【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

稲葉浩志 音楽レビュー 2ndアルバム『志庵』

【稲葉 浩志ソロ】金持ちに対する皮肉!?「TRASH」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年1月26日 更新日:

「TRASH」のイメージ

ロックな曲調の1曲。タイトルの「TRASH」とは日本語でいらないものや駄作といったネガティブな意味がある。そのため、歌詞がすごく自虐的である(^_^;)。マイナーな曲ではあるが、主人公の狂った感じが面白のでくせになる1曲だ。

この記事の概要

  • 「TRASH」のみんなの評価は?
  • 「TRASH」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

稲葉浩志ソロ2ndアルバム『志庵』の4曲目「TRASH」

そもそも「TRASH」って?

稲葉浩志がソロ名義で発売した二作目のアルバム『志庵』に収録されている。

稲葉がギターを適当に弾きつつ完成したリフから作られたという。

ひとこと

適当に弾いたものから完成したって。。。すごい

「TRASH」のみんなの評価は?

山田さん
ハードなサウンドで虚勢を張ってはいるが、 詞に綴られる内容は「マグマ」に入ってても 何ら、違和感のない”THE 稲葉ワールド”。
サビがすごい好きなんですけどね。でも、アルバムの中だと他の曲に比べたら目立ってないです。
阿部さん
田原さん
個人的には好きだけど好き嫌い別れます。稲葉のルーツが分かる?
『味もわかんないで~』ってところが好き。それ以外は普通
木村さん
滝さん
ギターリフを全面に出したB'zにあったとしても珍しいハード具合。 このクセがあって展開の読めないアルバムの特徴がよく出てる。

ひとこと

地味っちゃ地味かな。。。


スポンサーリンク

ここからは管理人の「TRASH」独自解釈!

【TRASH/歌詞解釈①】暴れまくる主人公!?

やけくそのイラスト

内容は彼女にフラれた主人公が自暴自棄になっていくというもの。

ロックな曲調とあいまって、自暴自棄な様子が鮮明に目に浮かんでしまう。

この曲を聴いたらおそらく「主人公、大丈夫か!?」と思ってしまうだろう(笑)。

まずは1番の引用した2つの歌詞を見てほしい。

教えてよいつまで無礼者のハイな宴やってりゃいいの ぜんぜんイヤじゃないけど

やりたい放題 喉はガラガラ

恋人にフラれたという傷心を慰めるために主人公は宴をやっていることがわかる。

しかし、そんな宴はただただ自分を傷つけるだけ。

結局、喉を痛めつけるだけで、主人公の状況は何も変わらない。

ちなみに、1番ではサビは歌われない。

その代わりに、"僕は阿呆"と叫んで1番が終わる。

最高の終わり方だ(笑)。

ひとこと

阿呆!!

【TRASH/歌詞解釈②】お金持ちに対する皮肉!?

お金持ちのイラスト

さて、2番の歌詞では1番の歌詞よりもさらに、主人公の自暴自棄な様子が描かれている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

味もわかんないでワインを流し込んで踊れないのにステップやたらめたら踏んで

ワインがもったいない(笑)。

ただ、ここの歌詞はどこか金持ちに対しての皮肉が込められているような気がする。

なぜならば、ここの歌詞で描かれている人物像は自暴自棄な主人公だが、一般的なイメージのお金持ちの人物像と重なるのだ。

ワインをたしなみ、ダンスを踊る。

まさにお金持ちの生活である。

しかし"味もわかんない"や"踊れない"という言葉が歌詞に含まれている。

つまり「お前ら(お金持ち)はワインとかダンスとか踊って優雅に暮らしてるけど、どうせ味もわかんないし上手に踊ることもできないだろ!」という皮肉が込められているのだと私は思う。

自暴自棄になると他人にあたりたくなる。

主人公のその矛先がお金持ちという、いわば余裕のある人なのだ。

ひとこと

怒りの矛先は金持ちへ。。。

【TRASH/歌詞解釈③】厳しい現実を受け入れているからこそ・・・

「ジェンガ崩壊に泣き崩れる男性ジェンガ崩壊に泣き崩れる男性」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

サビで主人公の切実な思いが歌われる。

サビの歌詞がこちら。

ここにいてくれりゃいいのにそれでなんでもうまくいきそうででも僕らはもうどこにも戻れない

別れてしまったが、今でもうまくいきそうだと思っている主人公。

そうとう後悔しているのだろう。

たしかに別れたことに後悔していなければ自暴自棄にはなっていないはずである。

ただ"もうどこにも戻れない"とあることから主人公は厳しい現実を受け入れている。

よりを戻すことはできないと知っているからこそ悲しいし、暴れたくもなるのだ。

ひとこと

戻れないことは知っている。。。


スポンサーリンク

まとめ

激しいロックな曲調がまさにこの主人公の荒れた心をあらわしていると思う。

3分30秒という短い曲だが、とても濃い内容の1曲だ。

ひとこと

短いけど濃い。。。




-稲葉浩志, 音楽レビュー, 2ndアルバム『志庵』

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.