【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 2ndアルバム『Kind of Love』

【ミスチル】記念すべき初の◯◯!!「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月13日 更新日:

「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」のイメージ

この曲は1stシングル「君がいた夏」のカップリング曲である。

>>>子ども同士の淡い恋を描いた「君がいた夏」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

つまり、記念すべき初のカップリング曲。ポップな曲調で、聴いてて楽しい気分になる1曲だ。

この記事の概要

  • 「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」のみんなの評価は?
  • 「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/2ndアルバム『Kind of Love』の5曲目「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」

そもそも「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」って?

2ndアルバム『Kind of Love』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが1992年12月1日に発売した2ndアルバム『Kind of Love』に収録されている。

もともとは1stシングル「君がいた夏」のカップリング曲。

>>>子ども同士の恋を描いた1stシングル「君がいた夏」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ちなみに「君がいた夏」は1stアルバム『EVERYTHING』(デビュー日に発売)に収録されている。

>>>国民的バンドの記念すべきデビュー作!1stアルバム『EVERYTHING』【アルバムレビュー】

にもかかわらずカップリングのこの曲は2ndアルバムに収録されているので、この曲はデビュー後につくられたものだろう。

タイトルのグルーミーとは英語表記では"gloomy"。

これは"暗い"とか"陰気な"などというネガティブな意味である。

つまり、タイトルを訳すと私の陰気な日々よ、さよならである。

ひとこと

このポップさがいい!

「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」のみんなの評価は?

山田さん
サザンっぽい歌。 歌詞はイイ。メロディーはまあまあかなというところ。
グッバイ・マイ・グルーミーデイズのミスチルじゃない感がすごい
北野さん
佐藤さん
イントロからのドラムの流れが好きで隠れヘビロテ。
ミスチルの中でこんなにずーっとウキウキ・キラキラしてる曲ないぞ
田原さん
阿部さん
悪い意味では決してなく、落ち込む・・・純真無垢だった中学時代を思い出して。今の耳で聴いても、ドラムはジャジーだし、すごく踊れて、ハッピーな曲ですね

ひとこと

たしかにキラキラしてる


スポンサーリンク

ここからは管理人の「グッバイ・マイ・グルーミーデイズ」独自解釈!

【グッバイ・マイ・グルーミーデイズ/歌詞解釈①】電話越しだからこそのドキドキ感

家電・固定電話で話す男性のイラスト

恋の予感を感じずにはいられない主人公のうきうきした気持ちを歌っているこの曲。

1番の歌詞では、主人公の誕生日のエピソードが語られる。

1人きりの誕生日。

主人公は"あの娘"からのバースデーカードを待っている。

あの娘とは主人公が思いをよせる人のことであろう。

しかし、いつまでたってもバースデーカードはこない。

この結末がサビの手前で明かされる。

あきらめてた心のポストの中遅れて届いたあの娘からのBirthday Card

バースデーカードが届いた(^^)/。

この歌詞を見ると、"心のポスト"に届いたことがわかる。

これはつまり、実際のバースデーカードではなくて、電話でメッセージをくれたということだろう。

この解釈には理由がある。

なぜならば、この曲の歌詞には主人公と"あの娘"は電話を通じてのやりとりしか行われていないからだ。

顔が見えないからこそのドキドキ感、そして高揚してる感じが若々しさを表現していて良いと思う。

ひとこと

電話越しってけっこうドキドキする

【グッバイ・マイ・グルーミーデイズ/歌詞解釈②】待ちに待った日曜日(グッバイ・マイ・グルーミーデイズ)

やる気に燃える人のイラスト(男性)

2番の歌詞を見ると、2人は日曜日に会うことがわかる。

"トラブル続きの6days"という歌詞があることから、主人公の月曜から土曜まではタイトルのとおり"グルーミーデイズ(陰気な日々)"だった

しかし、そんなグルーミーデイズにも別れを告げる時がきたのだ(^^)/。

次の引用した歌詞を見てほしい。

夕べあの娘からのTelephone Call真夜中まで尽きない話の続きが今日の待ち合わせ

いよいよ日曜日がやってきた。

前日からワクワクが止まらないことがこの歌詞を見るとわかる。

どんなに話しても、尽きない。

そんな2人がいよいよ会う。

主人公にとって、まさにグッバイ・マイ・グルーミーデイズの気分であろう。

ひとこと

楽しい日曜日になっただろう


スポンサーリンク

まとめ

2ndアルバム『Kind of Love』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

記念すべき最初のカップリング曲。

A面の「君がいた夏」よりもワクワク感やキラキラ感を感じる。

>>>子ども同士の淡い恋を描いた「君がいた夏」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

聴いてるこっちまでわくわくしてくる、そんな曲!

ひとこと

初期だからこその1曲だ


「君がいた夏」の評価

5点満点中3.5点

瑞々しい



-音楽レビュー, Mr.Children, 2ndアルバム『Kind of Love』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.