【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD 』

【ミスチル】桜井がかけられた"魔法"とは?「蘇生」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年4月4日 更新日:

「蘇生」のイメージ

10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』のオープニングを飾る1曲。およそ2分間の「overture」から続く流れは何度聴いても素晴らしい。『IT'S A WONDERFUL WORLD』は久々の明るいポップなアルバムなので、この曲を聴くと「いよいよミスチルが深海から帰ってきた!!」と思わせられる。

>>>歴史に残る大名盤。。。!5thアルバム『深海』【アルバムレビュー】

この記事の概要

  • 「蘇生」のみんなの評価は?
  • 「蘇生」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の2曲目「蘇生」

そもそも「蘇生」って?

10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが2002年5月10日に発売した10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』に収録されている。

後にベストアルバム『Mr.Children 2001-2005 <micro>』にも収録された。

曲調はかなりキャッチーなものになっており、シングルでもまったく違和感のない完成度。

ライブでも頻繁に演奏されているので知名度の高さはかなりすごいはず。

また、収録アルバムの発売から9年後に映画「ライフ -いのちをつなぐ物語-」の主題歌に抜擢された。

「overture」からの流れは圧巻!

1曲目「overture」というインストゥルメンタルから、曲間なく始まる。

元々「overture」と「蘇生」はセットだったが、長すぎるため別々になった。

この「overture」からの流れは本当に圧巻だと思う。

ベストアルバムでは「蘇生」単独収録なのが残念。。。

前向きになれる内容なので絶対に(出来れば「overture」とセットで)聴くべき名曲だと思う。

ひとこと

何故シングルにしなかったのか。。。と思うくらいの名曲

「蘇生」のみんなの評価は?

山田さん
日の当たる架け橋を頭に浮かばせるイントロ~Aメロは芸術的。 綺麗な風景を思い浮かばせる音は心地よい
スーッととけてゆくような涼しげな爽やかな曲。 今ではライブでの定番になっています。
鈴木さん
北野さん
エレキの印象的なパターンに始まるポップなロック。 序盤、段々とリズムが細かくなっていく様は、ありきたりだが効果的。
このオープニングに相応しい、爽やかでスケールの大きめな仕上がり。 サビのキャッチーさには頭が上がらない、流石桜井。
田原さん
木村さん
ひたすら前向きな歌詞と、いかにもミスチルといった感じのアップテンポでポップなメロディが上手く融合されている。 単体で聴くとありきたりですぐ飽きるが、overtureと合わせると一気に名曲となる

ひとこと

オープニングナンバーにふさわしい1曲!


スポンサーリンク

ここからは管理人の「蘇生」独自解釈!

【蘇生/歌詞解釈①】虹の様に消えてしまう"憧れや理想"

ミスチル/蘇生/歌詞解釈①

1番の歌詞では主人公が経験した物語を描いている。

その物語とは一瞬で消える"憧れや理想"についてだ。

そして、"憧れや理想"を虹に例えて説明している。

虹はとても綺麗で見る者を魅了する。

しかし、虹を手に入れようとすると、それは儚くも消えてしまうのだ。

つまり、近づくと虹は見えなくなる。

次の引用した歌詞を見てほしい。

胸を揺さぶる憧れや理想はやっと手にした瞬間にその姿消すんだ

悲しい事実。

まるで虹のように、"憧れや理想"は手に入れた瞬間に消えてしまうのである。

これは「音楽で飯を食っていきたい」という理想をすぐに手に入れてしまった桜井だからこそ書ける歌詞だと思う。

憧れや理想を追いかけるのはいいけれど、手に入れたその先を考える人は少ない。

だからこそ悩んでしまうのだろう。

しかし、心配することはない。

サビでは前向きなメッセージを聴き手に送ってくれる。

次の引用した歌詞を見てほしい。

でも何度でも何度でも僕は生まれ変わって行く

どんなに思い悩んだり悲しくなっても、生まれ変わっていく。

"変化することへの勇気"をもらえる歌詞だ。

さらに、サビの後半では主人公の"憧れや理想"はまだ消えていなかったことが判明する。

次の引用した歌詞を見てほしい。

そうだ心に架けた虹がある

AメロBメロで登場していた"虹"。

消えてしまったはずの虹が、実は主人公の心の中に存在していた。

つまり、"憧れや理想"を手に入れてしまい何もすることがなくなってしまった主人公に新しい"憧れや理想"が生まれたのだ。

このようにして人間は生まれ変わって行くことができる。

今は死にかけのような状況だって「蘇生」することは誰だって可能なのだ。

ひとこと

いつでも生まれ変わることができる

【蘇生/歌詞解釈②】桜井がかけられていた魔法とは?

ミスチル/蘇生/歌詞解釈②

2番の歌詞は解釈するのが難しかった。

なぜならば、テレビに映ったことのある有名人にしか分からないことが描かれているからだ。

まずは次の引用した歌詞を見てほしい。

カーテンが風を受け大きくたなびいている そこに見え隠れしているテレビに目をやる

この歌詞で描かれているのが主人公の"テレビに対する嫌悪感"である。

カーテンによって隠れてしまうテレビ。

これは主人公の"テレビなんか見たくねぇ"という思いをカーテンを使ってあらわしている。

しかし、結局主人公はテレビを見てしまう。

それは、テレビへの嫌悪感はあるものの気になって仕方が無いからだ。

なぜ気になるのか。

テレビに自分が映っているからである。

次の引用した歌詞を見てほしい。

アジアの極東で僕がかけられていた魔法は誰かが見破ってしまったトリックに解け出した

"アジアの極東"とは日本のこと。

そんな日本で、主人公はどのような"魔法"をかけられていたのだろうか。

これは自分は世界のミュージシャンの中でナンバーワンだ!という自尊心である。

当時のミスチルの状況を知るとより分かるはず。

ミスチルは聴き手が置いてけぼりになりがちな作品を立て続けに発表してきた。

例えば、『DISCOVERY』や『Q』。

>>>復帰後初なのになぜ暗い!?7thアルバム『DISCOVERY』【アルバムレビュー】

>>>発売当時は不評だった!?独特な世界観の9thアルバム『Q』【アルバムレビュー】

そして、実際に連続ミリオンセラーはストップしてしまい、低迷期に入ってしまった。

桜井の"自分たちの音楽は何でも売れる"という魔法は解けてしまったのである。

そんな魔法が解けたこそ、『IT'S A WONDERFUL WORLD』のような明るくて大衆受けする作品ができあがったのかもしれない。

ひとこと

テレビで自分が写ってるとやっぱり嫌なのかなぁ


スポンサーリンク

まとめ

10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

何度も生まれ変わっていけるというメッセージが本当に素晴らしい。

曲調もキャッチーで耳になじみやすいし、前向きな内容がやっぱり良い。

ひとこと

爽やかポップソング!



-音楽レビュー, Mr.Children, 10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD 』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.