサーリンク

ここからは管理人の「one two three」独自解釈!

【one two three/歌詞解釈①】戦闘服は似合わなかったミスチル

「鉄山靠(←→→ P+K)鉄山靠(←→→ P+K)」[モデル:OZPA]のフリー写真素材を拡大

1番の歌詞ではどこか悲観的になっている主人公の様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

「戦闘服よりはブレザーがよく似合う」浴びせられた最終の嫌みが胸をえぐる

"戦闘服"というのは攻撃的で男らしい服装だ。

いわゆる、プロレスラーが試合で着るような服である。

主人公はそんな服装を着た自分を誇らしく思っているのだろう。

しかし、浴びせられた言葉は"「戦闘服よりはブレザーがよく似合う」"。

"ブレザー"というのは"戦闘服"とは真逆の服装。

制服のようなものなので賢いイメージを与える服装。

主人公にとって、やっぱり賢いイメージをもたれるよりも、攻撃的で男らしいイメージをもたれたい。

だけど、自分にはそんな服装は似合わない・・・。

これは桜井の心境がかなり反映された歌詞だ。

当時のミスチルは"戦闘服"のような作品を立て続けに発表して、結局低迷期に入ってしまった。

例えば、シングルの「ニシエヒガシエ」や「光の射す方へ」。

>>>ブレイク期が過ぎてしまった原因に!?「ニシエヒガシエ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>再びマニアック路線に走ってしまったシングル!?「光の射す方へ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

アルバムでは『DISCOVERY』や『Q』などだ(^_^;)。

>>>復帰後初なのになぜ暗い!?7thアルバム『DISCOVERY』【アルバムレビュー】

>>>発売当時は不評だった!?独特な世界観の9thアルバム『Q』【アルバムレビュー】

結局売上は減少したので、ミスチルは"ブレザー"のような作品が似合っていたのだ。

それに気付いた桜井の心境がこの歌詞なのである。

ひとこと

やはりミスチルには"優等生"というイメージがある

【one two three/歌詞解釈②】自虐的な主人公

頭を抱えて悩んでいる人のイラスト(男性)

はたして主人公はどのような悲しみを抱えているのだろうか。

次の引用した歌詞を見てほしい。

ぬるま湯の冥利と分別を知った者特有のもろく鈍く 持て余すほろ苦い悲しみ

"冥利"とは"恩恵"という意味。

つまり、"ぬるま湯の冥利と分別を知った者"というのはかなり自虐的で、何事にも中途半端な人という意味なのだ。

そんな主人公が抱えている悲しみはもろくて鈍いもの。

これはつまり、"すぐに消えるものだけれど他人には気付かれづらいもの"だということだ。

たしかに、桜井自身が抱え込む悲しみは一般人からしてみると経験できないから気付かれづらいはず。

ひとこと

"ぬるま湯の冥利と分別を知った者"、よくこんなフレーズ思いつくわ

【one two three/歌詞解釈③】老人さえも容赦ない高級車

「ランボルギーニ・アヴェンタドール・シザースドアランボルギーニ・アヴェンタドール・シザースドア」のフリー写真素材を拡大

2番の歌詞では、ある出来事を例に挙げて、自分がかっこいい戦闘服を着た男になるための覚悟を描いている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

要人を乗っけた黒光りの車 間近で鳴らすクラクションに老人はたじろぐ

老人にさえも容赦なくクラクションを浴びせ、高級車は通っていく・・・。

要人が乗っているからといって、親切心をなくしちゃダメだと思う。

きっと、主人公は腹が立ったはず。

でも、特に何もすることなく主人公はその場にいるのだ。

次の引用した歌詞を見てほしい。

目の前のリングが有刺鉄線でも そこに立つチャンスをそっと狙ってるんだよ

主人公が見かけた老人クラクション事件。

それはまさに"有刺鉄線のリング"だ。

つまり、主人公はそういった腫れ物的な出来事(関わったら面倒くさくなる事)でさえも、正義感をもって立ち向かおうという覚悟があるのだ。

ひとこと

男らしい覚悟だ


スポンサーリンク

まとめ

10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

引用はしなかったが、この曲のサビの箇所は最高にポップで前向きになれる。

主人公と同じく、悲しい気持ちを抱いている人はぜひこの曲を聴いてみるといい。

絶対に勇気をもらえるはず。

ひとこと

前向きになれる1曲!


「one two three」の評価

5点満点中4.5点

ポジティブソング!



-音楽レビュー, Mr.Children, 10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD 』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.