【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 19thアルバム『重力と呼吸』

【ミスチル】亡き飼い主の帰りを待つ犬を描いたロックナンバー「day by day(愛犬クルの物語)」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:

ミスチル「day by day(愛犬クルの物語)」

「愛犬クルの物語」という、印象的なタイトルが特徴的。ほのぼの系の曲かと思ったが、予想を裏切るロックナンバー。そこそこキャッチーだけれど、個人的には印象に残らなかった。

この記事の概要

  • 「day by day(愛犬クルの物語)」のみんなの評価は?
  • 「day by day(愛犬クルの物語)」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

ミスチル/19thアルバム『重力と呼吸』の収録曲「day by day(愛犬クルの物語)」

そもそも「day by day(愛犬クルの物語)」って?

Mr.Childrenが2018年10月3日に発売した19thアルバム『重力と呼吸』の収録曲。

3分14秒と、アルバムの中では最も短い演奏時間。

初めてタイトルを見たとき、day by dayは分かるけど、サブの「愛犬クルの物語」でびっくりした(笑)

"愛犬クル"だなんて可愛らしい単語が入っているものの、曲自体は意外にも疾走感あふれるロックナンバー

まあまあキャッチーで聴きやすいけれど、個人的にはあまり印象に残らなかった

愛犬クルとは一体!?

骨を噛む犬のイラスト

この曲を聴いた人なら、おそらく誰もが「愛犬クルって!?」と思うはず。

しかし、今2019年現在、愛犬クルの正体は明らかになっていない

モデルがいるのかもしれないし、いないのかもしれない。

調べたところ、忠犬ハチ公のように、クルという名前の犬の逸話はない。

桜井が犬を飼っている(または、飼っていた)という情報もない。

よって、桜井の創作と考えた方が無難。

ひとこと

いつか、愛犬クルの正体が明らかになるかも!?

「day by day(愛犬クルの物語)」のみんなの評価は?

佐藤さん
結構ロックなナンバー。犬を主人公にしていて珍しさはあるけれど、可も無く不可も無く。
犬の忠実さを描いた1曲。インパクトはあまりない。
阿部さん
木村さん
疾走感がある。結構好き。
犬好きにはたまらない曲かも!
山田さん
滝さん
めずらしく犬を描いた歌詞になっているため、何の変哲もない曲がある程度印象強い曲になっている。

ひとこと

犬好き必聴!?(笑)


スポンサーリンク

ここからは管理人の「day by day(愛犬クルの物語)」独自解釈!

【day by day(愛犬クルの物語)/歌詞解釈①】愛犬クルの飼い主に対する愛情

自分の尻尾を追いかける犬のイラスト

メインタイトルの"day by day"とは、日本語で"日に日に"という意味。

サビの歌詞を引用したので見てほしい。

So day by day And day by day 愛おしさはまた深くなっていくよ

主人公は、日に日に愛おしさが深くなっている。

では、この曲における主人公と、愛おしさの対象は誰なのだろうか。

私は次のように解釈した

  •   主人公  ・・・愛犬クル、(愛犬クルの飼い主)
  • 愛おしさの対象・・・愛犬クルの飼い主

つまり、この曲は愛犬クルの飼い主に対する愛情を描いている。

ただ、主人公は、一応かっこつきで"愛犬クルの飼い主"でもあると私は解釈した。

理由は次節より解説する。

メモ

「靴ひも」のイメージ

犬が登場する曲といえば、12thアルバム『I♥U』の収録曲「靴ひも」がある。ただ、「靴ひも」における犬というのは、あくまで片思い中の主人公を比喩したもの。

>>>"初期ミスチル"を彷彿とする優しいラブソング「靴ひも」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ひとこと

歌詞における"犬"は何かの比喩が多かったりするけど、この曲ではちゃんとした"愛犬クルの物語"だった

【day by day(愛犬クルの物語)/歌詞解釈②】クルと夫だけになってしまった…

犬と寝る人のイラスト

愛犬クルは自身の飼い主を慕い、愛している。

ただ、1番の歌詞を見てみると、どこか悲壮感が漂っていることが分かる。

時には悲しみ 孤独に似た日々 固いベッドで分けあって 週末の度 助手席に乗り移動 何かを補い合うように暮らす二人

"何か"を補い合うように暮らす"二人"。

この歌詞で、2つの疑問がわく。

  • "何か"とは?
  • "二人"とは誰を指してるのか?

これらの疑問は、2番の歌詞で明かされる。

愛犬クルは仲の良い夫婦が
こどもに恵まれずそれでやって来たという
でもそのおかげでみんな幸せになったよ
綺麗だったあの女性(ひと)がいなくなってからも

この歌詞の中で最も重要な箇所は、"綺麗だったあの~"だと思う。

補足すると「愛犬クルは子供に恵まれない夫婦のもとに飼われていたが、妻がいなくなってしまい、クルと夫だけになった」だ。

つまり、1番の歌詞あった"何か"とは"妻の温もり"であり、"二人"とは"クルと夫"。

何か(妻の温もり)を補い合うように暮らす二人(クルと夫)

妻がいなくなってしまった理由は明かされない。

離婚なのかもしれないし、死別なのかもしれない。

個人的には、離婚と解釈してしまうと、この曲が変に失恋の悲しみみたいなのを帯びてしまい、メインテーマである"愛犬クルの飼い主に対する愛情"が薄れてしまう。

そのため私は、妻がいなくなってしまった理由は亡くなってしまったからと解釈している。

ひとこと

妻の死別によりクルと夫だけになってしまった…

【day by day(愛犬クルの物語)/歌詞解釈③】帰ってこないはずの飼い主を待つクル

エリザベスカラーをつけた犬のイラスト

大サビの一部の歌詞を引用したので見てほしい。

今もなお帰りを待っているの?

きっと、クルは妻がいなくなったことを知らず、いつまでも帰ってくるのを待っているのだろう。

前節で引用したサビの歌詞"愛おしさはまた深くなっていくよ"というのは、次のように解釈できる。

  • クル・・・まだ帰ってこない飼い主(妻)への愛おしさ
  •  夫・・・もう帰ってこないはずの妻を待っているクルへの愛おしさ

つまり、サビの部分だけは主人公がクルだけでなく、飼い主(夫)にもなる。

ひとこと

何も知らないクルの行動が、飼い主(夫)にとっては涙腺を刺激する...


スポンサーリンク

まとめ

演奏時間が短いので、気軽に聴ける。

犬を描いた歌詞も新鮮でおもしろい。

ただ、あまりインパクトはないので、印象には残りづらい。

ひとこと

この曲、バラードverあったら聴いてみたい(でも、バラードにすると内容的にクサくなりそうかも...)

「day by day(愛犬クルの物語)」の評価

5点満点中3点

「続・愛犬クルの物語」とかあったら面白そう(笑)



-音楽レビュー, Mr.Children, 19thアルバム『重力と呼吸』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.