【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 2ndアルバム『志庵』

【稲葉 浩志ソロ】ストーカーを描いた曲!?「Here I am!!」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月27日 更新日:

「Here I am!!」のイメージ

ロックな曲調の1曲。タイトルの「Here I am!!」とは日本語で私はここにいるよ!!という意味。この曲の主人公はかなりクレイジー(笑)。そのクレイジーさは、恐いと同時に、どこか面白さを感じる。

この記事の概要

  • 「Here I am!!」のみんなの評価は?
  • 「Here I am!!」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ2ndアルバム『志庵』の9曲目「Here I am!!」

そもそも「Here I am!!」って?

稲葉浩志がソロ名義で発売した二作目のアルバム『志庵』に収録されている。

アップテンポなのでノリノリになることができる。

個人的には、曲調よりもクレイジーな主人公を垣間見れる歌詞の内容が好き(笑)

ひとこと

Crazy!

「Here I am!!」のみんなの評価は?

田原さん
ライブ感あふれるハードロックだが、サビはポップ 逆らえません 抗えません まさに稲葉節!!晴れた日のドライブにぴったり
稲ソロの中ではかなりHRなナンバー。 サビのリズミカルなドライブ感がカッコいい!
鈴木さん
木村さん
印象に残りづらい、いいとは思うのだが……正直中盤は中弛みの印象が
Aメロのギターリフがいい。サビもよろし。
山田さん
滝さん
リフがカッコいいロック。サビも爽快。

ひとこと

ギターサウンドが高評価。。。


スポンサーリンク

ここからは管理人の「Here I am!!」独自解釈!

【Here I am!!/歌詞解釈①】美女は腹黒い!?

ぶりっ子のイラスト

内容はとある魅力的な女性に恋をした主人公の物語。

タイトルの「Here I am!!」はまさにその女性に言っているのだ。

1番の歌詞では主人公が恋をした女性の特徴が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

百戦錬磨の口説くSkill やたらいい臭いしすぎるし賛否両論生まれながらに人気者指向のあなたよ

"やたらいい臭いしすぎるし"という言い回しがすごく稲葉らしい。

この女性はかなり美人で人気者であることが推測できる。

男を口説くのは百戦錬磨であり、いい臭いがしすぎる、まさに肉食系女子。

1度でいいから会ってみたい(笑)。

ここの歌詞の"賛否両論"が少し引っかかった。

私の解釈としては美人というのは腹黒いというイメージがもたれやすい。

主人公の仲間内では「かわいいけど、裏がありそうだよね」という否の意見があったのだろう。

だから"賛否両論"なのだと思う。

ちなみに主人公は絶対に賛の意見だろう。

じゃなきゃこの曲つくらないはず(笑)。

ひとこと

やっぱ美女は腹黒いのか。。。

【Here I am!!/歌詞解釈②】完璧な人にだって弱みはある!?

「買い物帰りの妻を見つけ秒速で身を隠すリストラ男買い物帰りの妻を見つけ秒速で身を隠すリストラ男」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

はたして主人公は美人で人気者、さらには肉食系の女性を振り向かせることができるのだろうか。

サビ、および2番ではなぜか主人公がその女性の弱みを妄想しだす。

次の2つの引用した歌詞を見てほしい。

いつも誰かにかまわれていないと落ち着かないあなたよ

その部屋のライト消さないのは何かが無くなるのがこわいから

この女性は美人で人気者、つまり、主人公にとって完璧人間だ。

そんな完璧人間には弱みがあると思いたくなるのが人間の心理である。

まあ探しているというより、弱みはあるのだと主人公は断定してしまっている(^_^;)

1つ目の歌詞なんかもう嫉妬に近い。

美人の周りにはいつも誰かがいる。

そんな状況をその女性が落ち着かなくなってしまうから、仕方なくつくられた状況なのだと嫉妬しているのだ。

また、2つ目の歌詞は「こわいのはお前だよ」と主人公に言いたくなってしまうレベル(笑)。

主人公は女性の部屋を観察しているのだ。

しかし寝る時間(つまり、深夜帯)になっても電気が消えない。

これはつまり、こわいからではなく誰かと一緒にいるからである。

にもかかわらず主人公はその状況をその女性が"何かが無くなるのがこわいから"というよくわからない理由を妄想しているのだ(笑)。

ひとこと

もはやストーカーに近いような。。。


スポンサーリンク

まとめ

主人公のクレイジーさが垣間見れる1曲。

この曲を聴いて主人公のようになってはいけないゾ!

ひとこと

稲葉ならストーカーされてもいい、という方はぜひ聴いてみてほしい笑




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 2ndアルバム『志庵』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.