【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

B'z 音楽レビュー 5thミニアルバム『FRIENDS II』

【B'z】”静かな雪降る夜”に連れて行ってくれる1曲「SNOW」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:

B'z「SNOW」

『FRIENDS II』のオープニングナンバー。「いつかのメリークリスマス」とはまた違った冬バラード。マイナーだけれど、冬の寒さや寂しさを愉しむことが出来る。しんとした静かな雪降る夜に連れて行ってくれるだろう。

この記事の概要

  • 「SNOW」のみんなの評価は?
  • 「SNOW」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

B'z/5thミニアルバム収録曲「SNOW」

そもそも「SNOW」って?

B'zが1996年11月25日に発売した5thミニアルバム『FRIENDS II』の収録曲。

1曲目「Friends II」はインストゥルメンタルなので、実質的なオープニングナンバー。

タイトルもそうだけれど、なんか聴いてるとヒンヤリする笑。

全体的に、稲葉はファルセット(高くて弱々しい声)で歌っているので、それがこの曲の"ヒンヤリ感"を作りあげているのかもしれない。

前作『FRIENDS』のオープニングナンバー「いつかのメリークリスマス」よりは流石に知名度はないし、キャッチーでもない。

>>>聴き手に謎を残す有名クリスマスソング!?「いつかのメリークリスマス」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ただ、『FRIENDS II』のアダルティな雰囲気にとてもマッチしているので、良質なオープニングナンバーだと思う。

バラードベストアルバムにも収録!

2002年に発売されたバラードベストアルバム『The Ballads 〜Love & B'z〜』にも「SNOW」は収録されている。このアルバムでは、ラストに収録されており、曲終了後にシークレットトラックとして「いつかのメリークリスマス」のアレンジバージョンが流れる。

ひとこと

圧倒的に"冬"を感じる

「SNOW」のみんなの評価は?

佐藤さん
表の冬の名曲が「いつかのメリークリスマス」なら 裏の名曲はまさしくこれ。 全編物静かでダークな雰囲気が滲み出ています。 救いようのない歌詞も好み。
ファルセット全開で稲葉がしっとり歌うスローバラード。あまりにB'zのイメージに合わなくてかえって受け付けなかった。
阿部さん
山田さん
冬らしいしっとりとしたバラード。キャッチーではないけれど、"冬らしさ"を堪能できるのでけっこう好き。
歌詞もメロもダークでありながら、同時に美しさを感じさせるバラードナンバー。 真冬の夜に街灯の下で一人黄昏るかのような、寒々しく物悲しい雰囲気を見事に作り出している。
木村さん
田原さん
ギターソロ後の 「踊れ・・・雪よ・・・やまないで今は・・・」からの 歌い方曲の感じ、雰囲気が特に好き。

ひとこと

雪降る夜を一人で歩きながら聴きたい


スポンサーリンク

ここからは管理人の「SNOW」独自解釈!

【SNOW/歌詞解釈①】浮気をしたことは後悔していない!?

絶望のイラスト(男性)

「SNOW」はフラれてしまった主人公の後悔を描いた悲壮感溢れる内容になっている。

そもそも何故主人公は恋人にフラれてしまったのか。

サビの歌詞を引用したので見てほしい。

あのとき どうして嘘をつかなかったのだろう 偽りばかりで暮らしてたはずなのに

なんかリアル過ぎる歌詞だ(^_^;)。

きっと主人公は浮気をしていたのだろう。

"偽りばかりで暮らしてた"とあるように、浮気が常習となっていた。

そして、ついに恋人に浮気がバレて問い詰められる。

しかし、主人公は何故か嘘をつけず、本当のことを喋ってしまったのだ。

 

なんか「浮気したことを後悔」ではなく、「"浮気はしてない"という嘘をつけなかったことに後悔」っていうのが生々しい。

綺麗事のない、リアルな心理描写だ。

結局、主人公は浮気に関しては反省していない。

いや、そもそも浮気したことへの罪悪感がないのかもしれない。

ひとこと

浮気したことを後悔しろよ!笑

【SNOW/歌詞解釈②】雪の降り積もる静かな夜

「積雪で電車が止まり傘を差して家路に向かう積雪で電車が止まり傘を差して家路に向かう」のフリー写真素材を拡大

この曲は冬らしい情景描写がいくつかあり、そのどれもが非常に優れている。

まずは次の引用した歌詞を見てほしい。

雪に言葉はない 手紙も届けられない 誰もノックしない すべては息をひそめる

"雪の降り積もる静かな夜"を連想させる歌詞だ。

それと同時に"手紙が届けられない"といった、恋人への未練も描いているのが良い。

言葉のない雪がただただ降り積もり、シンと張り詰めた孤独な夜が主人公を襲う。

 

また、最後の歌詞を引用したので見てほしい。

踊れ 雪よやまないで今は ため息を優しく吸い込んで つもれ この世の悲しみを全部深く 深く埋めてしまえ

もはや主人公は暖かい部屋にいることはなく、雪降る外にいるような気がする。

主人公の側にいるのは、恋人ではなく、雪。

辺り一面を覆う雪に、主人公は「自分自身の悲しみさえも埋めて欲しい」と願うのだった。

ひとこと

冬の寒さと寂しさが同時に押し寄せる曲


スポンサーリンク

まとめ

たとえ夏にこの曲を聴いたとしても、冬を感じることができる。

冬のシーンとした静寂さ、寒さ、、、、、この曲の圧倒的"冬感"は聴き手を「雪の降り積もる静かな夜」に連れて行ってくれる。

失恋ソングではあるけれど、失恋ソングというよりは冬らしさを愉しむ"冬ソング"だと私は思っている。

ひとこと

いつかのメリークリスマス」とはまた違った趣の冬ソング




-B'z, 音楽レビュー, 5thミニアルバム『FRIENDS II』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.