【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 3rdアルバム『Peace Of Mind』

【稲葉 浩志ソロ】誰に向けた歌なのか?「おかえり」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年2月4日 更新日:

「おかえり」のイメージ

収録アルバム『Peace Of Mind』のオープニングナンバー。1stアルバム『マグマ』の不穏な雰囲気の「冷血」、2ndアルバム『志庵』の激しいロック調の「O.NO.RE」とはまた違った優しい曲調のオープニングナンバーだ。

>>>1曲目にしては◯◯な「冷血」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

>>>いかした人間になるには?「O.NO.RE」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

この記事の概要

  • 「おかえり」のみんなの評価は?
  • 「おかえり」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ3rdアルバム『Peace Of Mind』の1曲目「おかえり」

そもそも「おかえり」って?

稲葉浩志がソロ名義で発売した三作目のアルバム『Peace Of Mind』に収録されている。

イントロなしでサビから始まる、アコギがフィーチャーされている。

アコギの音色が心地よく、曲の長さも約2分40秒ととても短い。

そのためすっと心に染みわたる。。。

ひとこと

アルバムのつかみとしては良いと思う。。。

「おかえり」のみんなの評価は?

山田さん
タイトルとは似つかわしくない始まりの曲。 イメージは晴れ空の下、仲のいい友達と街中散歩してる感じ。
イントロなしで突然はじまります。 なかなかメロディアス。
木村さん
佐藤さん
フォークでメロディアスな。爽やかに。 稲葉さん以外のコーラス。
曲自体はぜんぜんたいしたことないと思うけど アルバムの中ではかなり重要な曲。
田原さん
滝さん
稲葉さんが玄関先で出迎えてくれてる感じ

ひとこと

始まりの曲


スポンサーリンク

ここからは管理人の「おかえり」独自解釈!

【おかえり/歌詞解釈①】ファンのみなさんに、おかえり

おみやげのイラスト

内容はタイトルのとおり、主人公が誰かにおかえりの歌をうたっている様子が描かれている。

たまにしか発売されないソロ作品、アルバムの1曲目であるということを考慮すると、聴き手(ファン)の人々に「おかえり」と言っていると考えることができる。

冒頭の歌詞を引用したので見てほしい。

笑っておかえりなさい オミヤゲは今度でいいから

この歌詞での"オミヤゲ"とは収録アルバム『Peace Of Mind』発売の背景を知ることでわかる。

簡単にまとめると、稲葉のソロとしてのライブは行われていなかった。

しかし本作の発売により、初のライブが開催されたのだ(その模様は『LIVE 2004 〜en〜』で見ることができる)。

つまり、この歌詞の"オミヤゲ"とはファンの声援である。

声援はライブのときでいいから、このCDでソロ作品を堪能してほしいという意味だ(^^)/。

ひとこと

オミヤゲ=声援

【おかえり/歌詞解釈②】危険な世の中だ。。。

パンデミック・世界的な感染症のイラスト

さて1番の歌詞では世界情勢の危うさについて歌われている。

次の2つの引用した歌詞を見てほしい。

何が起きるか?見当もつかないよほらひびいてる警告のベル

この星の現状 どこだって戦場

何が起きるかわからない世の中。

あらゆる場所で事件・事故が起こっており、それはまるで戦場のよう。

前作『志庵』の終盤にも世界情勢を歌った社会派ソングが収録されていたため、その延長線上に位置している曲なのかもしれない。

>>>玄人向けの2ndアルバム『志庵』【アルバムレビュー】

ちなみに、1番のサビでは"オマモリ"という単語が登場する。

冒頭の歌詞に登場した"オミヤゲ"と同じカタカナであるし、字面も似ている。

つまり、"オマモリ"とはこれまでにファンからもらった声援をあらわしているのだ。

ひとこと

オマモリ=これまでの声援

【おかえり/歌詞解釈③】サポートメンバー、スタッフに対する愛

照明スタッフのイラスト(テレビ)

2番の歌詞(細かく言えばAメロBメロ)では稲葉の周りでサポートしてくれている人に向けて歌っている。

次の2つの引用した歌詞を見てほしい。

誇りをもち動く人たちよ口あけるのは命がけのドア

その愛情がちゃんと伝わりますようにとびこんでくる人はなれて見てる人

まず1つ目の歌詞では誇りをもって動いてくれるサポートメンバー、およびスタッフの人々をたたえている。

"口あけるのは命がけのドア"とは、彼ら(サポートメンバー、スタッフ)の発言や意見は命がけ、つまり、誠心誠意のものであるということだ。

お口をドアと例えているのがユニーク(笑)。

そして、そんな彼らの愛情がコアなファンの人々やライトなファンの人々にもしっかり伝わってほしいと稲葉は願っているのだ。

ひとこと

お口=ドア


スポンサーリンク

まとめ

ファンの人々へ向けた、稲葉の愛が伝わる1曲だ。

また、アコギ主体なので心にすっと染み渡るはず。

ひとこと

アコギはやっぱり良い




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 3rdアルバム『Peace Of Mind』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.