【フジファブリック】ドラマやCMで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

特集

【フジファブリック】CMやドラマで意外な使われ方をした名曲「若者のすべて」について解説

フジファブリックの楽曲の中でトップクラスの知名度を誇る「若者のすべて」。夏の終わりの切なさを描いた名曲として、多数のアーティストがカバーしている。また、あるCMやドラマで意外な使われ方をしている。本記事では、そんなフジファブリックの名曲「若者のすべて」について解説する。 スポンサーリンク フジファブリック「若者のすべて」とは? 出典:https://www.amazon.co.jp 2007年11月7日に発売された、フジファブリック通算10作目のシングル。 3rdアルバム『TEENAGER』の先行シングル ...

ReadMore

ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価

特集 Mr.Children

【2019年最新版】ミスチルライブDVDおすすめ5段階評価でまとめてみた

1992年のデビュー以来、常に音楽界の第一線で活躍しているモンスターバンド・Mr.Children。そんな彼らが、ステージの上で音楽を奏でる美しい姿を、ライブDVDで見ることが出来る。本記事では、2019年現在までに発売されたミスチルライブ映像作品・全19作を、5段階評価で解説する。ミスチルのライブDVDを購入しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 スポンサーリンク ミスチルライブDVD/おすすめ5段階評価 1997年発売『regress or progress '96-'97 tour fin ...

ReadMore

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

特集

【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10

惜しくも2016年に解散してしまった国民的グループ・SMAP。本記事は2006年のシングル「Dear WOMAN」でファンになった私が絶対に聴いてほしいおすすめシングルTOP10をランキング形式で紹介していく。本記事を見て、SMAPが残した数々の名曲たちに触れてみようと思ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【SMAP】絶対に聴いてほしいおすすめシングルランキングTOP10 【SMAP】おすすめランキングNO.10 BANG! BANG! バカンス! 出典:http://blog.livedoor ...

ReadMore

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

特集

【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10

2018年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に、23歳という若さで出場した女性シンガー・あいみょん。ドラマの主題歌やCMソングなどメディア露出が増え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得ている。そんなあいみょんの楽曲を、私の独断と偏見でランキング形式で紹介していく。本記事を見て、あいみょんに興味を持ってくれたらとても嬉しい。 スポンサーリンク 【あいみょん】絶対に聴いてほしいおすすめ曲ランキングTOP10 【あいみょん】おすすめランキングNO.10 生きていたんだよな 出典:https://www.ama ...

ReadMore

スポンサーリンク

音楽レビュー Mr.Children 17thアルバム『[(an imitation) blood orange]』 シングル

【ミスチル】最も地味なA面!?「pieces」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

投稿日:2018年6月20日 更新日:

ミスチル「祈り ~涙の軌道/End of the day/pieces」

出典:https://www.amazon.co.jp

トリプルA面の34thシングルの中では最も地味。もはやこれをA面と呼んでも良いのかと疑うレベル。せめてカップリングとして収録してたら評価は上がっていただろうに。。。

この記事の概要

  • 「pieces」のみんなの評価は?
  • 「pieces」とは一体どういう曲なのか?

スポンサーリンク

34thシングル「pieces」

ミスチル初のトリプルA面シングル

Mr.Childrenが2012年4月18日に発売した34thシングル。

2010年代に入ってからミスチルはシングルを配信限定でしかリリースしなかった。

そのため、本作は「HANABI」以来およそ4年ぶりのCDシングル

>>>10年以上も現役で活躍するヒット曲「HANABI」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ミスチル初のトリプルA面であったが、累計売上27万枚と3rdシングル「Replay」以来の30万枚割れ。

>>>"あの曲"の後日談を描いた1曲!?「Replay」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

そもそも「pieces」って?

「pieces」は東宝/アスミック・エース配給映画『僕等がいた』後編主題歌。

前編が同シングル1曲目の「祈り 〜涙の軌道」である。

>>>"あの曲"の二番煎じ。。。!?「祈り 〜涙の軌道」~歌詞の意味とは?【歌詞解釈】

ちなみに私の記憶としては前編はかなり宣伝されていたが、後編はまったくと言っていいほど広告されていなかった印象

一応、前編は25億、後編は17億とヒットを記録したが、いつの間にか後編が終わっていたからみんなよく後編に気付いたなぁと思った(笑)。

さて話をもどそう。

この曲は「祈り 〜涙の軌道」よりもビターで大人向けの1曲になっている。

正直、この曲A面にする必要あったの?

さほどキャッチーでもなく、耳に残る曲調でもないので、3曲の中では最も地味。

タイアップがついており、34thシングルを"トリプルA面"銘打つためにA面にしたのだろうけれど、さすがにこれはA面と呼べないレベル・・・。

ほんとに下手すればミスチル史上最も耳に残らないA面かもしれない。

ただ、1つだけ良いところがバンド感があるということ。

「祈り 〜涙の軌道」ほど小林武史が前面に出ていないのでそこだけは良いかな(^_^;)。

ひとこと

これがA面ってさすがにないなぁ。。。

「pieces」のみんなの評価は?

山田さん
どことなく「花の匂い」に雰囲気が似ている。 これを名曲と呼ぶ人がいるようだが、個人的にはそこまでとは思わない。 純粋なバンドサウンドでないのですが、映画主題歌ってことであきらめます。。
アルバムの最後に収録されそうな曲です。映画主題歌としては「祈り〜涙の軌道」よりはピンときませんね。
佐藤さん
鈴木さん
6分以上ある長い曲ですが、サビが長いこともあって聴いていても長さを感じさせません。ただ、シングルというよりは、アルバムの終盤に入っていたら更に感動していたような曲という印象です。
ミスチルのマニアックさが全面に出ていて、サビのジワジワ盛り上がってく感じは祈り〜涙の軌道とは真逆で面白い曲です。でも何回も聴く度にサビがスルメになっていきます。
北野さん
田原さん
piecesは最初あんまり印象に残らなかったんですけど、歌詞を見ながらじっくり聴くと、この曲の深さが良くわかりました(o^∀^o)

ひとこと

A面にしては地味すぎる


スポンサーリンク

ここからは管理人の「pieces」独自解釈!

【pieces/歌詞解釈①】恋人との生活が苦しい・・・

喧嘩のイラスト「カップル喧嘩・痴話喧嘩」

この曲はどこか悲観的な主人公のラブソング。

1番の歌詞では、理想に近づくことのできない二人の様子を描いている。

いつも笑って過ごしたいけれど、現実はそうもいかず、口について出るのは「もうこんなはずじゃなかったな・・・」というネガティブ発言。

恋人と過ごす日々が、いつの間にか苦しくなってきたのだろう。

また、歌詞には"夢"という単語が多く登場する。

あくまでこの曲はラブソングだけれど、夢への挫折という内容も含まれているのだ。

ひとこと

ビターだ。。。

【pieces/歌詞解釈②】「pieces」の意味は?

ジグソーパズルのイラスト

2番ではタイトルの「pieces」に関する歌詞がついに登場する。

「pieces」というのは"パズルのピース"のこと。

サビの歌詞を引用した歌詞を見てほしい。

失くしたピースは見つからないけど それでもパズルを続けよう

この曲でいう"パズル"というのは"恋人と共に作っていく思い出のようなもの"だろう。

つまり、"パズルを続ける"というのは恋人とこれからも一緒に過ごしていくということだ。

失われたピース(記憶)はきっとたくさんある。

それはしょうがないこと。

ただただ未来に向けてパズルを続けていくと主人公は覚悟を決めているのだ。

そして、ラストの大サビでは少し明るい考え方になっている。

次の引用した歌詞を見てほしい。

失くしたピースで空いてるスペースは何かの模様にも思える まるで僕等が残した足跡みたいだな

"失くしたピース"によって空いてしまったスペース。

一見ネガティブにとらえられるけれど、主人公はそのスペースを"僕等が残した足跡"だと感じている。

つまり、どんなに恋人と過ごした記憶が失っていたとしても、それはそれで良いのだ。

忘れていっても、共に生きた証は残る。

ひとこと

悲観的のようでポジティブ


スポンサーリンク

まとめ

バンド感はあるのでまあ良いけれど、どうしてもA面とは流石に思えない。

タイアップはついているからA面にしたのだろうけど、"トリプルA面"と銘打つためだと思うとなぁ。。。

たしかに"トリプルA面"にすれば多少売れるはず。

ひとこと

A面にしては正直ダメダメだと思う

「pieces」の評価

5点満点中2

地味A面



-音楽レビュー, Mr.Children, 17thアルバム『[(an imitation) blood orange]』, シングル

Copyright© レビュアブル , 2019 All Rights Reserved.