【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 11thアルバム『シフクノオト』

【ミスチル】ヘンテコなアルバムリード曲!?「天頂バス」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年4月30日 更新日:

「天頂バス」のイメージ

この曲は収録アルバム『シフクノオト』のCMで使用された。そのため、『シフクノオト』のリード曲と言っても過言ではないだろう。ただ、曲調はかなりヘンテコで9thアルバム『Q』に収録されていても違和感がない。

>>>発売当時は不評だった!?独特な世界観の9thアルバム『Q』【アルバムレビュー】

この記事の概要

  • 「天頂バス」のみんなの評価は?
  • 「天頂バス」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/11thアルバム『シフクノオト』の10曲目「天頂バス」

そもそも「天頂バス」って?

11thアルバム『シフクノオト』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが2004年4月7日に発売した11thアルバム『シフクノオト』に収録されている。

『シフクノオト』のCMに使用されたので、アルバムリード曲としてとらえて良いだろう。

ヘンテコな曲調なうえ、6分24秒と比較的長い演奏時間なので聴いてて疲れるかも(^_^;)。

私自身初めはとばしがちだったが、何度か聴いてみるうちにこの曲の魅力にハマった。

一風変わった曲調がハマった要因なのかもしれない。

つまり中毒性のある1曲だ。

タイトルにはいろいろな意味がある

タイトルの「天頂バス」は曲中で"天国行きのバス"として登場する。

この曲の主人公は現状に不満を持っている。

天国行きのバス、つまり「天頂バス」というのは死ぬまで乗り続けるバス

降りれば地獄。

そんなバスに乗ってより良い居場所を目指そう!という内容になっているのだ。

また、"天頂"に様々な意味を付け加えているという遊び心も面白い。

まずは"店長"。

これはイントロで桜井が「へい、いらっしゃい!」と喋(笑)。

また、"転調"という意味もある。

これはサビがAメロBメロの曲調とは打って変わるのだ。

まさに曲の転調が行われている。

収録アルバムのタイトル『シフクノオト』にもこのように様々な意味があるので、やっぱりこの曲はアルバムリード曲ととらえて良い。

ひとこと

中毒性のあるアルバムリード曲

「天頂バス」のみんなの評価は?

山田さん
かっこいい。 鳥肌が立つ瞬間があるのと、一時的な?中毒性。
アルバムの中心にどっかりと腰を据える濃密なサウンド。二転三転する曲調、鬼気迫る桜井のシャウト。 M9「Any」の中途半端っぷりを豪快に吹き飛ばす。これぞミスチル流ロック、という1曲。 変なタイトルからは想像もつかない名曲。
佐藤さん
阿部さん
裏声から地声へ切り替わる、あの得もいえぬ快感。
以前聴いた感じ・・・と思ったら、スペースアワーな感じとリズムに惹かれてきた。よく出来たB級作品。
田原さん
滝さん
「明日こそきっと」だなんて戯言抜かして自分を変えるエピソードを待ってるだけじゃ時間は無駄に過ぎるだけ、という歌。

ひとこと

"よく出来たB級作品"、これすごい的を得てると思う


スポンサーリンク

ここからは管理人の「天頂バス」独自解釈!

【天頂バス/歌詞解釈①】意識が高すぎる主人公

意識高い系の人のイラスト

1番の歌詞では、意識の高い主人公の様子が描かれている。

まずは次の引用した歌詞を見てほしい。

隅から隅まで未来を書きためたネタ帳 A.B.C

主人公は"ネタ帳"を持っている。

さらに、その中身には未来(自分の理想の将来像)を書きためているのだ。

この意識の高さは見習いたい。

"A.B.C"とは書きためた未来の数々をあらわしている。

若々しくてパワフルな主人公が目に浮かぶ。

ただ、あまりにも意識が高すぎて冷酷さがある・・・。

その様子が分かる歌詞があるので引用してみた。

ここの連中と慰め合っちまえば 向こう側の奴が笑ってたって気づきもせずGame Over

なんて冷酷な主人公なのだろうか。

だけれども、こうゆう考えを持っている人が成功者になれるのかもしれない・・・。

"ここの連中"というのは主人公と同じ立ち位置にある人々。

つまり、まだ日の目を浴びない人々だ。

そんな仲間とさえも主人公は馴れ合おうとしない。

いつか"向こう側の奴"を見返してやるためにも主人公は上だけを目指して進むのだ。

ひとこと

意識高い系だね

【天頂バス/歌詞解釈②】思い立ったが吉日

青い鳥のイラスト

2番の歌詞では、行動力のある主人公の様子が描かれている。

聴き手に向けてのメッセージととらえることができる歌詞も登場。

次の引用した歌詞を見てほしい。

「明日こそきっと」って虚言ぬかして自分を変えてくれるエピソードをただ待ってる木偶の坊

ぐさっと胸に突き刺さる歌詞だ。

やるべき事を明日にまわす・・・それがずっと続いてしまう。

そんな負のループに陥ってしまう人間は、やっぱり意識の高い主人公からしてみると嫌悪感があるのだろう。

次の引用した歌詞を見てほしい。

待ってろブルーバード 今捕まえに行くぞ

主人公は何かを明日にまわすことなんてしない。

思い立ったが吉日なのだ。

行動力があれば、誰よりも先にブルーバード(幸せ)を捕まえることができるのかもしれない。

ひとこと

行動力も高い笑


スポンサーリンク

まとめ

11thアルバム『シフクノオト』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

意識も高く、行動力も高い主人公。

見習いたい!

びしばしとやわな心を改善してくれる1曲なので、ぜひ何回も聴いてみてほしい。

ひとこと

この曲を聴けばやわな心を改善できるかも。。。笑

「天頂バス」の評価

5点満点中3.5点

中毒性がある



-音楽レビュー, Mr.Children, 11thアルバム『シフクノオト』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.