【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 3rdアルバム『Versus』

【ミスチル】24年の時を超え再び日の目を浴びた1曲「メインストリートに行こう」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月18日 更新日:

「メインストリートに行こう」のイメージ

ポップな曲調で、初期のミスチルらしい若々しさあふれる1曲。当時のライブでは盛り上げ曲として歌われていたらしい。

この記事の概要

  • 「メインストリートに行こう」のみんなの評価は?
  • 「メインストリートに行こう」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/3rdアルバム『Versus』の2曲目「メインストリートに行こう」

そもそも「メインストリートに行こう」って?

3rdアルバム『Versus』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

Mr.Childrenが1993年9月1日に発売した3rdアルバム『Versus』に収録されている。

これぞ初期ミスチル!という感じの爽やかポップソング。

聴きやすさ抜群だしノリノリになれるので、やはりライブで盛り上げ曲として演奏されてただけある。

2017年は「メインストリートに行こう」が注目された!?

ちなみに「Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ」ではおよそ20年ぶりに演奏された。

20年ぶりだなんて、実際にライブに行ったファンはかなり感動したのではないだろうか。

それよりも、新規のファンは確実に「未発表曲?」と思ってしまっていたはずだ(^_^;)。

この演奏の模様はドキュメンタリー映像作品『Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く』に収録されているのでぜひ見てほしい。

また、2017年7月26日に発売された37thシングル「himawari」ではライブ音源として「メインストリートに行こう」が収録された。

>>>愛するが故に生まれるコンプレックス「himawari」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

 なぜか2017年は「メインストリートに行こう」がスポットライトを浴びた年だった。

ひとこと

爽やかさ一品級。。。!

「メインストリートに行こう」のみんなの評価は?

山田さん
比較的ノリの良い曲。 ライヴでも盛り上げ役の曲だったとか。
軽快なリズムを持ち、曲調も歌詞も楽しめる曲。 ファンキーなサックスも(・∀・)イイ!!
鈴木さん
田原さん
この歌詞の中で、デートの日に彼氏が彼女の家に車で迎えに行って、着いたよ!の挨拶としてクラクションを2 times鳴らすというシーンがある。 当時は携帯なんて無かったからね。 幼心に大人への憧れが募った覚えがある。
ウネウネする鍵盤入ってていい味出してるのになんかイマイチなサックスが入ってて演歌っぽくなってて若干残念だけど好き。
木村さん
阿部さん
「メインストリートへ行こう」なんかはまさに大学生のチャラい恋愛

ひとこと

"大学生のチャラい恋愛"って、なんかわかるかも笑


スポンサーリンク

ここからは管理人の「メインストリートに行こう」独自解釈!

【メインストリートに行こう/歌詞解釈①】クールそうで、クールじゃない!!

「木曜日のカンパネラ木曜日のカンパネラ」[モデル:たけべともこ]のフリー写真素材を拡大

内容は主人公が想いをよせる女の子をデートに誘うというもの。

1番の歌詞ではやっとの思いでデートにこぎつけた主人公の様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

仲間達がいう程君ってクールじゃないのがいいね

主人公の仲間内ではその女の子に対してクールなイメージがある。

きっと、その女の子はそうとう美人だと思う。

なぜならば、美人な女の子はどこかクールなイメージがあるからである。

なぜ美人はクールなイメージがあるのだろう・・・。

自分に自信があるからだろうか(笑)。

さて話を戻すが、そんなクールなイメージの女の子はあんがい話しやすい子だった。

主人公は彼女に対するイメージのギャップがたまらなかったであろう。

うきうきな主人公が目に浮かぶ一幕だ。

ひとこと

クールそうに見えてクールじゃないって最高

【メインストリートに行こう/歌詞解釈②】ついに恋人になりました!

デートのイラスト「仲良しカップル」

2番の歌詞ではデートに誘った女の子がついに恋人になる様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

気まぐれなTalk いたずらなSmile 人並みあふれたスクランブルでHold me tight  Sexyなポーズ 突然のキッス

ここの歌詞、流れがおもしろい。

まずはTalk(会話)。

たまに見せるかわいいSmile(笑顔)。

そして、スクランブルというメインストリートで抱きしめ、キスをする。

会話という誰でも許される行為から、恋人同士でしか許されないキスという行為までの過程。

つまり、どんどん恋人になっていく過程が非常に良い。

ついに、主人公は狙っていた女の子を恋人にすることができたのである。

ひとこと

恋人にできてよかったよかった笑

【メインストリートに行こう/歌詞解釈③】もうラブラブな2人

ハート型ケチャップのオムライスのイラスト

女の子をまたデートに誘うところでこの曲は終わる。

また、ラストの歌詞は冒頭の歌詞とほとんど同じ。

次の2つの引用した歌詞を見てほしい。

上が冒頭の歌詞で、下がラストの歌詞だ。

待ちわびてた約束の週末誰にも内緒のDrivin'

待ちわびてた約束の週末今夜5回目のDrivin'

冒頭の時点ではまだ恋人にはなっていない、初めてのデートである。

それが曲中で恋人になり、ラストにはもう5回もデートへ行っているラブラブな2人になっているのだ。

歌詞の構造は同じだが、ちょこっと言葉を変えることで状況がまったく変わっているのがおもしろいし素晴らしい。

ひとこと

どんだけデートしてんだ。。。


スポンサーリンク

まとめ

3rdアルバム『Versus』の全曲レビュー一覧はこちらをクリック

収録アルバム『Versus』の中では4分もない最も短い曲。

そのため、気軽に肩の力を抜いて聴ける1曲である。

ひとこと

お気軽ポップソング


「メインストリートへ行こう」の評価

5点満点中3.5点

タイトルも何か良い感じ



-音楽レビュー, Mr.Children, 3rdアルバム『Versus』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.