【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

B'z 音楽レビュー 3rdアルバム『BREAK THROUGH』

【B'z】初期最後のアルバムなのになぜ影が薄い!?3rdアルバム『BREAK THROUGH』【アルバムレビュー】

投稿日:2018年9月23日 更新日:

B'z『BREAK THROUGH』

出典:https://www.amazon.co.jp

1990年2月21日発売。1stミニアルバム『BAD COMMUNICATION』のロングヒット中に発売された3rdアルバム。

>>>これがB'zの出世作だ!1stミニアルバム『BAD COMMUNICATION』【アルバムレビュー】

そのため、B'zとしては初のトップ10、、、、どころかトップ3を獲得した。累計売上は72万枚。本作がヒットしたため「アルバム3枚までにヒットさせる」というレコード会社の方針(警告?)も何とか達成することができた。

この記事の概要

  • 『BREAK THROUGH』のみんなの評価は?
  • 『BREAK THROUGH』とは一体どういうアルバムなのか?
  • 『BREAK THROUGH』の全収録曲レビュー一覧

スポンサーリンク

B'z/3rdアルバム『BREAK THROUGH』

B'z/3rdアルバム『BREAK THROUGH』のみんなの評価は?

滝さん
B'z3枚目のアルバム。いやぁ若い。歌詞も歌声もすごい若くて青臭い。 12枚目のアルバム『GREEN』のあえてやってる青臭さとは違い、『BREAK THROUGH』は本物の青臭さ、若さを感じる。 いまいちブレイクしきれてなかった若い二人の「突き抜けたい」という気持ちが伝わってくる一枚です。
前作で完成させたものをさらに発展させた感じですかね。 ヒップホップ風の曲なども登場してます。 そういう意味では実験的なアルバムだと思います。 なので完成度は個人的にはイマイチ。
田原さん
北野さん
「B'z1地味な作品」というわけで、めったに話題に挙がらないこのアルバム。 こうして聴いてみると、デジタルビートを根本としながら結構幅広く面白いことをやっている。殆どが微妙な出来だが。 物語調の歌詞が多いことも特徴の一つだが、「あぁトレンディ、何もかもトレンディ」といった感じで、その時代を通っていないとキツい節がある。 黄金のバブル時代を懐かしみたい人は是非。そうじゃないんだったらこのアルバムは最後に回そう。
私にとって前作Off The Lockが初期B'zの決定的な傑作だった為、今作は今イチです。 路線は変わってないものの、曲時代が前作に及ばないものが多かった気が。
山田さん
佐藤さん
デジロック3部作のラストを飾る3rdアルバム『BREAK THROUGH』。『OFF THE LOCK』ほど魅力は感じませんが、こっちもイイことに変わりなし。 有名曲は特にありませんが、どれもこれも佳曲。

ひとこと

前作『OFF THE LOCK』が名盤だったからなぁ


スポンサーリンク

B'z/3rdアルバム『BREAK THROUGH』の特色

B'z作品としては初のトップ3を獲得した3rdアルバム。

出世作でもある1stミニアルバム『BAD COMMUNICATION』はトップ10に一度も入ることなくジワジワと売れ続けた作品なので、一気にドカンと売れたのは本作が初だ。

>>>これがB'zの出世作だ!1stミニアルバム『BAD COMMUNICATION』【アルバムレビュー】

ちなみに、個人的には本作が"初期最後のアルバム"だと思っている。

次作から売上が一気に増えるというの一つの理由だが、シングルと同時発売が本作で最後だからというのが一番の理由だ。

シングル・アルバム同時発売

・1stアルバム『B'z』&1stシングル「だからその手を離して」

B'z『B'z』

1988年9月21日発売。

・2ndアルバム『OFF THE LOCK』&2ndシングル「君の中で踊りたい」

B'z『OFF THE LOCK』

1989年5月21日発売。

・3rdアルバム『BREAK THROUGH』&3rdシングル「LADY-GO-ROUND」

B'z『BREAK THROUGH』

1990年2月21日発売。

同時発売だったこともあり初期三作はシングルとアルバムのジャケットは同じだった。

初期最後のアルバムだけれど、あまり評判はよろしくない(^_^;)。

というか、B'z全アルバムの中でもかなり影が薄い。

これには2つの理由があると私は思っている。

3rdアルバム『BREAK THROUGH』の影が薄い理由① :前作のクオリティーが高かったから

2ndアルバム『OFF THE LOCK』は1000時間をも製作に費やした意欲作。

>>>初期を代表する名盤!2ndアルバム『OFF THE LOCK』【アルバムレビュー】

出世作『BAD COMMUNICATION』がまだ発売される前だったので、売上げ的には惨敗だった。

しかしながら1曲1曲のクオリティーが高く、今では"初期最高傑作"とまで言われているアルバムなのだ。

つまり「初期作品を聴きたいのなら『OFF THE LOCK』を聴こう」となってしまうので、3rdアルバムは無視されがちなのである。

3rdアルバム『BREAK THROUGH』の影が薄い理由② :挑戦的な曲が多いから

3rdアルバムはヒップホップを意識した曲や、英語を一切使わない曲など、挑戦的な曲が多く収録されている。

これはタイトルナンバーでもある収録曲「BREAK THROUGH」の"守りに入るのは早すぎる"という歌詞が的確。

つまり『BAD COMMUNICATION』のロングヒットの中でメンバーは「もっと高みへ!」という意識が高く、守りよりも攻めのアルバムにしたのだ。

こういう貪欲な姿勢は素晴らしいと思う。

ただ、攻めのアルバムであるがゆえに、あまり耳に残らない曲(マイナー曲)が多くなってしまった。

2ndアルバムが"これぞ初期B'zの完成型"であり、3rdアルバムが"(当時としては)新しいB'z"を体現したものだったのだ。

ひとこと

名盤とは言いがたいけど、チャレンジ精神溢れる作風は評価したい

3rdアルバム『BREAK THROUGH』の全収録曲レビュー一覧

クリックすると各曲のレビュー記事へととびます。

1.LADY-GO-ROUND(3rdシングル)

2.B.U.M

3.BREAK THROUGH

4.BOYS IN TOWN

5.GUITARは泣いている

6.LOVE & CHAIN

7.となりでねむらせて

8.HEY BROTHER

9.今では…今なら…今も…

10.SAVE ME!?

11.STARDUST TRAIN

スポンサーリンク

まとめ

初期B'zを聴きたいのなら絶対に前作『OFF THE LOCK』を聴いた方がいい。

>>>初期を代表する名盤!2ndアルバム『OFF THE LOCK』【アルバムレビュー】

本作は挑戦的な曲が多いので本当に取っつきにくい。

まあもちろん名曲もあって、タイトルナンバーの「BREAK THROUGH」や「BOYS IN TOWN」は今でこそ聴いてほしい名曲だと思う。

ある程度B'zが好きで「こういうこともやってたんだ~!」と思える人なら、ぜひ本作を手にとってみてほしい。

ひとこと

初期作品を聴きたい人が最初に本作を聴くと「これが初期かぁ・・・(-_-)」となってしまうと思うので、まずは2ndアルバムを聴くのが良いと思う。




-B'z, 音楽レビュー, 3rdアルバム『BREAK THROUGH』
-

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.